« 『身体は「わたし」を映す間鏡である』 | Main | 令和最初の記事はなくなった。。。 »

April 30, 2019

平成最後の

「平成最後の~」がまさにインフレ状態で、何にでも使われてますね。それも今日まで。

 なので、ここでもそれに乗りましょう。「平成最後の記事」です。

 最近は平成を振り返る新聞記事やテレビ番組が多かったですが、私にとっても公私ともにいろいろありました。20代から50代、人生の中心とでもいえるのが平成だったといえるでしょう。これはほとんどの方にとってそうでしょう。

 その中でここでいえる最大のことはなんといっても、このブログを始めたことですね😃

 本ブログを始めたのが、平成17年2月でした。なんと14年前!早いなあ。書いた記事の数は、1,689にもなります。

 平成はインターネットが普及、拡大した時代でもありました。

 その初期にブログというものが登場して、芸能人や誰も彼もが始め出してブームになった時期に、私も面白そうだと思って始めました。それがこれほど続くとは、よほど自分の性に合ったメディアなのでしょう。

 臨床心理学、アドラー心理学、武術、身体論というマイナーでニッチなことに焦点を当てているだけでしたが、それらが社会の表舞台に出るようになって、先見性があったわけではないのですが、何となく時代の端っこには常にいるような感じではあったと思います。私自身、ブログを通じて、広がったものがたくさんあったと思います。

 ここまでの間、いろいろなタイプのSNSが登場して、一応いろいろかじってみましたが、あまり熱心になることはなかったですね。ミクシィもファイスブックもTwitterもめんどくささの方が先立って、読むだけでした。

 なんででしょうね。人とつながることに関心が薄いのかもしれません。愛想もないし、時に攻撃的だし、アドレリアンとしてどうなんだという気もしますが、「嫌われる勇気」はあるのかもしれません。

「令和」になってもブログは続けられそうです。

 ユーチューバーになる気は、ありません。

 ただ、スタート以来続けている古臭いテンプレートを、新時代になったのだから変えたいなとは思っています。

 令和時代もよろしくお願いします。

 

|

« 『身体は「わたし」を映す間鏡である』 | Main | 令和最初の記事はなくなった。。。 »