« スペリー博士来日中止 | Main | 日本個人心理学会第1回学術大会延期! »

February 18, 2020

SL、SSW、SCシンポジウム

 2月15日(土)は、私が会長を務める山梨県臨床心理士会、その下部組織で私が委員長を務める山梨県学校臨床心理士委員会の主催による、研修会が開かれました。場所は山梨英和大学。

「安心安全な学校をつくる スクールロイヤー、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラーの連携に向けて」と題して、スクールロイヤー制度の確立に関わっている弁護士さん、元SSWで今は教師、そして当会から長年スクールカウンセラーをしている先生によるシンポジウムを行いました。私は座長を務めさせていただきました。

 スクールロイヤー(SL)、スクールソーシャルワーカー(SSW)、スクールカウンセラー(SC)が対話を行うという県内では初めて、おそらく全国的にも珍しい試みではないかと思います。発案者は何を隠そう私。

 学校において子どもの人権を守る立場のスクールロイヤーは、国は設置の方向で動いており、昨年秋には報道もされました。すでに一部の県で実施しているようですが、山梨ではまだこれからシステム作りの段階です。

 弁護士さんはいじめの重大事態によって設置される第三者委員会に入ったり、県の教育委員会のいろいろな会議に参加したり、現場からは見えにくいですが、意外に教育行政に関わっています。SSWさんは、SCが手の届かない家庭状況の観察や介入をしてくれたり、困難事例に多く関わってくれています。私も当然存在は知っていましたが、活動の詳細は知らないことが多かったです。

 参加者からも、「良かった」「良い企画だった」と多く聞くことができました。

 私も、改めて学校に関わる他職種のことを学ぶ機会になり、「チーム学校」に対するイメージ作りができましたね。

20200215sc

 

 

|

« スペリー博士来日中止 | Main | 日本個人心理学会第1回学術大会延期! »