« 『不登校に向き合うアドラー心理学』在庫切れか | Main | 稽古再開、アベノマスク届く »

June 09, 2020

持続化給付金、届く

 前記事でAmazonに不満を述べたためか、『不登校に向き合うアドラー心理学』が入ったようです。定価で買えますので、よろしくお願いします(そしたら今日、6月10日時点でまたなくなってしまったみたいです。ごめんなさい)

 一説には既に経済恐慌状態ともいわれるこの状況下で、カウンセリング業界もダメージを受けているところが多いのではないでしょうか。

 オンラインカウンセリングに切り替えているところも多いと聞きます。

 うちも「やりますよ」とうたっていますが、実際の数はそれほどでもありません。他のカウンセラーが担当しているクライアントさんに数例あっただけで、私のクライアントさんはみんなオフィスにやってきます。ゼロリスクは考えない私に似て、気にしない人が多いのかな。

 実際、「家からなんてとてもできない。直接来て会うのがいい」とおっしゃるクライアントさんもいます。ありがたいですね。

 それでもやはり、5月の実績はひどく落ち込みました。正直「やばい」と思いましたが、緊急事態宣言が解除された途端に動き出した感はあり、今急速にカウンセリング予約が増え、講演依頼が続いています。みんなリアルです。第2波が来たら、延期もしくは中止という留保付きですが。

 そんな中、持続化給付金が届きました。6月1日にオンラインで申請して、わずか1週間で入金です。

 話では2週間くらいかかると聞いていたので、意外に早くて驚きました。

 きっと電通とサービスデザイン推進協議会とかの中抜き問題がかまびすしいこの頃、これ以上の汚名やクレームを避けようと、審査スピードを一気に上げたのかもしれない、と思ったりしました。

 それでも5月初頭に申請した人はまだ給付されないというので、申し訳ない気もします。

 いや、みんな本当に大変だと思う。速やかに全員支給されるようになってほしい。第2弾も必要なところも多いはずです。

 私のところは開業して8年続いているカウンセリング・オフィスで、経営も安定していたし地域の信頼も得ているみたいなので、何とかつぶれないように挽回したいものです。

 アベノマスクはまだ届きません。

 

|

« 『不登校に向き合うアドラー心理学』在庫切れか | Main | 稽古再開、アベノマスク届く »