« 看護師さんに研修、初夏の予定 | Main | 『なぜ母親は子どもにとって最高の治療家になれるのか?』 »

June 18, 2018

大谷選手と肩甲骨

 メジャーリーグでも大活躍の兆しを見せた大谷翔平選手が、残念なことに故障者リスト入りしてしまいました。

「ベースボールチャンネル」というサイトで、高岡英夫先生が大変興味深い分析をした記事が出ているのでリンクします。

 運動科学から見た、打者・大谷翔平のパフォーマンスの高さと故障の原因

 運動科学研究の第一人者であり、5月7日に『肩甲骨が立てば、パフォーマンスは上がる!』を上梓した高岡英夫氏は、今回の大谷選手の右肘の故障の主たる原因を「MLBでも類を見ないほどの柔らかさを誇っていた肩甲骨の可動性が5月中旬を過ぎるあたりから急激に低下してきたこと」と分析する。
 
 さらに高岡氏は「大谷選手のように肩甲骨を肋骨の上で大きく滑らかに動かすことができると、そのぶん肩関節と肘関節の負担は大きく減り、一方肩甲骨が腰の安定+キレを呼ぶので下半身のパワーが増し、上半身はただそのパワーに乗っていけばよいという関係になるので、二重の理由で肩関節と肘関節へのストレスが無くなる」と言い、「開幕から1カ月半、4月から5月半ばまでの肩甲骨の柔らかさと腰の安定+キレがキープできていれば、ピッチング、バッティングそれ自体で肘関節を故障することは決してなかった」と言い切る。
 
 そして「身体の硬縮を緩解し疲労を積極的に解消するための専門的な体操法・マッサージ・休養法・栄養管理法などを上手に導入することで、肩甲骨周囲を中心とした全身の筋肉群の疲労による硬縮を恒常的に取り去り、2度と再び右肘を故障することがない体制をつくることが必要不可欠」と語る。
 
 その高岡氏に大谷選手がMLB1年目の開幕スタートからなぜあれほどの素晴らしいパフォーマンスを発揮できているのか、運動科学を駆使した“大谷選手のパフォーマンス”の解析をしてもらった。

 詳細は物理的に詳しい説明がされている記事をお読みいただきたいですが、肩甲骨が肋骨からはがれていると思えるほどゆるんでいる状態が、高いパフォーマンスには必須ということです。 

 この状態を高岡先生は「立甲」と呼んでいます。

 武道をやっている人なら肩甲骨の重要性を自覚している人が多いと思いますが、実は太極拳や形意拳などの中国武術では、肩甲骨や肩関節のゆるみをかなり重要視しています。日々、厳しく、熱心に稽古するところです。「含胸抜背」という秘訣が関係するところでしょう。

 日本の武道では、合気をかけるときなどに重要になってくると思われます。

 ところが普通の人は、高岡先生が言っていることが理解できる人がどれくらいいるでしょうか。
「肩甲骨が立つって、どういうこっちゃ?」という感じかもしれません。

 ほとんどの人は、肩甲骨と肋骨が一体となって、癒着したような状態になっていて、下手をすると肩甲骨自体を意識できていない人もいると思います。うつ病とか精神疾患を持っているクライエントさんは、特にガチガチの状態ですね。

 ここをゆる体操などでゆるませてあげると、皆さんとても気持ち良くなってくれます。

 私もゆる体操や気功法などの肩甲骨をゆるませるワークをすると、とても気分が爽快になります。

 肩こり知らずになれますよ。

|

« 看護師さんに研修、初夏の予定 | Main | 『なぜ母親は子どもにとって最高の治療家になれるのか?』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66844666

Listed below are links to weblogs that reference 大谷選手と肩甲骨:

« 看護師さんに研修、初夏の予定 | Main | 『なぜ母親は子どもにとって最高の治療家になれるのか?』 »