« 『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』 | Main | 『老子と太極拳』 »

November 12, 2017

近藤等則に会う

 少し前になりますが、10月の後半に甲府にジャズトランぺッターの近藤等則さんが来ました。
 
 30年来のファンである私は、ライブ会場の桜座に勇んでいきました。桜座は、戦前に甲府に存在した有名な芝居小屋を再現したレトロでしゃれた建物で、内外の有名アーティストが来ています。
 しかし当日ライブ時間ドンピシャに台風最接近中で外は大雨、お客さんは私が数えたところなんと15人ほどしかいませんでした。
 
 世界的なアーティストなのにもったいないなあと思いつつ、まさに目の前の至近距離でじっくりと、近藤さんならではのエレクトリック・トランペットの音色に聴き入りました。
 
 休憩時間も近藤さんは楽屋に行かずそのままドリンクコーナーで仲間と休んでいたので、なんと話しかけ放題です。早速私はその場で売っていたCDを買って寄って行き、サインと握手をしてもらいました。
 
 若い頃、東京のインクスティックなどでの満員のライブで遠くから見ていたことからすれば、信じられない状況で感激です。
 
 近藤さんは新体道という武道を稽古されて、鍛えた身体から都会的で激しく鋭いサウンドを出していましたが、今は地球のバイブレーションと共振するようなとても深い響きを出しています。若い頃の混沌とした音楽も好きでしたが、今のスタイルも気に入っています。
 
 お互い年を取ったなあと思いつつ、でも元気なお姿を拝見して、ぜいたくな時間を過ごさせていただきました。
Photo_2
 

|

« 『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』 | Main | 『老子と太極拳』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66034855

Listed below are links to weblogs that reference 近藤等則に会う:

« 『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』 | Main | 『老子と太極拳』 »