« 早く日常へ | Main | 幻の東京オリンピック・テーマ曲は »

August 08, 2020

『よくわかるコミュニケーション学』

 この前期、非常勤を始めた大学で担当した授業の一つは「コミュニケーション基礎」という授業でした。

 対人援助におけるコミュニケーションのあり方を、新一年生に伝えるという趣旨の授業だったのですが、全学部共通科目ということで、100人近くの受講者がいました。ふたを開けてビックリ。「昨年度は30人ぐらいでしたよ」と言われてたので、「聞いてないよう」と思わず独り言ちました。

 当然私が身につけてきた臨床心理学の理論、技法を伝えるつもりで、アドラー心理学始め、認知行動療法、システムズアプローチ、解決志向アプローチを順繰りにお話ししました。もちろん、オンラインで。

 ただ、初っ端に話をしたのは臨床心理学そのものではなく、そもそもコミュニケーションとは何か、という問いでした。しかしいきなりベイトソンのコミュニケーション論というのも難解すぎますので、社会学や人類学などを含めた広い視点から話をしたいと思いました。

 そこで必須の教科書は使わず、参考書として学生に紹介したのは、対人援助、臨床心理学の本ではなく、

 板場良久・池田理知子編著『よくわかるコミュニケーション学』(ミネルヴァ書房)

 でした。

 本書では、「コミュニケーションの学は、コミュニケーションの技術にあらず」といった立場で、様々な研究者が「やさしく」さまざまなコミュニケーションについて論じているのですが、やさしいかどうかは、それ以前の読者の問題意識や知識の蓄積によるかもしれません。

 どちらかというと「より良いコミュケーション」を啓蒙しがちな臨床心理学的コミュニケーション論にはアンチの立場で、ポストモダン的な批評精神や社会学的な問題意識の濃い本だと思います。

 メディアによる「ことばの支配」、国家と家族、家族内コミュニケーションの語られ方(理想の家族からの脱却をうたっています)、ジェンダー、セクシュアリティー、文化と権力、教育における「身体」の支配、リベラリズム、コミュニタリアニズム、多文化主義などなど、多様な問題を扱っています。

 私にはとても刺激的で、ずいぶん気づかされました。良書だと思います。

 また、こういう議論についてこれるだけの人材が、アドラー心理学や臨床心理学界隈にももっと増えてほしいと思いました。今のところ、信田さよ子先生が目立っているぐらいじゃないかな。

 でも、例えば、勇気づけとは何か、共同体感覚とは何か、心の治療とは何かなど、本質的なことを考えるときには避けては通れないところだと思います。

 

|

« 早く日常へ | Main | 幻の東京オリンピック・テーマ曲は »