« ワインフェスで飲む | Main | ハロルド・モサック博士ご逝去 »

June 02, 2018

志村けんの先祖は武田家家臣

先日NHKの「ファミリーヒストリー」で志村けんさんが出ていました。

 

「東村山音頭」で知られたように、東村山市出身の志村さんですが、その先祖はなんと山梨にいたことがわかりました。それも戦国時代、山梨が甲斐と言われていた時代です。

 

 地元民には周知のことですが、確かに山梨には志村姓の人が多くいます。私のアドラー仲間の同僚にもいます。

 

 注目すべきは、志村さんの先祖は、武田家家臣の中でももっとも有名な人物、山県昌景の家臣の可能性が高いということでした。山県昌景といえば武勇に優れた猛将で、赤備えの軍団を率い、後の井伊や真田の赤備えのルーツになったことで知られています。

 

 その山県の家臣に「志村又左衛門」という人がいて、長篠の戦で昌景が討ち死にしたときに、敵からその首を取り返したという記録が残っています。番組では、有名な「長篠の合戦図屏風」で、志村又左衛門が首を抱えて前線から脱出している姿が描かれているのが映っていました。

 

 有名な武将ではなく、一介の家臣が名前付きで描かれているのは珍しいのではないかと思います。その当時でも敵味方に知られた功績だったということでしょうか。

 

 武田が滅びた後、志村姓の人たちは徳川家に仕えます。その忠誠をの証を立てた「壬午起請文」に、志村姓がいくつもあるそうです。

 

 その他にも北条家に下った志村さんたちもいて、彼らも後に武蔵野国に移り住んだそうなので、徳川ルート、北条ルートの志村さんたちがいたようです。

 

 いずれにしても志村けんさんの本家は、江戸時代その地域では名主だったそうで、名主になるには相応の実力がないとなれないので、やはりルーツは武田家関係だったのではないかという結論でした。

 

 解説は武田家研究、真田家研究などで知られた平山優先生でした。

 

 面白いですね。

 実際に志村一族以外にも徳川に下った武田遺臣の多くが、多摩地方に移り住んだと聞いているので、その可能性は高いのではないかと思いました。彼らは「八王子千人同心」と呼ばれていました。

 

 八王子千人同心ーWikipedia

 

 後に江戸末期、その地域で盛んになったのが剣術、天然理心流、新撰組の近藤勇や土方歳三らの剣で知られていますね。近藤家は八王子千人同心だったそうです。

 

 ちなみに先の「壬午起請文」には、我が深澤姓もいくつかあります。私の先祖は徳川に下っても江戸に行かず、甲斐にとどまったのかもしれませんが、武田信玄の指揮のもと、志村けんさんの先祖と共に戦ったかもしれないと思うと、なんだか楽しい気分になりました。

 

 志村けんの祖先・父・母のルーツがすごい!武田信玄との関係も

【ファミリーヒストリー】志村けんのルーツは「武田信玄の家臣説」が浮上

|

« ワインフェスで飲む | Main | ハロルド・モサック博士ご逝去 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66785587

Listed below are links to weblogs that reference 志村けんの先祖は武田家家臣:

« ワインフェスで飲む | Main | ハロルド・モサック博士ご逝去 »