« メタファーの使い方を学ぶ | Main | 『食に添う 人に添う』 »

April 24, 2018

『上手な登校刺激の与え方』

 ここのところの記事のように、アドラー心理学の海外講師招聘の大仕事が終わって、やや虚脱状態でした。平常に戻ってきていますが、暇になるわけではなく、これから公認心理師の現認者講習会が待っています。
 
 それ以上に、これから取り組むのはアドラー心理学に基づく不登校の支援者向けの本の企画。実は少しずつ進んできていましたが、ようやく本格的に取りかかれます。
 アドラー心理学の数ある本の中で、不登校を真正面から扱ったものはなかったと思うので、その意味では意義のあるものになると思います。
 
 そのために、アドラー心理学に限らず、不登校に関する心理臨床本をいろいろ当たっているところです。
 
 
 今でこそ違うと思いますが、昔は不登校児に対して「登校刺激を与えない」「受容する」一辺倒の主張が通っている時期がありました。現場では必ずしもそうではなかったのですが、カウンセリングの主流がロジャーズ・ベースの非支持的なものだったので、表に出た言説はそうなりがちだったのでしょう。
 
 しかし、登校する、しないにかかわらず、学校関係者は適切なタイミングと方法で子どもや家庭と学校をつなげる働きかけをするべきです。
 
 本書はその実践方法を学ぶ好著だと思いました。
 
 子どもの気持ちを理解するだけでは学校復帰は難しいのです。不登校の子どもへの援助には、まず不登校についての基本的な知識(不登校の一局面だけではなく全体的な状態像を把握しておくとともに、不登校状態から学校復帰までの道筋を理解すること)が必要です。
  p3
 
 具体的な事例が豊富で、学校教員向けですが、スクールカウンセラーにも大変役立つ内容だと思います。
 
 

|

« メタファーの使い方を学ぶ | Main | 『食に添う 人に添う』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66645484

Listed below are links to weblogs that reference 『上手な登校刺激の与え方』:

« メタファーの使い方を学ぶ | Main | 『食に添う 人に添う』 »