« 『拳児』復活していた | Main | 巨人たちの家族布置 »

January 24, 2019

『ジェノグラム』

 私が好きな心理学的ワークにジェノグラムというのがあります。家系図を作りながら、家族成員の情報を書き入れ、相関図のように家族関係を何種類かの線で結びます。完成するとクライエントさんの人生と家族の概要が一覧できるようになります。

 私はアドラー心理学の家族布置の方法として、ジェノグラム作りをクライエントさんと共同でよく作ります。とても面白い面接になります。クライエントさんからも好評を得ています。

 もともと家族療法の技法として登場したものですが、昨年のその決定版といえる本が翻訳、出版されました。

 モニカ・マクゴールドリック、ランディ・ガーソン、スエリ・ペトリー著、渋田田鶴子監訳『ジェノグラム 家族のアセスメントと介入』

 大きくて厚い本で、目にするとビビってしまいそうですが、その分内容はとても濃く、情報量は膨大です。

 ジェノグラムの基本はもちろん説明されているのですが、本書の白眉は、実にたくさんの著名人のジェノグラムが掲載されて、それを俎上に家族の力動や関係性が解説されていることです。これが実に興味深い。

 アメリカ人の著者ですから、もちろん欧米の人ばかりですが、我々の知っている人が多数います。

 芸能人ではマリア・カラス、ピーター・フォンダ、ジョディー・フォスター、ルイ・アームストロング、黒人メジャーリーガー・ジャッキー・ロビンソンなど。

 政治家がすごくてビル・クリントン、ダイアナ妃、イギリス王室、ワシントン、チェ・ゲバラ、ブッシュ家、ケネディ家、マーティン・ルーサー・キングなど。

 学者ではアインシュタインなど、そして心理系の方は必読、フロイト、アドラー、ユング、ベイトソン、エリック・エリクソンが登場します。

 彼ら偉人たちの「家族問題」が白日にさらされていて、面白いこと面白いこと。特にフロイトは彼の人生に添って何枚ものジェノグラムを使って解説されていて、「なるほど、こういう人生を送った人なんだ」と知ることができます。

 夫婦、親子、親族との困難な関係、アルコール依存症、精神病、虐待、自殺等様々な問題の中で生きてきたことがわかって、彼らも大変だったんだなあ、だからこそ偉大な仕事を成し遂げたんだなあ、という共感もわきます。

 臨床家はそのためだけでも読む価値があると思います。

|

« 『拳児』復活していた | Main | 巨人たちの家族布置 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ジェノグラム』:

« 『拳児』復活していた | Main | 巨人たちの家族布置 »