« 子どもの心に関する講演会 | Main | アドラー・リーグ構想 »

October 22, 2017

アドラー心理学の過去・現在・未来

 10月21日(土)は、東京・神楽坂のヒューマン・ギルドに行き、 「アドラー心理学の過去・現在・未来」というシンポジウムにシンポジストとして出ました。他に岩井俊憲先生、梶野真先生がご登壇です。
 
 台風接近の雨の中、定員ぎりぎりの29人が参加してくれたようです。久しぶりにお会いする方もいて懐かしかったですし、初めてお会いする方も多く、わざわざあいさつに来てくれる方もいて、新しくアドレリアンになってくれた方たちの息吹も感じました。
 
 さて、アドラー心理学の課題と未来像を描き出そうという、これまでにないテーマです。私も相当の覚悟を持って臨みましたよ(ちょっと大げさか)。
 
 シンポジウムといっても私たち3人が一方的にしゃべるのではなく、テーマごとにシンポジストが話した後に参加者同士のディスカッションをはさみながら進むという、双方向的で、わいわいがやがや的な雰囲気になってとても盛り上がりました。
 
 岩井先生が日本のアドラー心理学が、1983年頃からの野田俊作先生らとの立ち上げ、勃興期からどのように発展していったのか、時系列的に示されました。なんとその時の最初の講座に出席したという大先輩もいらっしゃって、時代の目撃者の話もうかがえました。
 
 そして、アドラー心理学史の「黒歴史」(とはっきり言ってしまおう)、1997~8年ごろの分裂騒動の経過が出ました。
 私はその時の目撃者ですから、自分が感じた思いや感じを率直に話しました。そしてなぜ、西方、アドラー・ギルドではなく、ヒューマン・ギルドを選んだかも正直に話しました。本来「暴露系」の私がここで少し本性を現しましたから、少々過激な言い方だったかもしれません。
 
 現在に至る過程は、私は自身の臨床歴とアドラー心理学の実践の仕方、私なりの努力、仲間の臨床家とここ10年近く積み重ねてきた心理系の学会での発表やシンポジウムの活動、日本臨床・教育アドラー心理学研究会の活動の報告をしました。
 
 梶野先生は、アメリカのアドラー心理学大学院留学の経過、体験談を話してくれました。
 
 さらに、私と梶野先生で参加した昨年の北米アドラー心理学会と今年7月の国際アドラー心理学会の様子も写真を映しながら報告しました。
 梶野先生は、この8月に仲間とウィーンにも行き、アドラーのお墓やゆかりの場所を訪ねた興味深い旅の様子も報告してくれました。お墓やアドラーが仕事をした診療所の写真などを見て、私もいつか行ってみようと決意しましたね。
 
 最後に、これからのアドラー心理学について、3人の思いを伝えました。
 そして、フロアのディスカッションとフィードバック。
 
 終了後はほとんどが懇親会に参加し、そこも盛り上がりました。私は紹興酒をかなり飲んで、真っ赤になってしまったようです。楽しかったね。これはお酒だけでない、アドラー心理学の歴史をみんなで共有した意識のためだったかもしれません。
 
 この時話した私の未来像は次回書きます。

|

« 子どもの心に関する講演会 | Main | アドラー・リーグ構想 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/65949560

Listed below are links to weblogs that reference アドラー心理学の過去・現在・未来:

« 子どもの心に関する講演会 | Main | アドラー・リーグ構想 »