« アドラー心理学、宇宙から教室へ | Main | 『興奮しやすい子には愛着とトラウマの問題があるのかも』 »

March 09, 2018

『月刊 生徒指導』に掲載!

 先週末から珍しいことに研修、講演の講師が続いています。
 
 3月1日(木)は朝日カルチャーセンター湘南教室で「アドラー心理学入門」、2日(金)は山梨市役所で市の職員約60人に「メンタルヘルス入門」、そして昨日8日(木)は千葉県君津市の心理治療施設・望みの門木下記念学園で、職員の方たちに「子どもの行動の理解と対応」というテーマで研修をしました。同施設には昨年度も呼んでいただき、2回目です。以前から知人である君津児童相談所の所長さんの紹介によるものです。ありがたいことです。
 
 さらに来週の12日(月)は、山梨県北杜市で「自殺対策ゲートキーパー養成研修」をします。
 
 前記事の通り、4日に日本臨床・教育アドラー心理学研究会第8回大会もあったので、出かけてばかりで確定申告の準備ができずに困っています。
 
 さて、現在発売中の『月刊 生徒指導 2018年3月号』(学事出版)に寄稿しました。
 
「教師と生徒のメンタルヘルス支援」というタイトルです。同誌には、1年間「アドラー心理学で生徒指導」というリレー連載があり、私がそのトリを務めさせていただいたのです。
 スクールカウンセリングと開業臨床という場面で、アドラー心理学をどのように使っているかを簡潔に述べています。
 
 学校関係者の方々、是非、ご覧ください。
 

|

« アドラー心理学、宇宙から教室へ | Main | 『興奮しやすい子には愛着とトラウマの問題があるのかも』 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『月刊 生徒指導』に掲載!:

« アドラー心理学、宇宙から教室へ | Main | 『興奮しやすい子には愛着とトラウマの問題があるのかも』 »