« <発達ー環境>調整障害スペクトラム | Main | 「プロフェッショナル」に出た »

November 01, 2019

『学校コンサルテーションのすすめ方』

 アドラー心理学の名著の待望の翻訳です。今年5月に出ました。

『学校コンサルテーションのすすめ方 アドラー心理学にもとづく子ども・親・教職員のための支援』(ドン・ディンクマイヤー・ジュニア、ジョン・カールソン、レベッカ・E・ミシェル著、浅井健史・箕口雅博約、遠見書房)

 1973年に初版が出て、改訂を重ねて最新版は2016年に出版、本書はその全訳です。

 序文は現実療法のウィリアム・グラッサーが書いていますね。

 主にスクールカウンセラーや学校で相談活動をする人向きではありますが、コンサルテーションの要諦が丁寧に、広範囲にわたって解かれています。アドラー心理学のエッセンスが詰まっているので、アドラー心理学を学んだ人はもちろん、まだ学んでいないスクールカウンセラー、臨床家にも大変参考になると思います。

 実は私、この原著を3年前にここで紹介したことがありました。

『Consultation』

 そこでも私は、「どこかで翻訳して出してくれないかなあ」とぼやいていますが、遂にとても読みやすい翻訳で現れたことに大変喜んでいます。アドラー心理学が心理臨床、とりわけコンサルテーションにとても有用であることが世間の公認心理師、臨床心理士などの援助専門職の人たちに伝わればいいと思います。

 本書の他にも、優れたアドラー臨床本は何冊もあるので、是非出版社の皆さん、ご検討ください。及ばずながらご紹介、ご協力させていただきますよ。

 そして本書の翻訳者、浅井健史先生と箕口雅博先生は実は私たちと共に、日本個人心理学会を立ち上げた仲間でもあります。

 本書の刊行を記念して、という意味合いも込めて両先生を講師になっていただいて研修会を実施します。すでに多数のお申し込みをいただいています。

 アドラー心理学にもとづくコンサルテーションの理論と実践

 研修会は11月9日(土)、もうすぐです。

 是非、ご参加ください。

 

|

« <発達ー環境>調整障害スペクトラム | Main | 「プロフェッショナル」に出た »