« アドレリアンがうつにならないために | Main | 『生き心地の良い町』 »

May 20, 2018

持ちネタ披露の週

 今週は、久しぶりに人前でお話しする機会をいくつかいただきました。
 
 5月16日(水)は甲府にある七沢研究所でマインドフルネス瞑想について説明しました。会員向けの動画配信での講義なので、一般の方はご覧になれません。カメラの前で話すのでいつもと勝手が違いますが、対談相手がいてくれたのでリラックスしてできました。
 昨今流行りのマインドフルネス瞑想とアメリカでの仏教受容の歴史、臨床マインドフルネスの内容、心理学的メカニズムなどについて説明しました。
 
 同研究所は古神道の保守本流、江戸時代が終わるまで宮中祭祀を司っていた白川神道の継承・発展を目指して様々な事業を展開しているところです。最近、日本発の瞑想法として古くからある瞑想法(鎮魂法)を現代人向けに新たに開発中で、その参考に、ということです。
 
 瞑想は私の普段表に出さない、隠れたネタの一つです。
 
 18日(金)は、笛吹市にあるデイサービス美和で、職員の方約40人に「メンタルヘルス入門」を講義。初めて伺いましたが、皆さんワークに乗ってくれ、楽しく進めることができました。介護現場に少しでもストレスマネジメントとアドラー心理学が広まるといいですね。
 
 19日(土)は横浜の日本支援助言士協会で、今期の受講生に「家族支援のノウハウ、ドウハウ」という講座を持たせていただきました。福祉、医療でよく使われているジェノグラム(家系図)の作り方、使い方を説明、実習しました。
 
 私のジェノグラムは通常のやり方に、アドラー心理学のライフスタイル診断の方法を統合したものです。クライエントの家族の状況と、それをどのように見ていたか、どのような態度決定をしたかを探ります。
 13人の参加者はほとんどが初めてのジェノグラム体験でしたが、とても盛り上がりました。ワークでも、自分の原価族のことが芋づる式に思い出され、いろいろな気づきがあったようです。
 
 今週は持ちネタを駆使して、いろいろやりました。

|

« アドレリアンがうつにならないために | Main | 『生き心地の良い町』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66739751

Listed below are links to weblogs that reference 持ちネタ披露の週:

« アドレリアンがうつにならないために | Main | 『生き心地の良い町』 »