« オーラが見えるんですか? | Main | 10月の予定 »

September 24, 2017

秋の研修講師

 8月末から9月は夏の暑さの疲れか不順な天候のためか、今一つパッとしない気分でしたが、なぜか今月は研修の講師が多かったです。備忘録としてメモします。
 
 8月30日(木)は山梨県の南部の身延町で「峡南地域教育フォーラム」で約90人の教育関係者を前に講演。会場には山梨日日新聞の記者も来ていて、翌31日には小さな記事ですが私の写真入りで、講演会の様子が出ていました。顔出しNGにしておけばよかった(笑)。
 
 9月3日(土)は、横浜の日本支援助言士協会「家族心理学」の講義。毎回呼んでいただいています。来月は7日に「発達心理学」をやります。
 
 9月9日(土)は山梨県看護協会に呼ばれ「自殺防止対策研修」で講義。 「心の危機に対応する勇気づけ」というテーマで、約40人の看護師、保健師さんに話をしました。
 
 9月14日(木)は夜でしたが、甲府市西部にある池田地区の地域住民の方たちへの「健康づくり研修会」で講師。 「健やかな人生を送るために~元気な心で元気な毎日を~」という、なんかタレントさんか作家の講演会みたいなタイトルをいただき、柄にもないと恐縮でしたが、こういう時にアドラー心理学を知っていると強いですね。私に元気がなくても、人々を元気づける話ができます。
 私への依頼はいつもは何らかの専門職からが多く、一般住民を相手に話すのは久しぶりなので内心緊張気味でしたが、講演後のアンケートは好評だったそうでよかったです。
 
 9月21日(木)は、山梨県北部の保健所管内の看護師、保健師さんの集まり、「施設看護管理者代表者会議」で「他者と良い関係を築き、仕事を進めるヒント」というテーマをいただき、職場での勇気づけについて話をしたり、講演後の全体討議でコメンテーターを務めました。
 
 9月24日(日)は、山梨県臨床検査技師会に呼ばれ「検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会」で「患者心理と接遇」の講義をしました。臨床検査技師も最近は直接患者さんに対する機会が増えたので、基本的な面接法を学ぶ必要があるそうです。
 
 とまあ、いろいろな地域に出向いています。私としては心理臨床オフィス・ルーエの宣伝、営業になり、講演をきっかけにカウンセリングに来ていただくことも増えてきました。地方の福祉、医療系の団体にとっては東京の講師や学者を呼ぶほどの資金力がないので、地元にいる私は使いやすいようです。
 
 おかげさまで最近私は、地元密着心理系講師として、山梨県内なら少しは知られるようになってきたみたいです。
 
 

|

« オーラが見えるんですか? | Main | 10月の予定 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65831299

Listed below are links to weblogs that reference 秋の研修講師:

« オーラが見えるんですか? | Main | 10月の予定 »