January 20, 2018

朝日カルチャーセンターでアドラー心理学講座

 定期的に開催している朝日カルチャーセンター湘南教室でのアドラー心理学講座、なぜか私が担当することになって3年目になります。
 
 3月にまたあります。
 
 アドラー仲間の橋口さんがブログで告知してくれていました。ありがとうございます。
 
 毎回テーマを絞ってお伝えしていて、今回は人の行動の理解の仕方について思うところをお話ししたいと思います。
 よろしかったらご参加ください。
 
 日時:2018年3月1日 午後3時~5時半
 
(内容)
「アドラー心理学」とは、アルフレッド・アドラー(Alfred Adler、1870-1937)と後継者たちが築き上げた心理学のことです。人間の主体性と勇気を重視し、人間を過去に縛られるのではなく、未来の目的に向かって生きる存在とみなす心理学です。
 アドラー心理学の基本的な考え方のひとつに、「目的論」があります。
 人は人生や対人関係において何を目指して行動しているのかがわかると、自己理解と対人関係に大変役に立ちます。
 特に目的論の考え方は、子育てや教育に、大いに役に立つといわれ、これまで多くの成果を出してきました。また、自己実現や幸せに生きるためにも重要な考え方です。
 当日は、簡単な実習を交えて、わかりやすく説明していきます。
 
 

| | TrackBack (0)

January 10, 2018

今年のアドラー心理学シーン

 もう1月も半ばになりますが、年の初めに抱負というか希望も兼ねて今年のアドラーシーンを占ってみましょう。自己啓発的にはアファーメーションといいますか、古神道では予祝というらしいけど、起きてほしいことをあらかじめ言祝ぐことがいいらしいです。言霊思想ですね。
 
 主に心理臨床分野に限りますが、アドラー心理学未開拓分野だから、広がる余地が大きいと思うのでやりがいはあります。子育て、教育、産業・ビジネス分野は他の方がデザインしてくれるといいです。
 
 前記事でお伝えしましたが、日本臨床・教育アドラー心理学研究会は7年も地道な活動を続けてきましたが、今年は大きなステップアップの年になりそうです。
 3月の大会の後、4月はアメリカから大物アドレリアンを招聘してワークショップをやります。
 日本アドラー心理学協会とヒューマン・ギルドとの共催です。岩井俊憲先生のブログにちょこっと発表されています。
 詳細が決まったら、ここでもお伝えしますね。
 
 日本臨床・教育アドラー心理学研究会はさらにいろいろ企画してますので、お楽しみに。
 
 9月は日本心理臨床学会で久しぶりに自主シンポジウムをします。アドラー心理学を論じ、議論する場を提供します。
 ただ公認心理師の国家試験直前で、出る人も行く人もみんな大変そう。例年は超マンモス大会ですが、今年は参加者はいるのか。
 
 私は昨年2冊の本を共著と編著で上梓しましたが、今年も1冊はいけそうです。テーマは思案中、トラウマか発達か不登校か・・・。
 アドラー心理学で臨床やカウンセリングをするということはどういうことか、こんな風にやってみたがいかに、という姿勢で開けっぴろげに世に問うことは、決定的に重要なことだという信念があります。今年も批判覚悟で出します。
 
 ヒューマン・ギルド勢の勢いは今年も止まらないでしょう。一騎当千の人たちが今年もセミナーや出版に活躍されるでしょう。さらに何人もの人がヒューマン・ギルドにとどまらず、いろいろな学ぶ場に出て研さんを積んでいると聞いています。そこから新しいアドレリアンが現れることを期待します。
 
 そして、私が昨年本ブログで提唱したアドラーリーグの方向に全体が緩やかに動いていくでしょう。
 
 身近なところ以外では、岸見一郎先生の本はさらに世界に広がる気配らしいです。東アジアから東南アジア、インド、アメリカにも翻訳されるかもしれません。日本発のアドラー心理学が世界に広がるといいですね。
 
 アドラー心理学の弱点は心理臨床分野の浸透度の低さ以外に、実証的データの乏しさがあると思います。いわゆるエビデンスですが、アドラー心理学はいいものだと多くの人が語りながら、それを根拠を持って出すのがとても難しいところがあります。
 別に認知行動療法の向こうを張る必要はないし、そもそも治療効果をうたうものでもないと思いますが、何らかの説得力のあるデータはほしいところです。
 その点、早大の向後千春先生のところからや、優秀な研究者、実践家の台頭が望まれます。
 
 私の頭じゃ無理。
 
 ちなみに向後先生は、昨年末に出した『思春期・青年期支のためのアドラー心理学入門』(アルテ) についてAmazonでポジティブな書評を書いてくれてました。ありがとうございます。
 
 そして最後に、意外に思われるかもしれませんが、野田俊作先生の新著の登場を実は心から望んでいます。
 昔の『トーキングセミナー』の復刻版みたいなのは出ましたが、「昔の名前で出ています」みたいで、あまり感心しませんでした。終わった人みたいに思えてしまいます。
 私は先生を取り巻くグループや、チベット仏教にも今さら関心はありませんが(中沢新一さんの本を散々読んだし、友人にアメリカのチベット仏教修行者が何人かいるし、多少チベット仏教の瞑想法を体験したこともあるので)、先生の理論的で先鋭的なものは読んでみたい。そして参考にしたい。
 仮にも正統派を自称し、他を否定する言辞を吐き続けているなら、内輪向けではなくて、それなりのテキストは出さなきゃね。
 
 集合的無意識を通して、応援のエネルギーを送ります。
 
 さあて、楽しみですね。
 
 今年の終わりにはどのようになっているでしょうか。

| | TrackBack (0)

January 06, 2018

日本臨床・教育アドラー心理学研究会第8回大会

 今年最初のお知らせは、日本臨床・教育アドラー心理学研究会のイベントです。

 

 今回は『仏教とアドラー心理学』(春秋社) の著作もあり、コスモス・セラピーを提唱している岡野守也先生をお呼びすることができました。

 共同体感覚を最も広い視野から考えるには最適な方だと思います。

 

 これまでにない、アドラー心理学の学びの機会になるでしょう。

 

 是非、ご参加ください。

「日本臨床・教育アドラー心理学研究会第8回大会」

 

「日本臨床・教育アドラー心理学研究会」は春に研究会、秋に研修会を開催し、今回で研究会は7年目を迎えました。 

 午前は、サングラハ教育心理研究所の岡野先生から共同体感覚と宇宙意識についてご講演をいただきます。

昼食を摂りながらの懇親会をはさんで、教育臨床の現場から久保田先生による研究発表をうかがい、続いて、鈴木による学級の問題解決に使えるエンカレッジシートの実践を発表していただきます。

盛りだくさんのアドラーの一日をお楽しみください。 

 鈴木義也(東洋学園大学教授) 

 会沢信彦(文教大学教授)

 深沢孝之(心理臨床オフィス・ルーエ)

 八巻秀(駒澤大学教授、やまき心理臨床オフィス)

 佐藤丈(山梨県北杜市立泉小学校教諭)

 

1.日 時 

 201834日(日) 10001600

 

 

2.場 所 

 文教大学越谷キャンパス 12号館1階 12101教室 

 (東武スカイツリーライン北越谷駅 西口下車徒歩12分) 

 

 

3.参加費 

 ・予約参加:4,000 

  (2/25(日)までにこくちーずまたはFAXで申込んだ場合) 

 ・当日参加:5,000 

  (2/26(月)以降の申込および当日参加) 

 ※いずれも当日会場での現金払い。口座振込はありません。 

 

4.内 容 

 ・講演(10001200 

  「共同体感覚と宇宙意識」 

    サングラハ教育心理研究所主幹 岡野守也 

 

 ・ランチセッション(12101330 

  (昼食を取りながらの懇親会。昼食代は参加費に含まれます。)  

  

 ・研究発表(13401440 

  「『課題の分離』の臨床適用についての質的研究~カウンセリングで活かすために」 

     東京都石神井学園心理療法担当 久保田将大 

  

 ・実践発表(14501550 

  「学級の問題解決に用いるエンカレッジシート」 

    東洋学園大学教授 鈴木義也 

 

5.参加資格 

  教育あるいは対人援助に携わる専門職の方、もしくはその分野の学生。 

 

6.申込方法 

 このサイトからお申込みください。 

kokucheese.com/event/index/500768/

 

FAXでの申込みも受け付けます。 

 申込専用FAX 03-5256-0538

 当日参加も可能です。 

 

7.問合先 

 文教大学教育学部心理教育課程 会沢 信彦 

 〒343-8511 埼玉県越谷市南荻島3337

 TEL 048-974-8811  FAX 048-974-8877

 E-mail aizawa@koshigaya.bunkyo.ac.jp

 日本臨床・教育アドラー心理学研究会HP http://adlerian.jimdo.com

 ※ 学校心理士の方は更新ポイントB研修会(申請中)となります。

 

 

| | TrackBack (0)

December 26, 2017

勇気づけワークショップ

 先月出版された『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)で分担執筆をしてくださった浅井健史先生(明治大学)から、勇気づけのワークショップの案内をいただきました。
 
 単にアドラー心理学をなぞるだけでなく、先生独自の勇気づけ研究に基づいた独自の内容になると推測されます。興味深いですね。
 
 新しい視点でアドラー心理学や勇気づけを見直す良い機会になると思いますので、是非ご参加ください。
 
 
Ws_5
 

| | TrackBack (0)

December 24, 2017

『看護師のためのアドラー心理学』

 ここ数年、アドラー心理学の入門書はたくさん出てきたので、これからは応用、実践、各論の段階になるでしょう。
 
 私がこれまで関わらせていただいたのはみんなそのような問題意識から作ったものでした。特に心理臨床分野でやってきました。最近の『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)もまさにそうです。
 
 アドラー仲間が、この秋に医療職、看護師向けの本を出しました。
 
 
 著者の長谷さんは、この10月21日にヒューマン・ギルドでやったシンポジウム「アドラー心理学の過去・現在・未来」にご参加くださり、直接ご著書をいただきました。長谷さん、ありがとうございます。
 今日の時点で、Amazonの「基礎看護学」の分野で「ベストセラー1位」になっていますね。すばらしい。
 
 看護師さんが職場の仲間、上司、患者さんと関わる時の悩みに応えながら、実践的な発想、対処法を教えてくれています。勇気づけプログラム「ELM」の資料を改変して載せているところが多く、これからアドラー心理学を学ぶ人には良い予習になるでしょう。
 
 長谷さんは既に講師として活発に活動しており、私と違って明るく、華のある方のようにお見受けしました。これからアドラー心理学のよい語り部、伝承者として活躍してくれる人材の登場です。
 
 

| | TrackBack (0)

December 18, 2017

『家族の教科書』

 アドラー仲間の熊野英一さん(株式会社子育て支援)が今年10月に出した『アドラー子育て・親育て 家族の教科書 子どもの人格は、家族が作る』(アルテ)は、アドラー心理学の子育て本としては本格性と伝わりやすさを両立させた、とても良い本です。
 
 熊野さんがアドラー心理学の基礎理論、考え方を、幸福研究などの現代心理学の知見と重ねながら説くところは、すごくうまく整理されていて、スッキリと頭に入ってきます。「アドラー心理学なんて宗教みたい」と思っていた人には、良いのではないでしょうか。
 
 加えて、私も何人か存じ上げている12人の熊野さんのお仲間が、自らの子育て体験をコラムとして執筆しています。具体的なエピソードが章を追うごとに重ねられていき、説得力が増していくつくりになっています。
 
 理論とナラティブのバランスがいいです。
 
 いろいろな方にお勧めできますね。
 

| | TrackBack (0)

December 12, 2017

埼玉東部にアドラーの拠点がスタート

 絶賛好評発売中(と信じたい)『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)は8人の個性的な執筆陣による個性的な報告がなされていますが、その中でもとりわけ異彩を放っているのが大学生への支援を担当してくれた石山育朗先生(国学院大学栃木短期大学教授)。
 
 なんと自らのうつ体験までカミングアウトされ、熱く論じておられます。
 
 実はこの石山先生、カウンセリングや心理臨床ではなく、運動生理学がご専門の理科系の学者さんです。実験家であり、趣味が筋トレというだけにマッチョですが、気はやさしくて力持ちのとても頼りがいのある先生です。
 
 今回私が石山先生を分担執筆者にお願いしたのは、必ずしも心理プロパーではない大学教員がアドラー心理学を知ることで、学生への支援に活躍できていることを示していただきたかったからでした。これは間口の広いアドラー心理学の特質として、とても重要なことだと思っています。
 
 私らみたいな心理屋臭くない活動と文章をお楽しみください。
 
 その石山先生、最近、自らのホームページを立ち上げ、地域で活動を開始したようです。早速、うちのオフィスと相互リンクを貼らせていただきました。
 
 埼玉県東部を中心にアドラー心理学や健康科学を軸にした活動をされるようです。
 近隣の方など、是非、ご注目ください。
 

| | TrackBack (0)

November 30, 2017

新刊紹介

 この度上梓させていただいた『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)は私を含め8人のアドレリアン・カウンセラーが分担執筆をしています。
 
 八巻秀先生の総論を皮切りに、中学校と高校のスクールカウンセラー、大学や専門学校の教員、精神科クリニックの心理士、民間相談機関のカウンセラー(これは私)が分担執筆をしています。
 
 皆さん、当然ライフスタイルも違うし、切り口も文体もだいぶ違うので、専門書の割にはバラエティーのある内容になっています。ただ、アドラー心理学という軸、共同体感覚という共通項をみんなもっているので、不思議と統一感もあります。
 
 この青年期というテーマによるアドラー心理学本は、『嫌われる勇気』が確かにそうでしたが、大変面白くても現実の話ではありませんでした。あの本の哲人とまではいきませんが、どのように若い人たちにアドラー心理学を学んだ人が接し、実践しようとしているのかがうかがわれる貴重な報告になっていると思います。
 
 学会誌のような狭い世界ではなく、広く一般の人、アドラー心理学を学んだ人以外の人たちが読んでいただけるのがいいと思います。
 
 是非、参考にしてください。
 
 

| | TrackBack (0)

November 27, 2017

『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』登場!

 Amazonで書影がなかなか出ないのでずっと待っていましたが、我慢できないので発表しちゃいます。
(今は出ています)
 
 新刊です。
 
 
 今回も私がプロデューサー役、編者となって、仲間のアドレリアン臨床家、カウンセラーさんに声をかけて作り上げました。
 
 2年前、 『スクールカウンセリングのためのアドラー心理学入門』(アルテ)を出しましたが、その続編的な位置づけで、今回は青年期の心理的支援をテーマにしています。
 アドラー心理学は若者とどうかかわり、支援するか、中学から高校、大学、専門学校、精神科、民間相談機関とそれぞれの現場から報告しています。
 
 これまでのアドラー本にない企画だと思います。
 
 私が関わった本の中では、 『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)が基本テキスト、『スクールカウンセリング~』と『思春期・青年期~』がその実践報告、応用例の呈示ということになります。
 
 中身については次回、お伝えしましょう。
 
 とてもバラエティに富み、充実した内容です。
 
 よろしくお願いします。
 

| | TrackBack (0)

November 09, 2017

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』

 ここのところ勝手なことをいろいろ書いてきましたが、ようやく@niftyでAmazonとのリンクができるようになったので、たまっていた本を随時紹介していきます。
 
 小倉広さんの『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』(ダイヤモンド社)は、改めてアドラーの言葉を集めた本で、アドラー自身の言葉を受け取るのに最良です。
 
 この秋に出て、小倉さんに献本いただきました。小倉さん、ありがとうございました。
 
 本書の前作『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』も、最初にアドラー心理学を知るのに最適な良書でした。21万部も売れたそうだから、あれでアドラー心理学に入った人も多かったと思います。
 
 今回は、さらに突っ込んだ感じでアドラー心理学の内容が説明され、でも初めて触れる人にもわかりやすい開かれた内容になっています。
 
 やはりアドラー自身の言葉と、自分の性格(ライフスタイル)を変えるにはどうすればいいかという点に絞ったのがいいですね。
 
 しかも今回は出典が明記してあるのがいい。そこからさらに学びたい人が、さかのぼって原典にいけます。
 
 それにしてもアドラーの生の言葉だけを読むと、やはりけっこう厳しいことを言っていますね。あからさまというか、あまりロマンチックでも文学的でもありません。
 ここが魅力であり、反発も生じるところかもしれません。
 人は迷いの解決、解放の前のところでウロウロするのが好きですから。そのウロウロを美しく、文学的に、哲学的に、ドラマチックに描くほうが喜ぶ人が多いでしょうね。
 
 ただ、やはり人生の真実を突いているな、と改めて実感しました。
 
 最後にドキッとする一言を。
 
 アルコールが人の本性を変えるのではない。
 飲んでいないときに上手に隠していた本性が、
 気の緩みとともに、表に出てきただけである。  p70
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧