« 9月末の講師業 | Main | 『二月の男』 »

October 03, 2019

伝統中国武術演武会、開催迫る!

 私が30年以上お世話になっている全日本柔拳連盟の演武会が、10月6日(日)に開かれます。

 詳細はこちら。

http://taikyokuken.co.jp/news/2019Enbukai.pdf

 実は日本に初めて太極拳を紹介したのが、我が流派の創始者、王樹金老師です。1959年、昭和34年だそうです。前回の東京オリンピックよりも大分前ですね。今年はその来日60周年記念ということで、台湾政府の要人も臨席される予定らしく、大変貴重な武術が数多く披露されると思います。

 王樹金老師は中国の天津出身、戦後蒋介石と共に台湾に渡って、本物の伝統武術を守り続けていました。

 台湾政府から日本の人間国宝のような扱いを受けていたほどです。形だけではなく大変な強さで知られ、当時日本でも数多くの人から挑戦を受け、無敵の強さを示した上に、彼らを感服させた上で、数多くの弟子を育てられました。

 王老師から学んだ方の中には、武道を始め各界で著名な方もけっこういらっしゃいました。ご自身が公にしているところでは、極真空手の盧山初雄先生や西田幸夫先生がいらっしゃいます。

 作家のC・W・ニコル氏は、来日中の王老師の様子を著書に印象深く書き留めています。

 関心のある方、是非足をお運びください。

|

« 9月末の講師業 | Main | 『二月の男』 »