« 「ブレードランナー 2049」を観た | Main | 攻防を資とする »

November 21, 2017

心理臨床学会に参加、講習会は不参加

 先週末18、19、20日とパシフィコ横浜に行き、日本心理臨床学会第36回大会に参加してました。
 
2017_3
 
 公認心理師に揺れる(?)学会、臨床心理士界隈の動向を感じるため、というか、まあちょっとした秋休みです。昨年は自主シンポジウムに出たけど、今年は何もなかったので、気楽なものです。
 
 18日は自主シンポジウムの日、私は「心理臨床と仏教」と「心理職はネット依存問題にどう関わるか」というのに入りました。
 
 前者はマインドフルネス瞑想で有名な井上ウィマラ先生(高野山大学)が出ていて、なかなかの人物でしたね。山梨のご出身と聞いています。
 実は井上先生がマインドフルネス界でメジャーになる前、タイだったかビルマだったか、修行から帰ってきた後に山梨の増穂という町で、瞑想会をやったことがあって、好奇心旺盛だった私は参加したことがありました。もう25年ほど前です。ずいぶんおとなしい静かな青年というイメージだったけど、ずっと貫禄が出て、何よりよくおしゃべりするようになった感じです。
 あの時私が参加したのは一回きりだったけど、こんなに有名になるなら瞑想の弟子になって仲良くなっておけばよかったかな。
 
 このシンポジウムを企画したのは黒木賢一先生(大阪経済大学)、トランスパーソナル心理学や「気の心理臨床」を研究している方で、2010年の学会で「武術と心理臨床シンポジウム」を企画され、私を呼んでくださった方です。7年ぶりの再会で、先生も私を覚えてくれていて、握手を交わしました。懐かしかったです。
 シンポジウムでは天台宗の僧侶で臨床心理士の人も出ていて、改めて仏教の勉強になりました。
 
 翌日は公認心理師のシンポジウムに出て、これまでの経過や現状、試験について情報の確認ができました。自分が受けられるルートも明確になりました。
 
 と思って学会から帰ってきたら、心理研修センターから現任者講習会のお返事が届いていました。開けると、なんと私が出した最後の候補の日程で参加可能ですって!
 第1希望以下、全部だめだったことになります。
 
 しかもこれ、他にないから無理無理に出した候補で、申請書提出後にやはり重要な仕事が入ってしまったので、受けられないことになりました。なんてこった。
 
 仕方ないので、これから厚労省に認可される他団体の講習会があればそれに参加するか、第1回はあきらめて、再来年の第2回の受験になりそうです。
 とにかく現任者講習会の発表が急すぎて、とても日程を合わせられず困っている人がたくさん出ていることでしょう。心理研修センターや関連機関は是非、受講機会を増やしてくれることを希望します。
 
 私の周囲の先生も、慌てず今回は見合わせる人も多いので、まあ、それもいいかという心境でいます。
 

|

« 「ブレードランナー 2049」を観た | Main | 攻防を資とする »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66070737

Listed below are links to weblogs that reference 心理臨床学会に参加、講習会は不参加:

« 「ブレードランナー 2049」を観た | Main | 攻防を資とする »