« 私の強み | Main | ジロリアンとアドレリアン »

January 29, 2018

『アドラーをじっくり読む』

 アドラー心理学の理解を進めるために、アドラー自身の著作をもっと読もう、と提唱し、その本を解説した本です。
 
 
 アドラーの本をほとんど翻訳してきた岸見先生ならではの内容です。
 
 本文は岸見先生が出したアルテ(私も何冊か出させていただいてます)の「アドラー・セレクション」「アドラー・アンソロジー」シリーズの訳者解説文が元になっています。
 
 普通の訳者解説は最後の2、3ページにちょっと感想文的なのがあるだけなのに、岸見先生のは、相当なボリュームと内容があります。
 実は私も、これまでものを書いたり、まとめる時に参考にさせていただいたほど充実していました。
 
 それらが一堂に集まったので、とてもありがたいです。
 
 アドラー心理学をしっかり学びたい方は参考書として便利ですし、襟を正さないと、と思わさせられるところもあり、勉強になりますよ。
 

|

« 私の強み | Main | ジロリアンとアドレリアン »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66336727

Listed below are links to weblogs that reference 『アドラーをじっくり読む』:

« 私の強み | Main | ジロリアンとアドレリアン »