« 『不登校に向き合うアドラー心理学』重版出来! | Main | 持続化給付金、届く »

June 04, 2020

『不登校に向き合うアドラー心理学』在庫切れか

 前回重版をご案内した『不登校に向き合うアドラー心理学』(アルテ)ですが、Amazonでもう在庫が切れたのか、割高の中古本しかありません。まさか爆発的に売れるような本でもないから、数冊しか入れていなかったのでしょうか。

 こら、Amazon、甘く見とんのか、もっと入れんかい。

 ほしい方は、最寄りの書店などで注文していただきたいと思います。

 ところで、この本のタイトル「不登校に向き合う~」は、実は共著者の一人の佐藤丈先生の発案だったのですが、今思うとアドラーらしいな、と感じます。

 ロジャーズなどをベースにした、よくあるカウンセリング理論に拠った本だと「不登校に寄り添う」というやさしい感じのタイトルや副題、キーワードが使われるかもしれません。

 応用行動分析学や認知行動療法だと、「不登校を直す」というニュアンスが出てくるでしょう。実際本ブログでも、そういった本を何冊も紹介したことがあります。

 寄り添うのも直すのもいいけれど、そもそもこの問題にどのような考え、姿勢で臨むのか、まさにライフタスクとしての不登校というとらえ方が可能であることを本書は示唆していると思います。

 新型コロナで長期の休校を経た今、改めて学校の在り方、学校に通うことが問われています。その点でも本書は時宜にかなっているといえるかもしれません。

 不登校支援に関係する方、是非参考にしてください。

 

|

« 『不登校に向き合うアドラー心理学』重版出来! | Main | 持続化給付金、届く »