« 会長になっちゃった | Main | 催眠療法を学ぶ »

July 13, 2018

『やさしい思春期臨床』

 先日、今企画中の不登校・ひきこもり支援本の共同執筆者の先生と飲む機会があって、「不登校の本はなかなか難しいよね」ということで共感し合いました。

 不登校は一つの病名ではなく、「学校に行かない」という以外は、その様子は千差万別であり、その子供だけでなく親や教師や友人など関係者が多いことが普通で、心理臨床だけの問題ではないこともあり(貧困や虐待、精神病など)、不登校になり始めと長期化したケースでは、考えるべきポイントは違ってきたりといろいろあります。

 しかも「何を持って解決とするか」という点で、カウンセラーを含めて関係する人たちの「教育哲学」が強く影響してきます。学校に行くべきか行くべきではないか、教育とはどうあるべきか、などが絡んで思想闘争のような事態にもなりえます。

 我々はみんな何らかの教育を過去に受けており、自分の子どもへの教育にはひとかたならぬ関心を持っているので、我が身と我が子のせいぜい一事例か数事例しか体験していないはずなのに、「教育はこうあるべきだ」とめちゃくちゃ一般化しているものです。

 ということで、なんか書きにくさを感じているところです。

 そんな中、思春期臨床の立場(主にスクールカウンセラー)から、子どもと家族にどのような姿勢と理論と技法で向かっていけばいいのかを教えてくれているのが、

 黒澤幸子著『やさしい思春期臨床 子と親を生かすレッスン』(金剛出版)です。

 読んで「さすが」としか言えませんでした。

 問題を巡って家庭内で起きている悪循環をどうやって良循環に変えていくか、その様子がとてもリアルにわかりやすく書かれています。

 解決志向ブリーフセラピーの極意が詰まっています。

 子どもに接するカウンセラーには、強くお勧めします。

 ここでもメモしていこうと思います。

 今企画中の本はアドラー心理学以外には、田嶌誠一先生の不登校本と並んで、本書を足掛かりの一つにして書いていこうと思いました。

|

« 会長になっちゃった | Main | 催眠療法を学ぶ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/66936992

Listed below are links to weblogs that reference 『やさしい思春期臨床』:

« 会長になっちゃった | Main | 催眠療法を学ぶ »