« 10月20日はアドラー・デー | Main | <発達ー環境>調整障害スペクトラム »

October 24, 2019

朝カルで劣等感講義

 台風19号のため通行止めだった中央高速道路は先週末に解除され、20日(日)は無事自分の車で通ることができました。

 前回お伝えした日本個人心理学会の第1回「会員の集い」に参加するためです。

 しかし、会場の世田谷の駒澤大学周辺は近くの駒沢公園にイベントか何かあるらしく渋滞で、駐車場も満杯でなかなか車が停められず、到着がずいぶん遅れてしまいました。

「会員の集い」では、参加者から日本個人心理学会への思い思いの発言をいただき、私たち理事は大変刺激になりました。新しいアドラー心理学の学会への期待の高さを感じることができました。

 集いの内容は学会HPにまとめて掲載される予定です。

 その前の10月17日(水)は、養護教諭を中心とした「東山梨学校保健大会」に講師として登壇。「気分を変えるトレーニングをしよう!」というタイトルをいただき、養護教諭や栄養士、教員や保護者の方々約50人にメンタルヘルスの基礎をお話しした後、マインドフルネス瞑想や、リラクゼーション法としてゆる体操をお伝えしました。

 ゆる体操はいつも楽しく盛り上がっていいですね。

 さて、来週10月30日には、神奈川県藤沢市の朝日カルチャーセンター湘南教室でアドラー心理学の講座をします。今回のテーマは、アドラー心理学の基礎の基礎、「劣等感」です。

 誰もが持っている劣等感、これを丁寧に扱って、自己の振り返りに役立てていただきたいと思います。

 朝日カルチャーセンター湘南教室 アドラー心理学入門 劣等感

|

« 10月20日はアドラー・デー | Main | <発達ー環境>調整障害スペクトラム »