May 19, 2017

真のアドラー心理学

 アドラー心理学の世界も狭いようで広く、実践者によっていろいろなスタンスがありますし、あり得ます。現在たくさんの団体、グループ、個人が活動していますが、それぞれ特徴があり、キャッチフレーズみたいなものもあるようです。すべてを直接知っているわけではないので、以下は長年アドラー心理学界隈に過ごしている私の主観に過ぎませんが、代表的なものを。
 
 一つは、 「正しいアドラー心理学」を標榜するところ。何が正しいアドラー心理学かを追求し続ける姿勢のようです。
 
 その志や良し。
 
 男子たるもの(女子の方が多いか)、一つの学問を究めるなら、そうでなければいけません。
 
 おそらくそこから発信される情報は質が高く、参考になる可能性があるでしょう。
 岸見先生とその著作が、最高のモデルだと思います。
 
 でもおそらくすべてのアドラー関係者が「自分は正しい」と思っているだろうから、正しさをうたう以上、「その根拠は何?」ということにはなります。私個人は、どんな分野でも一人のカリスマが牛耳っていて、その発言が根拠になっているようなところはダメだと判断しています。
 
 また、私がアドラーに限らずいろいろな運動体を見てきた経験では、「正しさ」を内輪でだけ言い合っているうちはいいのですが、社会的なムーブメントとして動き出したときに、妙なことをしだす場合もあります。
 
 そうすると、「あんたらの正しさって何?」「おいおい、大丈夫か?」という疑問や心配が出てきてしまいます。
 
 ドラマ『嫌われる勇気』を巡る日本アドラー心理学会の抗議に対して、私がこのブログビジネスジャーナルの取材であっさりと否定した時がまさにそうでしたね。あれは「正しさ」を稚拙に適用した例で、私はほんとに心配したのですよ。
 
 ただ、私は「正しさ」を原理主義的に追い求めることは実は支持しているのです。クリアーさには惹かれますね。そういうものも世には必要です。
 政治でも思想でも社会運動でも、原理主義は、全体のあるパーセントは存在しているものです。そこでは、カリスマに夢中になるような熱狂的な信者みたいな人たちが盛り上げています。基本冷めている私には、ある意味うらやましい。
 
 それに対して「寛容なアドラー心理学」をうたっているのが、岩井先生のところ。 「統合的」と言い方もしているようです。ペルグリーノ博士や岩井先生の雰囲気や人柄が、まさに寛容さを醸し出していて、実際そのために様々な分野のたくさんの人たちが集う大きなグループ、ネットワークになっています。
 おそらく日本のアドラー心理学関係では、一番多くの人が集まっているんじゃないのかな。私もその一人。
 
 寛容さがキーワードですから、穏やかで、適度に保守的で、あまり過激なことは言いません。大人の雰囲気がありますね。
 ある有名な臨床心理学者がその関係者の集まりに出て、「ここはほんとに健康な人たちでいい。臨床系は暗くて何言っているかわからん」とおっしゃっていたのが印象的でした。
 
 そのため社会的に受け入れられやすいのですが、横に広がりすぎて、いかに深めるかということで課題を持ちやすいと感じています。
 
 長々と何を言っているかというと、先日アドラー仲間と会って話していて、自分たちは何とするか、となったときに、上の二つではない、 「真のアドラー心理学」というのはどうだろう、と言った人がいたからです。 「しんの、あるいは、まことのアドラー心理学」ですね。
 その時は、ただ笑い合ったのですが、なかなかいいフレーズかもしれません。
 
 真のアドラー心理学は、時には「正しさ」を原理主義的に詰める一方で、時にはそれにこだわらずアドラー心理学が本来持っている寛容さ、鷹揚さも失わず、その精神の本質を探し続けようとします。
 
 そもそもいくら議論しても、「真」なんて、究極的にはわからないのだから、そういう姿勢を持つことで、絶え間ない対話に開かれているともいえます。
 
「正しさ」はどうしても判定的、評価的なニュアンスが出ますが、真理なんてないというポストモダンの時代だからこそ、「真」を出すことに開かれた意味が生じると言えるかもしれません。
 
 ということで、私は、真のアドレリアンを標榜しよう。

| | TrackBack (0)

May 06, 2017

『もしアドラーが上司だったら』

 もし、アドラーが上司だったら、どうでしょう?
 
 勇気づけてもらえるからやる気がわいてきて、いいチームにいられたという気になって、自分が役に立てたという思いを持てるようになるでしょうか。
 
 でも、アドラー心理学はけっこう厳しいところもあるから、仕事はキッチリやることを求められるかもしれません。自分の課題は明確にされ、結局自分次第で頑張らないとならないことに気づかされそうです。
 
 それでも、フロイトが上司だったらいうこと聞かないとハチにされそうだし、ユングだったらわけわかんないこといわれそうだし、おまけに突然ひきこもったり、女の子に手を出しそう。
 スキナーだったら、ロジャーズだったら、マズローだったら、などと勝手に考えると面白そうですね。他派の臨床心理士、学者さん、是非出してみてください。
 
 小倉広著『もしアドラーが上司だったら』(プレジデント社)は、主人公の若きサラリーマンのリョウと、アドラー心理学を身も心も体現した上司(通称ドラさん、身というのは外見までも)の対話と、主人公の成長物語です。
 
 この春の発行後、著者の小倉さんから贈呈していただきました。小倉さん、ありがとうございます。
 
 一読して、さすがたくさんの著書をお持ちの小倉さんらしく、一般の人の心に入りやすい言葉と物語で感心しました。
 しかし、シンプルのようでいて、かなりアドラー心理学の本質が練り込まれていて、楽しくも充実した内容です。
 
 特に参考になったのは、組織において、アドラー心理学をどのような発想で使っていくかというところ。
 中でも「機能価値」「存在価値」という考え方は印象深かったです。
「いいかい、リョウ君、キミはね、『機能価値』と『存在価値』をごちゃ混ぜにしているんだ。言葉を換えるなら『Doing(やり方)』と『Being(あり方)』と言ってもいい。キミは『Doing』が上手でなくて『機能価値』を上手く発揮できていないだけだ」 p96
 相手を受け入れ尊重するということと、組織の論理とをどう折り合いをつけるか、一人の人間にとってはなかなか難しく感じられるところですが、うまく整理してくれたと思います。私もこの概念を使わせていただきたいと思います。
 
 連休も終わってしまいますが、是非お読みください。
 
 

| | TrackBack (0)

April 22, 2017

『Number』誌にアドラー心理学特集!

 日本の代表的なスポーツ誌『Number 925号』(文藝春秋)で、アドラー心理学特集です。
 
「スポーツ 嫌われる勇気」というテーマ。
 
『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)の共著者、古賀史健さんが、ラグビー日本代表元監督・エディー・ジョーンズさんにインタビュー、岸見一郎先生はボクシング日本代表、ロンドン五輪金メダルの村田諒太さんと対談しています。
 
 そして、小平奈緒選手(スピードスケート)や田中志朗選手(ラグビー日本代表)らのインタビュー、イチロー、本田圭佑、松井秀喜選手、栗山英樹監督らをアドラー心理学的視点から解説するという記事が並んでいます。
 
 いまやアドラー心理学は、いろいろな分野で語られていますが、スポーツでこれほどストレートに扱われるのは初めてではないでしょうか。アメリカでアドラー心理学を修めた平本あきおさんや梶野真さんとかが、一部の選手へのコーチングをしていましたが、スポーツ評論で語られたことはなかったと思います。こう来るか、と少し驚きました。
 
 エディー・ジョーンズさんはアドラー心理学を特に学んだことはなかったのですが、インタビューで古賀さんの話を聞いて、「素晴らしい。完全に同意します」と答えています。
 
 縦社会の代表のようなスポーツ界で、アドラー心理学がこのように取り上げられるのは、今後かなりのインパクトを与える可能性があります。
 
 スポーツ関係者は是非、お読みください。
 

| | TrackBack (0)

April 18, 2017

『アドラー臨床心理学入門』買えます!

 長らくAmazonで在庫がなかった『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)が、購入できるようです。
 
 増刷になったということだと思います。
 
「通常2~5週間以内に発送します」とあるので、配送センターに在庫がなく仕入れ先から取り寄せる、ということみたいです。
 
 何にせよ、買えるようになったのでよかったです。
 
 アドラー心理学によるカウンセリング、心理療法の基本テキストとして、是非手に取ってみてください。
 
 

| | TrackBack (0)

April 11, 2017

アドラー派のプレイセラピーがエビデンスあり

 アメリカでアドラー心理学に基づくプレイセラピーが、「エビデンスのある心理療法」の一つに認定されたという情報が入りました。
 
 
 このプログラムは、子どもが非建設的な行動から建設的な行動に移れること、他者とつながる力を養ったり、自信や共同体感覚(Social Interest)を高めたり、自分や他者に対する破壊的な信念を調整したり、等々を目指しているとのことです。
 
 プログラムを開発したのは、Terry Kottman さん。アドラー派のプレイセラピーの第一人者です。
 
 本ブログでも以前、著書を紹介しました。一時期、山梨の仲間とその読書会をしていたこともあります。
 
 思想的な側面が強いアドラー心理学の成果を科学的なエビデンスの形で出すのはなかなか難しいところですが、コットマンさんたちは臨床でも研究でも頑張っているようで素晴らしいです。
 
 私も20代、30代の児童相談所時代にプレイセラピーはしこたまやりました。アドラー心理学を特に意識したわけではなかったですが、勇気づけやライフスタイル論の視点はやはり有効だと確信していました。プレイセラピーを巡るキーワードには、「愛着」とか「抱えること」みたいな言説が多いと思いますが、これはそれらをさらに先に進める力があると思います。
 
 残念ながら私はプログラムという形は考えつかなかったですが、日本でも力のある人は是非トライしてほしいと思います。

| | TrackBack (0)

April 06, 2017

『おしえて アドラー先生!』

 アドラー仲間で、何冊もご一緒させていただいた八巻秀先生(やまき心理臨床オフィス、駒澤大学教授)が、小学生向けの本を出しました。
 
 
 先日先生にお会いした時に、できたてをいただきました。ありがとうございました。
 数あるアドラー本の中で、直接子どもを対象にしたものはあるようでありませんでした。これはその意味でも画期的ですね。
 
・なんとなく苦手な子、どうしたら好きになれるんだろう?
・友だちとけんかしちゃった。仲直りしたいけど
・自分だけ冷たくされている気がする・・・先生に嫌われているのかも
・友だちの輪にどうやったら入れるかな?
 
 などといったお悩みに、アドラー先生が答える感じになっていて、カラーでやさしいイラストが見ていて楽しいです。
 
 回答もさすが八巻先生らしく、明確だけど包容力があって読んでいて気持ちよく、背景にアドラー心理学だけでなくブリーフセラピーやナラティブ・セラピー、オープンダイアローグのエッセンスも入っているのがうかがえます。
 
 プレゼントでもいいし、授業の副読本や子どものカウンセリングなどでも使えると思います。
 
 是非、使ってみてください。
 

| | TrackBack (0)

April 02, 2017

『英語でたのしむ「アドラー心理学」』

 アドラー自身の著者を英語の教材にした面白い企画です。
 
 
 岩井先生をはじめ何人かのアドラー仲間がブログで薦めていたので、英語の勉強のつもりで買いました。
 
 考えてみれば、これまで「アドラー心理学」の英語文献はたくさん読みましたが、アルフレッド・アドラー自身の言葉を直接英語で読んだことはあまりありませんでした。古くは高尾利数先生、最近は岸見一郎先生の名訳があったから、基本文献はそれで十分と感じてましたからね。わざわざ原書を見ないです、持っていても。
 
 だから翻訳されていない本や論文をいくつか目を通したくらいかな。
 
 本書を読んで、「アドラーの英語って簡単じゃん」と思いました。
 
 本書で引用元にしている What life could mean to you はドイツ語を母国語とするアドラーが初めて英語を使って書いた著書なので、非常にわかりやすく、ストレートに理解することができると著者は言います。確かにそうだと思いました。
 著者の訳と解説付きだから、高校生ぐらいの英語力があれば大丈夫だと思います。
 
 著者は特別アドラー心理学を学んだわけではないようですが、アドラーの言葉に感動し、独自にアドラーの著書から学び、人生の指針にしてきた英語教育学者だそうです。大学院では心理学を専攻し、心理学の理論を応用した英語教育を研究されていて、NHK教育テレビの講師も務めたことがあるそうだから、知っている人もいるでしょう。
 
 こういう人もいるのですね。
 
 アドラー心理学の隠れた影響を見つけることができました。
 
 これからもっとアドラー自身の言葉に親しもうと思いました。
 

| | TrackBack (0)

March 31, 2017

ドラマ『嫌われる勇気』を巡って

 早稲田大学教授の向後千春先生が、日経ビジネスオンラインで、『嫌われる勇気』をはじめ、アドラー心理学の解説をしています。
 
 
 教育工学がご専門だけあって、いつもまとめ方、伝え方がとても巧みです。逆にいうと下手なら信用されなくなるので、大変だといえるかもしれませんが。私もプレゼンの準備とか執筆などは一応工夫はするけど、最後は「まあ、テキトーでいいや」で、ささっとやめてしまいます。
「1対1は慣れているけど、人前で話すのは慣れてないので」と劣等コンプレックスも使ったりして。
 だからテストもケアレスミスとか計算ミスとか多かったな。
 
 それはともかく、先生は、ドラマ『嫌われる勇気』について、全体として岸見一郎先生と古賀史健さんの立場を想像しながら擁護しつつ、「テレビドラマは娯楽ですし、私はそんなに目くじら立てなくてもよいのではないかと思いますけれども。テレビで放送されることをキッカケとして、アドラー心理学を知ってくれる人は増えるでしょうからね」とおっしゃってます。
 
 先生は日本アドラー心理学会の人ですから、あくまで穏やかに、やんわりと話していますが、基本的な視点は私と同じだと思いました。
 
 あちらにも「良識派」がいることがわかります。
 
 私は外部の人間で、野田先生は存じ上げてますが弟子でもないので、同学会の抗議ははっきりと「明確に否定」させていただきました。
 
 
 
 私も少しはアドラー心理学界に波風が立てることができたかもしれません。

| | TrackBack (0)

March 18, 2017

ドラマ『嫌われる勇気』終了

 ドラマ『嫌われる勇気』が終わりました。日本アドラー心理学会の抗議でネガティブな意味でも話題をまきましたが、内容的には悪くなかったと今でも思っています。ネタバレになるので書きませんが、最後にいい感じにまとまったのではないでしょうか。真犯人もビックリでした。
 
 終わりの方で同僚刑事も言っていましたが、ああいうツンデレ女子がたまに見せる笑顔はなかなかいいものですな(完全オヤジモード)。
 
 同学会が中止要請までしたにもかかわらず、最後まで放映されてよかったです。フジテレビは正しい判断をしました。
 
 視聴率的には苦心したとされていますが、昨今のドラマ全般の低調傾向の中で、内容的にも難しいテーマだし、確かに庵堂蘭子の性格はかわいくないので、それほど高くなることはないだろう、と予想はできました。あんなものでしょう。
 
 私的には、これまで再三、本ブログで擁護してきて言うのもナンですが、当初それほど熱心な視聴者ではありませんでした。「ブームに乗ってよくやるよ」と思ったのが正直なところでしたね。多分、多くのアドレリアン、アドラー心理学ファンもそうだったのではないでしょうか。
 
 ところが突っ込みどころがありながらも意外に面白いので、楽しんで観るようになりました。そしたら日本アドラー心理学会の抗議がマスコミに出てビックリ。
「人が楽しんでいるんだから邪魔すんじゃねえよ」とムカついたと同時に、「これは放っておくといかんぞ」と気づいて、もっときちんと考えて発信しなければと思い直しました。
 
 いかんぞ、というのは、先ず報道記事を読んで、日本アドラー心理学会の抗議内容は私とは正反対の意見で、私から見るとアドラー心理学的にも間違っている可能性が高いこと、同学会があたかも日本のアドラー心理学シーンの代表で、引っ張ってきたような間違った印象を人々に与えてしまうことでした。
 私が書いてきたことは同学会員には不愉快でしょうけど、またそこにも良い先生がいることは知っているけど、アドラー心理学的解釈として間違っていること、事実として違うところは指摘する必要を感じたわけです。
 
 庵堂蘭子張りに、「その抗議、明確に否定します」
 と人々に伝えようと思いました。
 
 それでさらに真剣に観るようになって、これほどドラマに向き合ったのは、『真田丸』ぐらいでしたね(笑)。
 
 
 いっぱい書きましたね。
「正しいアドラー心理学」を発信しなくては、という私なりの共同体感覚の発露でした。少なくとも「視聴者共同体」には貢献できたのではないかな。
 
「アドラーの思想とかけ離れている!」と騒いだ人たちより、深くて良い解釈ができたのではないかと思います。やっぱりドラマは真剣に観て、かつ楽しまなきゃね。
 
 庵堂蘭子の造形について、発達障害特性があるのでは、と書いたことがありましたが、(どんなキャラがいいかな)、前回のドラマで、庵堂蘭子自身が「私は子ども頃からなぜか人とうまくやれなかった」などと話していたので、もちろん診断名は言わないものの、そのような視点で作ったキャラであることが推測されました。つまり、そのような人物がアドラー心理学に救われた、ということが暗示されていたわけです。
 だから「協力の姿勢が見られない」「共同体感覚に欠けている」なんて単純に言わない方がいいってことです。
 
 まったく、読みが浅いんだから。
 
 そんなことを書いていたら、ひょんなことからマスコミ2社から取材の申し込みがあり、1社は実現しました。出してみるものですね。
 
 
 取材を受けるにあたって、初めて日本アドラー心理学会の抗議文を読みましたが、こんな内容では私のブログ記事の方がよっぽど正しい、まともだと思いました。
 たかがテレビドラマだから見解の違いは別にかまわない。しかし、今回は抗議という政治的行動に出ているので、改めてこのままではいけないと思って話をさせていただきました。
 
 この影響や反響はどうだったのかはよくわかりませんが、twitterの『嫌われる勇気』クラスタの人たちには話題になったみたいで、熱心な視聴者らしき人が何度もリツイートしてくれたようです。
 
 ヒューマンギルドの岩井先生もニューズレターで「大変説得力がある。是非お読みください」と勧めてくれていました。ありがたいことです。多くの会員の人たちも読んでくれたことでしょう。
 
 実は上記ブログ記事のほとんどは、アップする度に番組HPのメッセージコーナーから、メールと共に送っていました。香里奈さんはじめ、制作陣を勇気づけるためです。「アドラー心理学的にもいろいろな考え方があるのだよ。(抗議は)気にしなくていいよ」ということを伝えたかったのです。
 
 その効果は定かではありませんが、制作陣が少しでも励まされ、番組継続に役立ったのなら幸いです。
 
 とにかく、私にとっては、アドラー心理学を思い切って好きなように論じることができて(なんといっても架空の話ですから)、なおかつドラマの進行と共に社会活動までしてしまったという面白い体験でした。その意味では、日本アドラー心理学会に感謝しなきゃね。
 そして、同学会員に限らず、私の記事で考え直してくれる人、違った視点を持ってくれる人が増えてくれたら幸いです。
 
 難しいテーマに挑戦して、なんとかドラマを創り上げた制作陣、役者さんたち、アドバイザーの岸見一郎先生と古賀健史さんには賛辞を贈りたいと思います。
 
 ありがとうございました。
 お疲れ様でした。
 
 

| | TrackBack (0)

March 14, 2017

『アドラー臨床心理学入門』増刷!

 一昨年に出した『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)の増刷が決まったようです。
 
 これで3刷りになるかな。
 
 もはや、アドラー心理学の基本テキストの一つにはなっているような気がします。
 
 一般書とは言い難いので、他のアドラー本に比べて出ている数は大したことないけど、多くのカウンセラーや支援者に読んでいただけているようでうれしいです。
 
 もちろん、一般の方も、自己啓発書などでアドラー心理学を知った後の、アドバンス編として触れていただけます。
 
 より深く、アドラー心理学の理論と技法を知ることができます。
 
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧