« 臨床発達心理士の大会に参加 | Main | 打ち身と発達心理学 »

October 04, 2017

映画「関ケ原」を観た

 先日、映画「関ケ原」を観ました。
 
 最近まれな「本格過ぎる時代劇」で、なかなか良かったです。
 戦の様子が臨場感抜群で、「あんな感じだったんだろうな」と納得できるものでした。
 
 有名な戦だから知っている人も多いだろうけど、たくさんの人物が出るので、多少歴史に詳しくないと、出てくる人物が誰かわからないかもしれません。
 
 司馬遼太郎原作ということですが、司馬史観だけではなく、原田監督独自の解釈も入っています。ネタバレになるので、言いませんが、是非観てください。
 
 岡田准一演じる義にあつく愚直なまでに真っ直ぐな石田三成(きっと発達障害チック、ギフテッドな人だったのでしょう)、役所広司演じる老獪な徳川家康はもちろん素晴らしかったですが、個人的には島津維新入道(義弘)が麿赤児なのがうれしかった。大河「葵徳川三代」で迫力ある島津義弘を演じたのを観て、義弘公は彼しかいない、はまり役だと思っていたので、本作で再会できてうれしかったです。原田監督も同じ思いだったのでしょう。
 
 だから「島津の退き口」が描かれなかったのは残念でした。
 三成目線のドラマだから仕方ないけど。島津が敵中突破するのは、三成が撤退、逃亡した後でしょうから。
 
 ところで、誰もが知る関ヶ原の戦い、大事な時、結局は強い方について裏切った方が勝つ、というストーリーが延々と繰り返され、日本人の脳みそに刷り込まれてきたことの影響は大きいかもしれないなあ、と最近の私は政治などを観ると、思わずにはいられません。
 
 今更、どうしようもないことだけど。
 
 

|

« 臨床発達心理士の大会に参加 | Main | 打ち身と発達心理学 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「関ケ原」を観た:

« 臨床発達心理士の大会に参加 | Main | 打ち身と発達心理学 »