November 10, 2018

アドラー心理学の未来

 少し前に紹介した『Adlerian Psychotherapy』の終わりの方に、アドラー心理学の課題、未来のあるべき方向性を考察した章があります。著者以外にアメリカの主なアドレリアンが答えていて、いろいろな意見があるのが興味深いです。

 例えば、著者は次のように言っています。以下、意訳、要約します。

・もっとアドラー心理学についての調査や研究をしたり、奨学金によって、エビデンス・ベイストのアドラー心理学(Adlerian evidence-based psychotherapy)の輪郭を描き出すことが必要である。

・アドラーのアイデアは、スクールカウンセリングの分野でよく確立されている。ペアレンティングやコンサルテーションや子どもの発達に関するガイダンスに力を入れているからだ。

・アドラー心理学は二つの領域に特に適している。一つは多文化やコンテキストを考慮しなくてはならない領域と、ポジティブ心理学のような成長志向、ストレングス志向の領域である。

 科学的なアドラー心理学を目指す著者に対して、ドライカースの娘、エバ・ドライカース・ファーガソンは、反対のようです。

・多くのセラピストは症状とそれを楽にすることに焦点を当てすぎている。アドラー派のアプローチは、長期的な社会・認知的な変化(long-term social-cognitive changes)を目指すものだ。所属とか意味の感覚を。

・アドラーの社会変革の強調は、未来の心理学でも生き残っていくだろう。

 反対にロイ・カーンという学会誌の編集長は、

・アドラー派のライターや研究者は、もっと他の認められたジャーナルで発表するべきだ。

・アドラー心理学を教える専門家、学部が必要である。

・アドラー心理学は大学をベースにしないと、その理論は心理学のテキストの中のただの脚注に過ぎなくなってしまうだろう。

 とまで言っています。

 このようにいろいろな意見があり、アドラー心理学の未来に対してある種の危機感を抱いている人もいるようです。面白いので、次回以降もメモしようと思います。

| | TrackBack (0)

November 05, 2018

『臨床アドラー心理学のすすめ』重版!

 前記事でアメリカのアドラー心理学のテキストを紹介しましたが、日本にもあるのですよ。

 何を隠そう、私も書いてます。

 その一つ、 『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)の第2刷りが出ることになりました。初版は1,000部だったということで、専門書にしては上出来だと思います。3000部出ればベストセラーといいいますからね。

 アドラー自身の本は岸見先生訳で、アドラー心理学の自己啓発、子育て系は岩井先生関係の著者たちで充実していますが、臨床本は類書があまりないので(そのほとんどに私が絡んでますが)、当分日本のその分野では本書が基本テキストになり続けるでしょう。

 特に遠見書房さんは心理系の学会によく出店しているので、これからもより専門家の方に見ていただけるかもしれません。ロングセラーになる予感です。

 カウンセリング関係の方、是非お読みください。

 アマゾンにない場合は、書店か直接遠見書房にご注文ください。

| | TrackBack (0)

November 01, 2018

『Adlerian Psychotherapy』

 先週末はヒューマン・ギルド岩井俊憲先生が山梨に来県し、「アドラー心理学ベーシックコース」を開催していました。山梨のアドラー仲間の森崎千秋さんが主催し、20人もの参加者があったようです。

 小さい県とはいえ、山梨のアドラー心理学は人材が豊富で充実しています。さらに仲間が増えてくれたようで、うれしいですね。

 私も学びをさらに進めていきたいところです。まず基礎が終わったら、次はカウンセリングを学ぶ人が多いでしょう。本格的にアドラー心理学によるカウンセリングや心理療法を学びたい人に絶好の入門書があります。

 Jon Carlson and Matt Englar-Carlson 『Adlerian Psychotherapy』

 新宿の紀伊国屋書店の洋書コーナーをぶらぶら歩いていたら見つけたのでした。なんと日本で買えるとは。

 アドラー心理学の代表者的立場として、APA(アメリカ心理学会)でも活躍したジョン・カールソン先生が著したものです。残念ながらカールソン先生は昨年だったか、亡くなってしまいました。

 本書には、アドラー心理学の歴史や理論から、具体的な方法、事例まで、しっかりと説明されています。

 英語としり込みしなくても大丈夫です。本書は他の英語のアドラー本に比べても格段にやさしく書かれています。ちょっと驚きました。高校生くらいの力があれば十分だと思います。

 読んでみましょう。

 

| | TrackBack (0)

September 04, 2018

2018アドラー心理学自主シンポジウム

 8月31日(金)午前10時、日本心理臨床学会の2日目、神戸国際会議場402教室で、 「臨床アドラー心理学のすすめ~心理臨床実践で活かしていくために~」と題された自主シンポジウムを行いました。

 公認心理師試験の1週間前というバッドタイミングで、いつもは何千人もの参加者でごった返している学会はかなり少ない印象でした。だからアドラー心理学なんてどマイナーなものにどれだけの人が来るのか多少は心配でした。でも来なければ来ないで、言いたいこと言い散らかして立ち去ろうという気持ちでしたね。

 果たして朝一番の時間帯にもかかわらず、ざっと数えたところ、40人もの人が会場に入ってくれたみたいです。今までやった中でも多い方だと思います。

 その様子は八巻先生の日記にも出ていますが、内容を少し報告します。

 まず鈴木義也先生(東洋学園大学教授)が先陣を切って、 「アドラー心理学を使う勇気」を話してくれました。そう、臨床心理士など心理職は、これだけアドラー心理学がブームになっても、なかなか手を出そうとしてくれません。そんな「アドラーへの抵抗」状況をユーモラスに語りながら、「アドラーへの期待」「アドラーでよかった」ことを話してくれました。

 得体のしれないものへの警戒感(?)をもって会場に来た人には、良いほぐしになったことでしょう。

 続いては私の番、 「心理臨床と課題の分離」というテーマで、最近のアドラー心理学といえば出てくる「課題の分離」について焦点を当てました。実際、日常実践でも臨床でも、最も使うのはこれだと思うので、臨床技法としての課題の分離を提案しました。質疑応答でもここは質問しやすかったようで、フロアからよく出ていましたね。私も手ごたえを感じました。

 何となく本の中でしか知られていない「課題の分離」をさらに技法として明確に、使いやすく提示できるようにしたいと、心に決めました。

 次は八巻秀先生(駒澤大学教授、やまき心理臨床オフィス)が、お得意の対話主義、オープンダイアローグとアドラー心理学を絡めて、最先端の臨床思想を解き明かしてくれました。心と言葉に対するフロイトとアドラーの違い、オープンダイアローグとアドラー心理学の深いレベルでの共通点など、いつも大変勉強になります。

 最後は、コミュニティ心理学の大家、箕口雅博先生(立教大学名誉教授、IP心理教育研究所)による指定討論、コメント。「アドラーは世界で最初のコミュティ・サイコロジストである」ことを主張され、コミュニティ心理学とアドラー心理学を対比させ、 「アドレリアン・コミュニティ・アプローチ・モデル」という新しい発想を紹介してくれました。

 3年ぶりの本学会での自主シンポジウムでしたが、とても充実感があり、終了後、これからもこういう活動を続けることの意義をみんなで確認し合いました。次回以降は、私たち以外のアドレリアン臨床心理士・公認心理師の方たちにもご登場を願うことになるかもしれません。

 

| | TrackBack (0)

August 28, 2018

アドラー心理学シンポジウムやります

 橋口さんもアップしくれていましたが、今週末の第37回日本心理臨床学会大会でアドラー心理学の自主シンポジウムをします。

 昨年出した『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)の出版記念ということで、執筆者全員、対談で登場していただいた箕口雅博先生も指定討論者として登場です。

 場所は神戸、公認心理師試験の一週間前というタイミングで、どれだけの参加者があるのかわかりませんが、日本一でかい学会であるし、そこそこ来るでしょう。ただマイナーなアドラー心理学ですから我々の集客はどうでしょうかね。

 ご参加の方、よろしかったらどうぞ。

 あらかじめ書籍コーナーで本を買ってくれたら、全員のサインをもらえるかもよ。

「臨床アドラー心理学のすすめ」
  -心理臨床実践で活かしていくために-

八巻秀(駒澤大学・やまき心理臨床オフィス): 企画者、司会者、話題提供者

鈴木義也(東洋学園大学): 企画者、話題提供者

深沢孝之(心理臨床オフィス・ルーエ): 企画者、話題提供者

箕口雅博(立教大学・IP心理教育研究所): 指定討論者

8月31日午前10時 402教室

| | TrackBack (0)

August 19, 2018

『イラスト版子どものアドラー心理学』

 学校は早いところだともうすぐ二学期になりますね。スクールカウンセリングも始まります。

 子どもとのカウンセリングで、アドラー心理学を使いたいときに使える副読本が出ました。

 岩井俊憲監修、菊池典子・池田彰子著『イラスト版子どものアドラー心理学 勇気と自信ががつく45のスキル』(合同出版)

 アドラー心理学の考え方を、イラストとワークで理解できるように工夫されています。見たところ、勇気づけのセミナーELMをもとにつくってあるようです。目的論とか認知論などの諸理論が子ども向けに説明されていますが、けっこう網羅されていて本格的です。

 全部で45のスキルとあるので、現場では必要なところを使えばよいでしょう。レベル的には思春期、中学生くらいの子ども向きですかね。

 本書は先日、著者の一人である菊池さんにある飲み会でお会いした時に贈呈を受けました。菊池さん、そして池田さん、岩井先生ありがとうございます。使わせていただきます。

 本書を見て、一般向けのアドラー心理学のワークブックは岩井先生が既に出していますが、よりカウンセリングやセラピー向けのワークブックがあってもいいと思いました。アドラー心理学を勉強するためというだけでなく、解決志向ブリーフセラピーや認知行動療法、精神医学を統合させたようなものが浮かんできます。誰か志のある方いませんかね。

 

| | TrackBack (0)

June 10, 2018

『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法』

 前記事は精神医学からみた不登校対策の本でしたが、これはアドラー心理学からのアプローチです。

 アドレリアン教師にはおなじみ、あの赤坂真二先生の『「気になる子」のいるクラスがまとまる方法!』(学陽書房)です。

 本書には不登校も発達障害にも特に言及していませんが、対象にしているのは明らかにその可能性やリスクのある子どもたちです。

  赤坂先生も、そういう子どもに対しても対応可能な方法を示していることを、「専門的見地から見てもそう的外れなことは言っていない」とそれとなく言っています。本当にその通りの内容になっています。

 実は本書はアドラー心理学にも表立って言及していませんが、内容はまさにそのものです。

 本書では、“気になる子”が「発達障がい」であろうとなかろうと、学級におけるひとりの「居づらさを感じがている」子どもと捉えます。“気になる子”の問題を「障がい」で見るのではなく、「居づらさ」から見ます。学級担任が、彼らを含めて学級をまとめていくにはどうしていったらよいのかを示していきたいと思います。 p16

 と述べている通り、問題や症状を「個」の問題として「個別支援」の対象とするだけではなく、学級の力を育てることで、その気になる子どもの問題を解消することができるはずです。それができたら素晴らしいと思う。

 “気になる子”の「気になる行動」にともなう問題の多くは、行動そのものにあるのではなく、周囲の子どもとの人間関係にあるのではないでしょうか。彼らの「気になる行動」によって、周囲の子どもたちと人間関係上のトラブルを生じ、それが「居づらさ」や「困り感」になっているのではないでしょうか。“気になる子”の問題をすべて「個の問題」に帰するのではなく、もっと周囲との関係性から見ていいのではないでしょうか。個別支援で解決の糸口が見えないならば、もっと積極的に学級の子どもたちの力を活用したらどうでしょうか。多くの“気になる子”の問題の解決は、実は、学級の人間関係づくりにあるのです。 p3

 これは「一人の心を大事にする」とうたいがちな臨床心理士やスクールカウンセラーが陥りがちな盲点を見事に指摘していると思います。

 私たちカウンセラーは、勝手な解釈と先生たちにできないことを求めるようなコンサルテーションをしていないか自問してみる必要があるかもしれません。

 個か集団かではなく、個も集団もバランスよく大事にするにはどうすればいいか、教師だけでなくカウンセラーにとっても示唆に満ちた、わかりやすく、実践的な本です。

 さすがです。

| | TrackBack (0)

June 03, 2018

ハロルド・モサック博士ご逝去

 北米アドラー心理学会からメールが来ました。

 アドラー心理学界の重鎮、ハロルド・モサック博士(Dr. Harold Mosak)が亡くなったそうです。96歳とのことです。

 1952年に、ルドルフ・ドライカースとバーナード・シャルマンと共にシカゴにアドラー心理学研究所(現在アドラー・ユニバーシティー)を設立し、たくさんのアドレリアンを育てました。

 本ブログでもご著書を紹介させていただいたことがあります。

「現代に生きるアドラー心理学」

 私が昨年、一昨年と渡米したときは既に学会にはお出でになれず、お会いすることはかなわなかったですが、「アドラーおたく」として何冊もの本、何本もの論文を拝読し、僭越ながら同じ臨床心理学畑のアドレリアンとして、ライフスタイル・アセスメントの仕方で大きな影響を受けたと思います。

 メールによると、モサック博士はアメリカとイリノイ州の最も初期の心理学者のライセンスを取得した一人で、ライセンス・ナンバーは37だったそうです。アメリカ心理学会(APA)の終生会員でフェローでもありました。

 まさにレジェンド。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | TrackBack (0)

May 18, 2018

アドレリアンがうつにならないために

 前記事「アドレリアンはうつになるか」で、アドラー仲間のぐうたら三昧こと橋口さんが自身のブログでコメントをしてくれました。
 
 
 そう、うつとうつ病は一応分けておく必要がありますね。
 
 その上で、その人のライフスタイルがうつ病を必要としているのなら、論理的にアドラー上級者とはいえないでしょう。厳しいところですが、アドラー心理学が「日常生活での実践」をうるさいくらい求めるのだから仕方ないです。
 
 自分がうつ病になった時のことを考えると、あまり偉そうなことは言えないですけど、世間から私は心理臨床界の代表的なアドレリアンと「誤解」される可能性があるので、後ろ指指されないように、せいぜい養生したいと思います。
 
 それにしても、うつにならないための因子は実は、共同体感覚とか勇気とか、ストレスマネジメントとかではなく、「人を呪わば穴二つ」とか「口は禍の元」、「因果応報」なんかを心に留めて生活することではないかと思う今日この頃なのだ。

 なんでそう思ったかは言わないけど。

 
 ここは私も思い当たるところが多々あるので、気をつけないと。
 
 

| | TrackBack (0)

May 15, 2018

アドレリアンはうつになるか

 最近ふと考えることです。
 
 アドラー心理学の達人、「正しいアドレリアン」がいたとしたら、その人はすなわち、「共同体感覚が高い」はずで、「共同体感覚は精神的健康のバロメーター」なので、それならその人ははうつ病にならないか、なりにくいということになります。
 
 アドラー心理学はライフタスクからの逃げとして症状をとらえるので、その達人はアドレリアンにもかかわらず問題から逃げていることになります。つまり実践できていない人になってしまう。
 
 さて、どうなんでしょう。
 
 アドラー心理学を正しく実践している「達人」が精神的に不健康(例えばうつ病)になったとしたら、どのような状態や条件がある場合といえるのでしょうか。
 
 いや、うつ病になっていはいけないというわけではないのですよ。
 私だっていつそうなるかわからないし。
 
 また、元々うつ病やメンタルに問題を抱えていた人が、アドラー心理学を知り、実践して回復したり、再発したり、そしてよくなったり、というのはいいのです。よく聞きますし、わかりやすいストーリーですから。
 ただ、あるレベル以上になったら、それはちょっとまずいでしょう、と言われてしまうのは仕方ないでしょう。
 
 これは禁断の問いですかね。
 
「いや、レベルの高いアドレリアンだって『不完全』なのだからうつ病にだってなる!」と主張することはできるでしょうけど、ちょっとこれは逃げている気がする。
 
 それとも双極性障害のように身体的器質の要因が強く、ライフスタイルとは関連が薄いとでもいうのでしょうか。
 
「アドラーやる人は軽そう状態になっている」と評した人がいましたが、ここはアドラー心理学と精神病理、心理臨床を考える上で、さまざまな問いが立てられそうな気がします。
 
 今度機会があれば、研修会なんかで仲間とディスカッションしてみようかな。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧