« 流山市に新カウンセリングオフィス、オープン! | Main | 女性老師の肖像 »

March 18, 2019

長岡市でアドラー心理学

 昨日3月18日(日)は駒澤大学深沢キャンパスに行き、ナラティヴ・コロキウムに参加してきました。

 ナラティヴ・コロキウムとは、いわゆるナラティヴ・セラピーに関心のある方たちのカンファレンスで、心理職だけでなく、医師や看護師、文化人類学者、社会学者、そして障害や疾病の当事者や家族など、幅広い立場の人が集まり、学び合う場です。昨今はナラティヴ・アプローチの進化系ともいえるオープンダイアローグが注目されていますね。

 昨年はそのオープンダイアローグがメインテーマでした。今年は「治療的会話を求めて」というテーマでした。

 私は午前、Wrapという当事者・支援者運動の自主シンポジウムに参加しました。山梨にもWrapをやっているグループがあって、知人が参加しているので興味がありました。「元気回復行動プラン」といって、立場を超えた平等なグループの中で、精神障害の当事者が回復していくための知恵をみんなで見出そうという運動のようでした。

 精神障害当事者たちがシンポジストで、とても説得力のあるお話をうかがいました。アドラー心理学とも通じる、まるで共同体感覚を志向した活動に見えましたね。アドレリアンの活動や自助グループにも参考になると思います。

 午後は全体のシンポジウム、家族療法家の平木典子先生はじめ著名な先生たちの話とフロアとのやり取りで進んでいきましたが、「そもそも治療的会話って何だろう」という答えではなく、問いの周辺でグルグルしている感じが面白かったです。

 司会はアドラー仲間で、日本個人心理学会を共に作った八巻秀先生(駒澤大学)でした。

 さて、週末に私は新潟県長岡市に行きます。新潟でアドラー心理学の活動をしている五十嵐淳至さんはじめアドレリアンの方々に呼んでいただいたのです。

「アドラー心理学から学ぶ思春期青年期の支援のあり方」

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1058494941016428&set=gm.2653445484725832&type=3&theater&ifg=1

 立派なチラシも作っていただき、ありがたいです。既に50人近くの申し込みがあるようです。発達心理学とアドラー心理学を結びつけた話になると思います。

 私はカリスマ講師ではないので、感動的な話にはならないと思いますが、役に立つ知識やものの見方を知っていただけるように頑張りたいと思います。

 事前申し込み日は過ぎましたが、まだ大丈夫だと思いますのでお問い合わせください。その地域の方、是非ご参加ください。

 3月23日(土)13:30~16:30

 長岡市立中央図書館2F講堂

 参加費 3,000円

 主催:長岡楽しく学ぶ会  後援:長岡市教育委員会

 電話兼FAX 0258-63-4266

 

|

« 流山市に新カウンセリングオフィス、オープン! | Main | 女性老師の肖像 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長岡市でアドラー心理学:

« 流山市に新カウンセリングオフィス、オープン! | Main | 女性老師の肖像 »