« 『[心の言葉]使用禁止! アドラー心理学と行動分析学に学ぶ』 | Main | 『オープンダイアローグを実践する』 »

February 13, 2018

連休中の研修

 連休初日の2月10日(土)は研修を主催する立場。山梨県学校臨床心理士委員会主催で、スクールカウンセラーと教員向けの研修会を山梨英和大学で行いました。
 
 同大学の飯田敏晴先生を講師にお願いし、「学校臨床における『性の多様性』を踏まえた心理的支援  LGBT、、、そしてSOGIへ」と題して、昨今の臨床界の話題の一つ、性的マイノリティをテーマに取り上げました。
 電通ダイバーシティの調査では、人口の7.6%がLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)だそうなので、思春期以降の学校臨床では当然踏まえておくべきことですが、なかなか学びにくく、学ぶ機会の少ないテーマだと思います。
 
 マイノリティ体験をする面白いトランプゲームから始まって、セクシュアリティについて、日本における性的マイノリティを巡る教育制度や偏見の歴史から、臨床的な配慮について、様々な角度から学びました。
 最近はセクシャルオリエンテーション(SO)とジェンダーアイデンティティ(性的同一性:GI)を合わせてSOGI(ソギ、ソジ、エスオージーアイ)と呼ぶそうです。
 私もわかっているようで、わからない、実感の伴わないことが多いので良い機会になりました。
 
 ところで研修会後の懇親会で、講師の飯田先生はアドラー仲間のM先生やA先生とお知り合いであることが発覚。しかも10年近く前に先生がA先生のアドラー心理学の勉強会に参加したときに、同じくそこにいた私を見たことがあるとおっしゃってました。驚くとともに、世間の狭さを感じましたね。
 
 12日(月)は日本屈指のブドウとワインの里、甲州市勝沼にある社会福祉法人ぶどうの里で、職員の方々に研修をしました。授産施設や放課後等デイサービスなど多くの施設を抱える、県内でも老舗の福祉団体です。
 
 私からは、「行動の理解と勇気づけ」と題して、目的論に基づくアセスメントと勇気づけについてお話しさせていただきました。
 対人援助職の人は、広い意味で同業者なので話が通じやすく楽しく進めることができました。
 
 同法人の研修会は来週あと一回あります。
 
 寒風吹きすさぶ甲府盆地を巡り歩いています。

|

« 『[心の言葉]使用禁止! アドラー心理学と行動分析学に学ぶ』 | Main | 『オープンダイアローグを実践する』 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 連休中の研修:

« 『[心の言葉]使用禁止! アドラー心理学と行動分析学に学ぶ』 | Main | 『オープンダイアローグを実践する』 »