« 『みんなのシステム論』 | Main | 内気セミナーとオンライン授業 »

July 25, 2020

共感と共同体感覚

「謎の4連休」と噂されている第1日目の7月23日(木)、日本個人心理学会の「会員の集い」がオンラインで開かれました。

 消えたオリンピックの代わりにふさわしいイベントといえるでしょう(笑)。

 全国から30名超の人が参加してくれたそうです。

 今年3月予定されていた第1回大会は、コロナで延期になってしまいましたが、学会誌も発行され、会員の集いも4回目を数え、少しずつ進んでいる感じがあります。

 今回は日本アドラー心理学協会会長で、本学会の常任理事でもある梶野真さんが、プレゼンテーターになってくれました。

「共感と共同体感覚~関心を持つこと」というタイトルで、アドラーの共同体感覚とロジャーズの共感という、2つの最重要概念の比較、共通性について話題提供されました。

 残念ながら私は仕事があったので途中で退室してしまいましたが、改めてアドラーからの影響がロジャーズに色濃くあることを感じました。

 実際にロジャーズは若き日に、アドラーのケースプレゼンテーションに接して衝撃を受けたという、ロジャーズ自身の報告があります。

 カウンセリングの中心概念である共感は、共同体感覚を臨床的に実践する際の目標であり、ガイドであることが確認できたのが収穫でした。

 梶野さんが教えてくれた元ネタになる論文は以下のものです。

 The remaekable parallel between Roger`s core conditions and Adler`s social interest

|

« 『みんなのシステム論』 | Main | 内気セミナーとオンライン授業 »