« 神道の深い流れ | Main | 『アンゴルモア』 »

October 22, 2018

祓いと鎮魂

 では白川神道(白川伯王家)は、何を具体的にしているのか。なぜ、トランスパーソナル心理学と関わるのか。公になっているところで、簡単に説明します。

 神道ですから、核になっているのは「お祓い」「鎮魂」です。

 でもその中身は、一般の人のイメージとはだいぶ違うでしょう(私もそうでした)。

「祓いとは、4つの祓い言葉(三種祓、身禊祓、大祓、一二三祝詞)を奏上し、「空」の意識を作ることを目指している(仏教の悟りの境地と同様と思われる)

祓いによって、あらゆる罪穢れをを祓うことによって、意識が変容し、平安清明な心の状態を体感する。そして、過去も未来も内包した「中今(なかいま)」に意識を置けるようになり、中今から言霊を発動する」(当日資料)

 つまりお祓いは、神社で神主さんにやってもらうものではなく(別にそれでもいいですけど)、自らが意識の修行のために行うものなのです。自ら祓い詞と祝詞を唱え、自分と向き合う作業です。

 だから私も、長い祓い詞を覚えました。朝、仕事の前に、ある作法と共に唱えています。ちょっと変わった光景かな。まさか自分が、祝詞を唱えられるようになるとは思わなかった。

 そして、鎮魂は神道における重要な瞑想法です。

 鎮魂とは、一般的に死者の霊を慰める(レクイエム)ことを指すが、同時に生者の魂を鎮めることも含めている。

 鎮魂を行うことで、様々な感情や観念に囚われ分離してしまった魂(五魂)を統合し、神を迎える器・社(やしろ)をつくることを目指す。(当日資料)

 方法や細かいところは省略しますが、端的にいうとまさにマインドフルネス瞑想です。しかも仏教の瞑想とも共通点が多くありながらも、やはり和というか日本的というか、独特の味わいがあります。

 私自身、これまでいろいろなタイプの瞑想や意識変容法を体験しましたが、このお祓い、鎮魂をやると、速やかに意識がスッキリして、まさに平安清明な感覚になれるのです。「これはいいな」と実感したので、七沢研究所の人たちと研究や検討を重ね、世間に紹介するべく、今回の発表に至ったわけです。ここなら、瞑想好き、修行好き、スピリチュアリティに造詣の深い人、しかも学術的な理解のできる人が多いはずだからです。

 会長には諸富祥彦先生(明治大学教授)がいらっしゃるし。今回もめちゃくちゃ面白いプレゼンをしてました。

 私たちの発表の後には、占星術とユング心理学で著名な鏡リュウジ先生が登壇していました。ユングがいかに占星術に傾倒していたかを説明していて、とても興味深かったです。

 しかも私たちの発表の座長には、ケン・ウィルバーのインテグラル理論の紹介者・鈴木規夫先生が務めてくれました。私は若い頃ウィルバーのファンだったので、お会いできて大変うれしかったです。

 鈴木先生からは大変鋭く、しかし好意的なコメントをいただきました。

 私の知る限り、トランスパーソナル心理学のバックボーンはユング心理学とウィルバーの理論が中心で、実践的には各種サイコセラピーと仏教系の瞑想のハイブリッドだったように思います。

 そこへ足元の日本独自の瞑想と意識開発法を紹介したのは、新味があり、意義があったかもしれません。発表終了後、何人もの方が挨拶と名刺交換に来てくれました。

 これからも折に触れ、いろいろなところで紹介していきたいと思っています。

|

« 神道の深い流れ | Main | 『アンゴルモア』 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/67302242

Listed below are links to weblogs that reference 祓いと鎮魂:

« 神道の深い流れ | Main | 『アンゴルモア』 »