« ハロルド・モサック博士ご逝去 | Main | 『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法』 »

June 06, 2018

『不登校の児童・思春期精神医学』

 先週5月31日(木)は富士吉田市に行き、富士吉田市教育研修所主催の「特別支援教育研修会」で講師をしてきました。小中学校の特別支援教育や気になる子への支援の先生方が参加者でした。

 臨床心理学における子どもの行動のアセスメントに関するさまざまな視点を整理して、アドラー心理学に基づく目的論的アセスメントについて説明させていただきました。

 さて、最近不登校関連の本を書き進めるにあたって、いろいろな本をあたっています。
 精神医学からみた不登校について、おそらく最も充実しているのが、

 齊藤万比古著『増補 不登校の児童・思春期精神医学』(金剛出版)

 不登校自体は精神病の疾患単位ではないものの、その背景にはさまざまなものがあり、精神医学的理解は必須です。本書は日本を代表する児童思春期精神医学者であり、増補とあるように10年ほど前に出たものが元になっています。評価が高いから、増補版になったのでしょう。

 内容は、不登校に見る攻撃性と脆弱性、心の発達、心身相関、入院治療、家庭内暴力、自殺行動など多岐にわたっています。

 私も改めて勉強になりました。

 臨床家、カウンセラーは是非参考にしてください。

|

« ハロルド・モサック博士ご逝去 | Main | 『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66801228

Listed below are links to weblogs that reference 『不登校の児童・思春期精神医学』:

« ハロルド・モサック博士ご逝去 | Main | 『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法』 »