« 『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ』 | Main | 『催眠トランス空間論と心理療法』 »

September 17, 2018

『J‐マインドフルネス入門』

 マインドフルネスブームの中に一石を投じながらも、臨床的にも面白い本です。

 山田秀世著『J‐マインドフルネス入門』(星和書店)

 マインドフルネスといっても本書は、仏教瞑想をベースにしたマインドフルネス瞑想ではなく、そのエッセンスは既に森田療法にあったことを主張しています。

 既にマインドフルネス瞑想と森田療法の共通性は専門家の間で認識されていて、何年か前に関係団体間でシンポジウムなどは開かれたこともありました。

 著者の山田先生は、

 でも、その本質的な側面(マインドフルネスのこと=ブログ主注)、つまり「今ここの体験を重視して、それを評価することなく、そのあるがままに受容していく」という方法や態度は、実は日本固有の治療法である森田療法の核心をなす部分にほかなりません。

 森田療法は、不安や症状と闘ったり排除しようとする姿勢をよしとせずに、それらを“あるがまま”にうっちゃっておくことを特徴としています。 p1

 と説明しています。

 マインドフルネスは本質的にはある心的態度であり、瞑想はそのための一つの手段に過ぎないわけですから、確かに十分に考えられることです。

 本書は森田療法のエッセンスと、ストレスマネジメントに役立つ簡単なテクニックの解説が、森田療法の達人で、日本笑い学会員でもある山田先生ならではの軽妙な筆致で説かれています。臨床家にも、一般の方にも役立つと思います。

 私は先月参加した日本ブリーフサイコセラピー学会京都大会の書籍コーナーで本書を見つけて早速購入し、参加していた山田先生にお会いしてサインをいただきました。

 しかも前々記事で書いたように、私はヒューマン・ギルドで山田先生の森田療法のワークショップに出たことがあったので、先日受けた公認心理試験になんと森田療法が出題されたのを見て、(そこだけは)「やった!」と思いましたね。 国試受験

 けっこう恩を受けています。

 そうそう、森田正馬とアルフレッド・アドラーはほとんど同時代人です。山田先生もこの二人の思想に出会って精神科医を志したと、紹介欄に書いています。マインドフルネスだけでなく、森田療法とアドラー心理学も共通性の高さが認められます。

 この二つはこれからも要注目ですよ。

 

|

« 『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ』 | Main | 『催眠トランス空間論と心理療法』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/67179665

Listed below are links to weblogs that reference 『J‐マインドフルネス入門』:

« 『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ』 | Main | 『催眠トランス空間論と心理療法』 »