« 講義:自己とは何か | Main | デストピア »

December 23, 2020

騎馬武者は存在した!

 いわゆる歴史通を自称する人たちの中で、「武田騎馬隊なんて存在しなかった」「騎馬による戦闘はなかった」「武士は馬から降りて戦った」なんて言い方をする人がいます。

 その主な理由は、日本産の馬はサラブレッドに比べて小さくて背が低く、今でいうポニーに相当する馬だから、というものです。馬は荷物を運ぶために使われただけだ、なんて言う人もいるようです。

 でも鎌倉や戦国の絵巻物を見ると騎馬武者が突撃している場面が描かれていますし、文献的にも武士たちが馬を大切にしていたことが多々うかがわれるようです。甲府市では武田神社だったか、馬を大切に埋葬した戦国時代の墓も見つかっています。

 そんな騎馬武者否定の、一見合理主義者たちに反論するかのごとく、騎乗による武術は確実に存在していたことを証明する試みがあるようです。

 これを見ると、和種馬こそ山野や戦場を駆け巡るにふさわしいことが、十分にうかがえます。

 むしろサラブレッドのような競争馬では、貧弱過ぎて戦場では使えないでしょう。

 馬上武芸検証「武と馬」1、太刀、打刀の早駆け・紅陽台木曽馬牧場

 軍馬術、武芸のとしての乗馬1 甲冑騎馬武者・紅陽台木曽馬牧場

 新陰流の師範など、乗馬と甲冑武術に心得のある古武術家たちが参画しているようです。

 森の中を疾駆する姿など、これがメチャクチャかっこいい。

 まさに絵巻物の再現。

 昔日の身体能力の高い武士たちなら、きっとさらに巧みに乗りこなし、武器を扱っていたでしょうね。

 この場所はなんと山梨、富士山麓の牧場らしいです。来年、暖かくなったら是非うかがってみたいです。

 馬に乗りたい!

 

|

« 講義:自己とは何か | Main | デストピア »