« 心とテクノロジーの世紀 | Main | アドラー心理学の学会を作ります! »

December 12, 2018

柳生新陰流を学ぶ

 12月1日(土)は甲府の緑が丘スポーツ公園の柔道場で、知人が主催した古流剣術の稽古会に誘われて、見学兼体験に行ってきました。

 日本の古武術をやるのは初めてです。

 講師の高無宝良先生は宮本武蔵の二天一流と柳生新陰流を修め、中国武術も学んだことのある、若い(若そうに見える)気鋭の武術家でした。でもとても穏やかな人で、好感を持ちました。

 こちらはど素人ですから、皆さんに交じって新陰流の基本を教わりました。名称も聞いたけど、メモも取らなかったから忘れてしまいましたが、基本ながら実に精妙な動きの技で感銘しました。

 二人が袋竹刀で中段で向かい合い、正面からスススッと近づき、お互い斬り下しながら、刃筋一つ外して胸部腹部を斬る技は、体験すると型とはいえヒヤッとします。一見すると地味ですが、それゆえにこそ実戦性を感じました。

 小野派一刀流の「切り落とし」と同様の技とのことでした。

 私的には形意拳の理合いと共通のものを感じ、大いに参考になりました。

 今更本格的に剣術を学ぶことはないと思いますが、高無先生は山梨や各地で講習会をしており、自由に参加できるみたいですから折に触れて学んでみたいと思いました。

|

« 心とテクノロジーの世紀 | Main | アドラー心理学の学会を作ります! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81571/67476542

Listed below are links to weblogs that reference 柳生新陰流を学ぶ:

« 心とテクノロジーの世紀 | Main | アドラー心理学の学会を作ります! »