« 『子どものための精神医学』 | Main | 『身体は「わたし」を映す間鏡である』 »

April 24, 2019

社会の複雑性が神を生んだ

 知人に教えてもらったのですが、慶應大学が興味深い研究をプレスリリースしました。神への信仰は、人類史のどの辺で発生したかという研究です。ビッグデータを扱った、いかにも今風の研究のようです。

(転載貼り付け始め)

 社会の複雑性によって「神」が生まれた? -ビッグデータ解析により世界の宗教の起源を歴史的に解明ー

慶應義塾大学環境情報学部のパトリック・サベジ特任准教授、オックスフォード大学のハーヴェイ・ホワイトハウス教授、ピーター・フランソワ教授、コネチカット大学のピーター・トゥルチン教授らの国際共同研究グループは、「セシャット(Seshat)」と呼ばれる人類進化史に関する大規模データベースの構築とそのビッグデータ解析を行い、社会の複雑性の進化が原因となって、世界中の宗教や「神」の信仰が生み出された可能性を明らかにしました。本研究の成果は、英国の科学雑誌『Nature』誌に3月20日(現地時間)に掲載されました。

研究グループは、1万年にわたる人類進化の歴史的記録データ(世界400以上の国家に関する20万件以上の歴史的記録データ)について、オープンアクセスのデータベースを構築し、セシャットと名付け世界に公開しました。また、なぜ人類が大規模かつ複雑な社会で互いに協力するように進化したのか、その科学的な検証を行うために、セシャットのビッグデータ解析を行いました。研究の結果、これまで唱えられていた既存の理論に反して、「神の信仰」は、「社会的複雑性」が進化した結果生まれたものであることが示されました。人類学者、歴史学者、考古学者、数学者、進化論者、コンピュータサイエンティストが共同して発見したこの成果は、ビッグデータ解析の発展が、人類進化の歴史や起源の解明に変革をもたらすことを示唆しています。

 

 

(転載貼り付け終わり)

 本論文によると、これまで宗教の起源は何かという問いには諸説あって、有名なのは「神の信仰」仮説というもので、人々が「神」を信仰し、社会にとって協力的でない人々を「神」が罰すると信じることで、結果として人々が公正に協力し、大規模な社会が形成されるというものだったそうです。ただ、それは検証されてはいませんでした。検証しようがなかったのかもしれません。

 本研究グループは、2011年にセッシャットと呼ばれるオープンアクセスのデータベースを構築して、世界中の人類学者、歴史家、考古学者、科学者の専門知識を結集したそうです。そうして集めたビッグデータを統計解析しました。

 結論として、「神の信仰は社会的複雑さの増大に先行するのではなく、むしろ後続する傾向にあることが明らかになりました。さらに、宗教的儀式は、神の信仰が生まれる何百年も前に出現する傾向にありました。これらの結果は、宗教的儀式を通じた集団行動が、人々の協力関係を促し、大規模な人類社会を形成する要因となった可能性を示唆しています」とのことです。

 なんか当たり前のような気もしますが、厳密には新しい理論ということなのかもしれません。あるいは西欧人には意外な結論だったのでしょうか。

 善悪をジャッジする神が最初ではなく、人々が協力し合うために「神」が必要になったといえそうです。これはアドラー心理学の「人の本性は葛藤ではなく、協力である」という前提にも通じるし、神道の「結び」とも通じるように思えます。

 宗教やスピリチュアリティについて、何か書いたり話したりする時に引用できそうです。

 

 

|

« 『子どものための精神医学』 | Main | 『身体は「わたし」を映す間鏡である』 »