« 神戸へ | Main | あさイチで不登校特集 »

September 04, 2018

2018アドラー心理学自主シンポジウム

 8月31日(金)午前10時、日本心理臨床学会の2日目、神戸国際会議場402教室で、 「臨床アドラー心理学のすすめ~心理臨床実践で活かしていくために~」と題された自主シンポジウムを行いました。

 公認心理師試験の1週間前というバッドタイミングで、いつもは何千人もの参加者でごった返している学会はかなり少ない印象でした。だからアドラー心理学なんてどマイナーなものにどれだけの人が来るのか多少は心配でした。でも来なければ来ないで、言いたいこと言い散らかして立ち去ろうという気持ちでしたね。

 果たして朝一番の時間帯にもかかわらず、ざっと数えたところ、40人もの人が会場に入ってくれたみたいです。今までやった中でも多い方だと思います。

 その様子は八巻先生の日記にも出ていますが、内容を少し報告します。

 まず鈴木義也先生(東洋学園大学教授)が先陣を切って、 「アドラー心理学を使う勇気」を話してくれました。そう、臨床心理士など心理職は、これだけアドラー心理学がブームになっても、なかなか手を出そうとしてくれません。そんな「アドラーへの抵抗」状況をユーモラスに語りながら、「アドラーへの期待」「アドラーでよかった」ことを話してくれました。

 得体のしれないものへの警戒感(?)をもって会場に来た人には、良いほぐしになったことでしょう。

 続いては私の番、 「心理臨床と課題の分離」というテーマで、最近のアドラー心理学といえば出てくる「課題の分離」について焦点を当てました。実際、日常実践でも臨床でも、最も使うのはこれだと思うので、臨床技法としての課題の分離を提案しました。質疑応答でもここは質問しやすかったようで、フロアからよく出ていましたね。私も手ごたえを感じました。

 何となく本の中でしか知られていない「課題の分離」をさらに技法として明確に、使いやすく提示できるようにしたいと、心に決めました。

 次は八巻秀先生(駒澤大学教授、やまき心理臨床オフィス)が、お得意の対話主義、オープンダイアローグとアドラー心理学を絡めて、最先端の臨床思想を解き明かしてくれました。心と言葉に対するフロイトとアドラーの違い、オープンダイアローグとアドラー心理学の深いレベルでの共通点など、いつも大変勉強になります。

 最後は、コミュニティ心理学の大家、箕口雅博先生(立教大学名誉教授、IP心理教育研究所)による指定討論、コメント。「アドラーは世界で最初のコミュティ・サイコロジストである」ことを主張され、コミュニティ心理学とアドラー心理学を対比させ、 「アドレリアン・コミュニティ・アプローチ・モデル」という新しい発想を紹介してくれました。

 3年ぶりの本学会での自主シンポジウムでしたが、とても充実感があり、終了後、これからもこういう活動を続けることの意義をみんなで確認し合いました。次回以降は、私たち以外のアドレリアン臨床心理士・公認心理師の方たちにもご登場を願うことになるかもしれません。

 

|

« 神戸へ | Main | あさイチで不登校特集 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/67131834

Listed below are links to weblogs that reference 2018アドラー心理学自主シンポジウム:

« 神戸へ | Main | あさイチで不登校特集 »