« 『中1ギャップと不登校』 | Main | 「こんなアドレリアンがいてもいいのでは」 »

May 07, 2018

現任者講習会終わる

 心理職初めての国家資格、公認心理師の受験資格を得るための現任者講習会から先ほど戻ってきました。
 5月3~6日のGWをすべてをつぶして、名古屋での講習会に参加したのです。山梨からでは時間の関係で前泊、後泊したので6日間、名古屋にいたことになります。こんなに長くいたの初めてでした。
 
 各地の講習会に出た人が、「DVDばかり見させられた」とか、SNSでけっこうdisっていたのを目にしていたので、長時間拘束されるので憂鬱だと前記事で書きましたが、意外や意外、とても楽しく充実した時間になりました。
 
 こちらは全部講師の生講義で、なにより初っ端の「公認心理師の職責」の講師が、アドラー仲間で何度も一緒に本を出した八巻秀先生(駒澤大学教授)だったのでびっくり。もう完全にホーム気分です。
 
 八巻秀先生はさすが、いきなりグループワークをどんどん入れてきて、最初は堅かった参加者(約360人!)を一気に和ませ、親しい雰囲気を作り上げてしまいました。その感じが最終日まで続いた感じで、全体がとてもいい感じでした。4日も朝から晩まで一緒だったから、まるでひとつの共同体になったみたいでした。
 
 他にもブリーフサイコセラピーやオープンダイアローグを日本に先駆けて紹介した一人である、地元名古屋の白木孝二先生も福祉分野の講師をしていて、知り合いがまたいました。産業・労働分野などを担当したW先生など他の講師陣もとても個性的で面白い先生たちでした。
 さらには、数年前の山梨のスクールカウンセラー仲間で、今は名古屋市の常勤スクールカウンセラーになって活躍している掛井先生が参加していたので、夜は掛井先生と白木先生、W先生たちと飲んだり、一人の時は鍋焼きうどんやきしめんなど名古屋メシを食べ歩いたり、長丁場の講義で疲れた割にはよく楽しんでいました。特にW先生、認知行動療法がご専門の若手心理士ですが、個人的には今後大注目の面白い先生でした。
 
 ということで、なんか急にやる気になってきた公認心理師。国家試験は今年に受けようかな。
 
 来年以降に現任者講習会を受けたい人は、主催団体は国際心理支援協会がお勧めですよ。
 
 会場のプライムセントラルタワーです。

Photo

|

« 『中1ギャップと不登校』 | Main | 「こんなアドレリアンがいてもいいのでは」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66694594

Listed below are links to weblogs that reference 現任者講習会終わる:

« 『中1ギャップと不登校』 | Main | 「こんなアドレリアンがいてもいいのでは」 »