« 『定年後の人生を変えるアドラー心理学』 | Main | 『拳児』復活していた »

January 18, 2019

『児童心理』休刊

 Twitterで流れてきて知りました。

 金子書房の『児童心理』が休刊になるそうです。

 雑誌『児童心理』休刊のお知らせ(金子書房のサイト)

 1947年創刊ということだから、今年で72年になるという超長寿雑誌だったわけです。心理学雑誌の老舗でしたが、サイトにもあるように、これも時代の流れということでしょうか。

 しかし、戦後から一貫して、日本中の教師、親、カウンセラーなどに、正しい心理学を伝え続けた功績はとても大きいと思います。

 何を隠そう、私自身、大変お世話になっていて、執筆者としてのメジャーデビュー(?)は同誌でした。

「2008年12月号臨時増刊 子ども勇気づける心理学ー教師と親のためのアドラー心理学入門」でした。本誌初、あるいは心理学雑誌初のアドラー心理学特集で、岩井俊憲先生や岸見一郎先生、アドラー仲間の方々と名を連ねさせていただきました。

 幸い大変好評で、完売したそうです。

 今にして思うと、アドラーブームの種まきになったのかもしれません。

 その後も2回程、金子書房さんからご依頼いただいて、寄稿させていただきました(下記のリンク)。

 お題をいただくその度に、自分なりに調べ、考察し、執筆したので、物を書く上で大変鍛えられたと思います。

 とても感謝しています。

 休刊は残念ですが、金子書房さんには是非これからも、魅力のある新企画の雑誌、本を出し続けていただきたいと思います。

 長い間、ありがとうございました。

|

« 『定年後の人生を変えるアドラー心理学』 | Main | 『拳児』復活していた »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『児童心理』休刊:

« 『定年後の人生を変えるアドラー心理学』 | Main | 『拳児』復活していた »