« 太極拳の力 | Main | 朝日新聞にアドラー心理学 »

September 15, 2020

誰が首相を決めるのか

 管首相が誕生のようで、ようやく安倍政権が終わったと思ったら、その利権温存継承内閣ということのようです。

 突然の安倍首相退陣から降ってわいたような菅首相就任、という劇を連日見せられている私たちですが、本当にそうかは常に疑っていた方が良いというのが私の立場です。たとえ、陰謀論と言われようとも。

 というのは1年も前から、「次は菅首相で決まり」と断言した人たちがいるからです。

 評論家、思想家の副島隆彦先生ですね。やはりそこは慧眼です。4年前も、トランプ当選を半年も前に「予言」しましたからね。

 他にもTwitterで同じことをつぶやいた人がいたのを覚えています。

 どうやって菅義偉・自民党総裁は誕生したのか~安倍首相辞任の本当の理由

 見る人が見れば、既定路線だったのでしょう。

 その根拠は、昨年5月菅官房長官がアメリカに渡ったことらしいです。

 そこで、トランプ大統領、ペンス副大統領に菅さんは「首実検」をさせられたそうです。

「こいつで、大丈夫なのか。俺たちに言うことを聞く奴なのか」と菅さんはトランプたちに審査されたいうことでしょう。

 そして菅さんは、アーリントン墓地で献花を捧げました。日本でも報道があったので、私も覚えています。

 これには特別の意味があるらしい。

 アーリントン墓地は、戦没者の墓地、第2時世界大戦で亡くなった米軍兵士も眠っています。

 その人たちと戦った日本の代表者が献花をするということは、単なる平和の願い、鎮魂というきれいごとの意味だけではないのでしょう。

「私たち日本人がアメリカ人をたくさん殺してごめんなさい」という土下座の意味です。アメリカ政府からは、

「お前らのせいでこんなに死んだんだ。もう二度と逆らうなよ」

 と属国日本に命ずるメタメッセージと解するのが妥当です。

 歴代首相も次の首相も、この儀式をすることによってアメリカ政府に認められたのでしょう。

 私には、これが最も事実に近い物語だと思います。

(転載貼り付け)副島隆彦の学問道場 今日のぼやき 「「1893」次の首相は菅義偉(すがよしひで)だろう。去年5月アメリカで首実検済だから。」

 

副島隆彦です。今日は、2020年8月31日(月)です。

 次の日本国の首相は、菅義偉(すがよしひで 現官房長官)だ。石破でも、岸田でもない。
 私、副島隆彦がはっきりと予測(予言)をする。このことは既におそらく日本国内のトップ(権力の中枢にいる人間たち)の間では、既定事項だ。ちょっと政治に詳しい人間なら誰でも知っている。

 下↓ に載せる 産経新聞の 昨晩の9時半の記事「石破氏、菅氏出馬で戦略見直し 派内に非戦(ひせん)論も」を読めば分かることだ。

 だが、ではなぜ、菅(すが)で決まりか、を、解説出来る日本国内のトップ新聞記者や評論家はいない。私、副島隆彦が、今からその証明(プルーフ)をやってみせる。今から私が書くことが日本国内の政治言論を動かす。しっかり丁寧に読みなさい。政治家たちでもトップの10人ぐらいを除いては知らないことだ。私がこれから書くことが、日本国内の新聞記者たちの間に、ザワザワと広がる。

 ○○書房 ○○編集長へ   副島隆彦から 8月31日 午前9時
 私は、今朝2時に起きて、昨日の9時半の産経の記事を読んで、「これじゃあ、菅だな」と判断しました。その理由は、去年の(2019年)5月10日に、菅義偉は、普通は有り得ない、「異例」(首相の女房役の官房長官は、いざという事態のために国を離れられない決まりがある)の訪米をして、訪米して、ホワイトハウスでペンス副大統領に会って、“首実検(くびじっけん)”をされている。

 このペンス・菅(すが)会談の席に、ひょっこり横から、トランプ大統領が顔を出している。これを、drop in 「ドロップ・イン」と言う。ここで、トランプが、「よし、ペンス。こいつで大丈夫なんだな。こいつで、日本をきちんと纏(まと)めることが出来るんだな」で、菅と決まったのだ。

 トランプは、副大統領用の会議室で、菅のいる目の前で、英語で話せば、どうせ日本人には分からないと知っているから、横着、非礼にも、このような会話をペンスとした。 

 私は、このことを、学問道場サイトの、この「重たい掲示板」に、「菅がペンスに会いに行った」の新聞記事を載せて、そのように、はっきりと予言した。今からでもその文を探して読みなさい。

「日本の次の首相は、こいつで行く」とアメリカ政府が決めた。まだコロナ馬鹿騒ぎもない、去年の5月10日のことだ。アメリカの忠実な属国(ぞっこく)である、日本の首相は、このようにして、アメリカが決める。

|

« 太極拳の力 | Main | 朝日新聞にアドラー心理学 »