« ジロリアンとアドレリアン | Main | 武術瞑想 »

February 05, 2018

最先端のエンジニアに研修

 2月1日(木)は甲府盆地西部にあるファスフォードテクノロジ株式会社で中堅職員の人たちにメンタルヘルスとコミュニケーションの研修をしました。
 
 ファスフォードテクノロジ株式会社は、スマートフォンの半導体の製造でシェアは世界トップクラス、フラッシュメモリーの部分は、2人に1人のスマートフォンに使われているそうです。私たちは日々大変お世話になっているのです、知らなかったけど。
 
 今回の研修は同社の産業医で、アドラー仲間でもある坂本玲子先生(山梨県立大学教授)の紹介で実現しました。
 技術者さんたちならではの真面目な雰囲気の中、少しずつ話を進めていき、自らと普段のコミュニケーションを振り返るワークをしていただきました。コミュニケーションは苦手だけど基本、穏やかな人たちが多いという感じなので、次第に打ち解けた雰囲気になっていき、楽しんでいただけたようです。
 
 最近私はこういう研修では、従来からの認知行動療法のストレスマネジメントとアドラー心理学の勇気づけのほかに、産業メンタルヘルス分野のキーワードなどを入れることが多くなっています。ワークエンゲイジメントとかワーカホリック、バーンアウト、職務満足感などの概念を紹介しています。
 特に今回のような高学歴で能力の高い人たちには、届きやすいようです。
 
 アドラー心理学に関心のあるようなおばちゃん集団 セレブな奥様方のグループには、話し合いのワークを多めに入れるといいでしょうね。
 
 だから基本、三部構成的にしています。
 
 私は研修講師は本業ではないし、すごく上手ではないですけど、なんか自分のスタイルはできつつあると感じています。

|

« ジロリアンとアドレリアン | Main | 武術瞑想 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最先端のエンジニアに研修:

« ジロリアンとアドレリアン | Main | 武術瞑想 »