« 最先端のエンジニアに研修 | Main | 『[心の言葉]使用禁止! アドラー心理学と行動分析学に学ぶ』 »

February 07, 2018

武術瞑想

 心理学者で空手家の湯川進太郎先生(筑波大学准教授)が、マインドフルネス瞑想としての武術をわかりやすくイラスト入りで解説してくれている本です。
 
 
 湯川先生は空手道糸東流6段だそうで、大学は私の後輩にあたるようです。お会いしたことはありませんが、大学では落ちこぼれだった私と違って、学術的にもすごく優秀な経歴の方です。
 先生は、武道の本義を心理学的に説明するには、マインドフルネス瞑想と重ねることが最も良いと確信しているようです。
 
(引用始め)
 
 武術稽古という営みは、武という基準に照らして動作が有効かどうか、という観点で技を磨きます。それ自体は武の稽古です。ただ、その営みそのものは、要は自身の呼吸と身体を絶妙にリンクさせ、それを内側から観察するという行為です。つまり、今ここにある呼吸と身体と意識を一つにつないでいく営みです。これはまさにマインドフルネス瞑想以外の何ものでもありません。  p33
 
 マインドフルネスとフローの決定的な違いは、気づきを保っているかどうかです。 p41
 
 瞑想性をふまえた身体術の修行となってはじめて、武術は「武道」となりえます。 p44
 
(引用終わり)
 
 武術・武道と心理学といえば、以前紹介したユング派からの視点で語っている老松克博『武術家、身・心・霊を行ず』(遠見書房)と本書は対極にあります。この本もとても面白かったです。
 
 湯川先生は実証主義、老松先生は内面主義というか、ユング心理学ですからあえていうと神秘主義。
 
 心理学は約100年前に成立してからずっとこの二つを両極として発展してきたといえるでしょう。
 
 ちなみにアドラー心理学は、その二極のちょうど真ん中、中庸に位置しています。本当だよ。
 
 

|

« 最先端のエンジニアに研修 | Main | 『[心の言葉]使用禁止! アドラー心理学と行動分析学に学ぶ』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66368703

Listed below are links to weblogs that reference 武術瞑想:

« 最先端のエンジニアに研修 | Main | 『[心の言葉]使用禁止! アドラー心理学と行動分析学に学ぶ』 »