« スパイはアルコール依存症になる | Main | 井伊家に再就職 »

December 18, 2017

『家族の教科書』

 アドラー仲間の熊野英一さん(株式会社子育て支援)が今年10月に出した『アドラー子育て・親育て 家族の教科書 子どもの人格は、家族が作る』(アルテ)は、アドラー心理学の子育て本としては本格性と伝わりやすさを両立させた、とても良い本です。
 
 熊野さんがアドラー心理学の基礎理論、考え方を、幸福研究などの現代心理学の知見と重ねながら説くところは、すごくうまく整理されていて、スッキリと頭に入ってきます。「アドラー心理学なんて宗教みたい」と思っていた人には、良いのではないでしょうか。
 
 加えて、私も何人か存じ上げている12人の熊野さんのお仲間が、自らの子育て体験をコラムとして執筆しています。具体的なエピソードが章を追うごとに重ねられていき、説得力が増していくつくりになっています。
 
 理論とナラティブのバランスがいいです。
 
 いろいろな方にお勧めできますね。
 

|

« スパイはアルコール依存症になる | Main | 井伊家に再就職 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『家族の教科書』:

« スパイはアルコール依存症になる | Main | 井伊家に再就職 »