January 22, 2020

AAとアドラー心理学

 前記事の『アドラー心理学を生きる』(川島書店)に、心理臨床家や依存症支援者にとって注目すべき情報があります。

 アルコホリック・アノニマス(AA)の成立にアドラー心理学が影響していたかもしれないのです。

 AAは1930年代、ニューヨークシティのウィリアム・R・ウィルソン(ビル・Wとして知られる)とロバート・ホルブルック医師(ボブ医師として知られる)の二人で始められました。ビル・Wはアルコール依存症の当事者でした。彼は「12のステップ」という依存症の世界ではあまりにも有名なプログラムの発想を提案しました。

 AAはその効果から、日本を含め世界中に広がりました。それまでの医療の枠を超え、当事者が参加し発言すること、仲間意識を醸成し、人々とつながり孤独を癒すことが治療の本質であることを世界に知らしめたことで、依存症の治療に多大な影響を与えました。

 AAに始まるさまざまな自助グループ、近年盛んな当事者活動、当事者研究を見ると、まさにアドラー心理学でいう共同体感覚が極めて重要であることがよくわかります。ただ、アドラー心理学を知らない臨床心理学者、心理臨床家、医療者は何とか違う言葉をひねり出そうとしているように見えます。オープンダイアローグの中で起きていることを、研究者たちはためらいながら「愛」と言ったり、当たらずとも遠からずで、共同体感覚といった方がしっくりくると私には思えます。

 本書では、AAのアプローチとアドラー心理学のアプローチがいかに類似しているかを簡潔に指摘しています。私も精神病院勤務時代と開業してからずっと、依存症治療にかかわり、AAに通っている患者さんに会っていたので(送迎したときに参加したこともあります)、ずっと同じように感じていました。

 そして近年の研究で、単に似ているだけだなく、実際にAAの創成期にアドラー心理学の影響がうかがえることがわかったのです。

 なぜなら、ビル・Wの母親、エミリー・グリフィス・ウィルソンは「ウィーンでフロイトの元同僚であったアルフレッド・アドラーに学び、サンディエゴでアドラー派のアナリストとして活動していたから」です。

 したがって本書では、ビル・Wはアドラー的知識を持っていたのではないかと述べています。

 これは驚くべきことです。

「ビル・ウィルソンは、アメリカ文化におけるもっとも傑出した指導者の一人になった後でも、常に母親による癒しを求めていた。ビルの母は彼が11歳の時に彼の元を去ったが、それでもお互い手紙を通じて緊密にやり取りをし、それはビルが成人してからもずっと続いた」(p280)

 ビル・Wは母親から勇気づけを得て、陰に陽にアドラー心理学の発想を学び、もしかしたらというかきっと、当時ベストセラーだったアドラーの本も読んだかもしれません。詳しいことはわかりませんが、ビルのお母親も、おそらく夫(ビルの父親)といろいろあって幼い息子と離れざるを得なかったのでしょう。それでも関係を切らずに連絡を取り合っていたわけで、この二人のドラマを知りたい気もします。

 まさに臨床心理学の秘史といえそうです。

 この他に、精神科デイケアを始めた一人にアドラー派の精神科医のビエラがいたことを私は知っていました。このAAの話も北米アドラー心理学会参加時に聞いていました。デイケアと自助グループという、現在の精神医療の最重要な2つの柱にアドラー心理学が影響していたことを知り、うれしく感じたと共に「やっぱり」という思いも強くしました。

 

|

January 18, 2020

『アドラー心理学を生きる』

 今年最初の本の紹介は、やはりアドラー心理学本。これはけっこう重要な本だと思います。

 アドラー心理学の最重要概念である「勇気」について、理論的に考察し、かつ実践に役立つように目指された本です。

 ジュリアン・ヤン他著『アドラー心理学を生きる 勇気のハンドブック』(今野康博・日野遼香訳、川島書店)

 昨年の4月に出た本です。私は本書の原書を持っていたので内容は知っていましたが、ぜひ多くの人にも知ってもらいたいと思っていたので翻訳を出していただけたのは本当にありがたいです。なかなかアドラー本人以外のアドラー派の人による文献は翻訳されないので貴重です。

 本書はとかく曖昧になりがちな勇気について、非常に丁寧に考察しています。アドラー心理学内部だけではなく、西洋哲学、東洋哲学も網羅し、参照した上で、勇気とは一体何か、人類の知の歴史、発展においていかに重要な概念であるかを説いています。これはアドラー心理学をきちんと考える上で、大変重要なことだと思います。

 著者のヤンさんは、中国系(台湾人)のようなので、特に中国哲学(儒教、道教)とアドラー心理学を絡めて論じているところところがいいですね。

 特に本書は、仕事、愛、友情、所属、存在、スピリチュアリティといったライフタスクと勇気との関係を考えているところが出色です。これを参照することで、私たちは勇気について考えたり、書いたり、話すときに厚みを出すことができるでしょう。臨床にも役立つと思います。

 アドラー心理学の基礎を学んだ方は、是非お読みください。

 

 

|

December 22, 2019

『不登校に向き合うアドラー心理学』の書影が出ている

 Amazonに、拙編著『不登校に向き合うアドラー心理学』(アルテ)の書影がようやく出てました。

 こんな感じです。別に私がモデルではないんですけどね。親子とカウンセラーの図です。

 よろしくお願いします。

 

 

|

December 20, 2019

『幸せのメカニズム』

 フロイトの精神分析学は「人はいかにして病気になるか?」を問い、研究する学問といえるでしょう。精神分析志向のセラピストは口を開けば、「病理、病理」と口にします。

 それに対してアドラー心理学は「人はいかにして幸福になるか?」を問う学問といえます。アドレリアンは「勇気、勇気」「協力、協力」などと口を酸っぱく主張します。

 どっちが、ということではなく、究極的にはこれは好みの問題としかいえないでしょう。臨床現場的には、両方が大事ということになるのでしょうけど、やはりどちらかに傾く傾向はありそうです。アドラー寄りは、やはりブリーフサイコセラピーでしょうね。

 ちなみに行動主義は「人はいかに動物か?」「人はどのくらい機械か?」と追及しているといえるでしょう。最近は認知行動療法なんていって、「人間の顔」をしていますが😃

 アドラー派としては、その人が幸福になるプロセスや条件をできるだけ追求し、明確にすることが大切です。

 前野隆司著『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』(講談社現代新書)

 では、実証的な研究から抽出された幸福の因子を知ることができます。見るとほとんどが昔からのアドラー心理学の見解と同じなので、アドレリアンも自分の主張の傍証として本書を使うことができるでしょう。ここでその4つの因子だけを挙げておくと、

「やってみよう!」因子:自己実現と成長の因子。私は有能であり、社会の要請に応えられており、成長することができていて、自分の目標を実現できている。

「ありがとう!」因子:つながりと感謝の因子。人の喜ぶ顔が見たい、私を大切に思ってくれる人たちがいる、感謝することがたくさんある、人には親切に手助けしたいと思っている。

「なんとかなる!」因子:前向きと楽観の因子。私は物事が思い通りにいくと思う、失敗や不安をあまり引きづらない、他者との親しい関係を維持できる、自分は人生で多くのことを達成してきた。

「あなたらしく!」因子:独立とマイペースの因子。私は人と比較しない、私ができることできないことは外部の制約のせいではない、自分の信念はあまり変化しない、最大限の効果を追求する。

 研究の詳細や解説は本書をあたっていただきたいのですが、すごくいい線いっていると思いました。

 もちろん著者は、これらの4つの因子がすべてそろわないと幸せになれない、と言っているわけではないと注意を促しています。それこそ「不完全である勇気」が必要です。

 アドラー心理学の理論と照合できますし、メンタルヘルス系の研修や心理教育で使うことができると思います。

 

 

|

December 07, 2019

『不登校に向き合うアドラー心理学』が今日は2位!

 拙編著『不登校に向き合うアドラー心理学』(アルテ)は、今日のAmazonの「いじめ・不登校部門」で2位まで上がりました。

 今日、TwitterやFacebookに本と昨日のランキングを紹介したので、購入した方がいらっしゃったためかもしれません。ありがとうございました。

 出だしは順調ということで良かったです。

 

2_20191207223601

 

 

 

|

November 28, 2019

『不登校・ひきこもりのための行動活性化』

 前記事のように『不登校に向き合うアドラー心理学』という本を出しましたが、実際の現場では学校とどう付き合うか、登校刺激をするべきかどうかが議論になります。

 アドラー心理学では、登校した方がいいとかよくないとか、登校刺激をするべきか否かということに一律に答えが出るものではないと考えると思います。あくまでその子どものニーズと家族の意向に沿って、学校との関係を整理しながらかかわっていくことになります。

 それでも私はスクールカウンセラーの時は学校側の人間でもありますから、登校できるとしたらどういう時か、どうしたら再登校してもらえるかを考えて、家族に提案することが多くあります。

 その時に大事なのは、精神論にならず具体的に助言すること。こういう時によく言われるのは、「今は充電中だから、心のエネルギーがたまってくるまで待ちましょう」という言い方です。温かく見守っていけば、自然に子どもの中に力がわいてきて、新しい行動に向かう意欲が増すかもしれないという発想でしょう。

「心のエネルギー」は確かに良いメタファーだと思いますが、よく考えると「心のエネルギーってなんだ?」「エネルギーがたまってきたってどうしたらわかるの?」という疑問もわいてきます。もっともです。

 そういう時に参照できる良書が、

 神村栄一著『不登校・ひきこもりのための行動活性化』(金剛出版)

 著者は著名な認知行動療法家です。認知行動療法は本来筋金入りの科学主義、客観主義ですから、本音では心のエネルギーなんて曖昧な言葉は使いたくなさそうな感じですが、それを逆手にとって、行動レベルで心のエネルギーなるものを理解し実践するためのノウハウがたくさん説かれていて、特に再登校を目指す時にはすごく参考になります。

 著者は基本的には子どもは学校に行った方が良い、その方が後で後悔が少ないという立場のようです。データを示してそれを主張しています。それももっともなところはあります。学校がまともでそれなりに良いところがあるなら、やはり子どもが通ってくれた方が親にも本人にも良いに決まっています。

 また、睡眠やゲーム依存についても、現在の普通の臨床現場で可能なことを書いています。

 今年の5月に出た本で、私は自分の本の原稿を仕上げた後だったので取り上げることができませんでしたが、間に合っていたら間違いなく引用文献に入れていたでしょう。

 不登校に関わるスクールカウンセラーや教師の方は是非学んでみてください。

 

|

November 20, 2019

『発達障害グレーゾーン』

 先日の記事で、NHK「プロフェッショナル」に知り合いの本田秀夫先生が出演したことを書きました。プロフェッショナルに出た

 そいういえば先月のTBS「情熱大陸」にも出演なさった知り合いがいました。在宅終末期医療を推進している医師・内藤いづみ先生です(富士クリニック院長)。

 立て続けに山梨の臨床家(本田先生は今は長野だけど)が同タイプの番組に出たことになります。

 ビックリです。

 その本田先生のご専門、発達障害関連で最近読んだ本が、

 姫野桂著『発達障害グレーゾーン』(扶桑社新書)

 スペクトラムという言葉がついてくる自閉症に代表される発達障害では、特に病気・障害と健常の間があいまいです。いかにも発達障害の特徴が強い人、俗にいう「濃い」人もいれば、診断名がつくほどではない「薄い」人、いわゆる「グレーゾーン」といわれる人たちがたくさん生まれます。本田先生の言う「非障害性発達障害」です。

 障害としての支援が届きにくい、だけど生きにくくて、なかなか人生がうまくいかないことが多い、という話をよく聞きます。実際私のこれまでの臨床現場でも、そのように思われる人たちにたくさんお会いしてきました。

 本書はそのような人たちと精神科医のコラボ作品で、グレーゾーン当事者の体験や声をたくさん聴くことができます。東京には「グレ会」なんて当事者の会もあるんですね。山梨でも同じようなのをやってもいいかな。

 よく発達障害は、「個性である、才能である」と主張されることがありますが、本書ではそれを安易に言うことの問題も指摘されています。才能のある人はごく一握りで、多くのグレーゾーンの人は社会生活に困難を抱えていると言っています。私も同じ感想を持っています。

 個性だけで済ますと、「では普通の人と同じ扱いにします」となってしまうことが多いのが現実でしょう。いじめ研究で著名な内藤朝雄先生が、発達障害診断の有効性を権利保護の点から述べているのと同様です。<発達ー環境>調整障害スペクトラム

 まだ人類は、障害概念なしで、人と平等に付き合うことはできません。

 自分に何らかの発達障害傾向があると感じている人は本書を手に取ってみるといいでしょう。

 何を隠そう、というか隠していないけれど私もそうですから(ADHD不注意型傾向)、楽しく読ませていただきました。

 

 

|

November 01, 2019

『学校コンサルテーションのすすめ方』

 アドラー心理学の名著の待望の翻訳です。今年5月に出ました。

『学校コンサルテーションのすすめ方 アドラー心理学にもとづく子ども・親・教職員のための支援』(ドン・ディンクマイヤー・ジュニア、ジョン・カールソン、レベッカ・E・ミシェル著、浅井健史・箕口雅博約、遠見書房)

 1973年に初版が出て、改訂を重ねて最新版は2016年に出版、本書はその全訳です。

 序文は現実療法のウィリアム・グラッサーが書いていますね。

 主にスクールカウンセラーや学校で相談活動をする人向きではありますが、コンサルテーションの要諦が丁寧に、広範囲にわたって解かれています。アドラー心理学のエッセンスが詰まっているので、アドラー心理学を学んだ人はもちろん、まだ学んでいないスクールカウンセラー、臨床家にも大変参考になると思います。

 実は私、この原著を3年前にここで紹介したことがありました。

『Consultation』

 そこでも私は、「どこかで翻訳して出してくれないかなあ」とぼやいていますが、遂にとても読みやすい翻訳で現れたことに大変喜んでいます。アドラー心理学が心理臨床、とりわけコンサルテーションにとても有用であることが世間の公認心理師、臨床心理士などの援助専門職の人たちに伝わればいいと思います。

 本書の他にも、優れたアドラー臨床本は何冊もあるので、是非出版社の皆さん、ご検討ください。及ばずながらご紹介、ご協力させていただきますよ。

 そして本書の翻訳者、浅井健史先生と箕口雅博先生は実は私たちと共に、日本個人心理学会を立ち上げた仲間でもあります。

 本書の刊行を記念して、という意味合いも込めて両先生を講師になっていただいて研修会を実施します。すでに多数のお申し込みをいただいています。

 アドラー心理学にもとづくコンサルテーションの理論と実践

 研修会は11月9日(土)、もうすぐです。

 是非、ご参加ください。

 

|

October 07, 2019

『二月の男』

 前記事でご案内した演武会に昨日行ってきました。

 台湾の老師や日本の本部の指導員たちの八卦掌や形意拳の数多くの型、太極拳を見て、改めてうちの流派は中国文化の粋であり、深い伝統に裏打ちされていることを実感しました。みなさん、素晴らしい動きでした。

 他の武術・武道団体から、うちは保守的で閉鎖的と見られることが多いみたいですが、そうなるのも無理ないかもしれません。それだけ中身が豊富で濃いので、「時代に合わせて」なんて、容易に変えるわけにはいかないのだろうと思いました。保存し、伝えること、それはそれで大変大切なことなのだろう、継承者である老師たちの苦労は大変なものだろうと思いました。

 さて、武術にも深い意味で関連のある催眠について、私は週末に集中的に学ぶ機会を得ています。来週にその報告したいと思いますが、催眠といえばミルトン・エリクソン、彼の実際の事例を詳細に記録したのが、

 ミルトン・H・エリクソン、アーネスト・ローレンス・ロッシ著、横井勝美訳『ミルトン・エリクソンの二月の男 彼女は、なぜ水を怖がるようになったのか』(金剛出版)

 エリクソンが最も働き盛りの1945年の頃の事例の記録を、晩年の1979年にエリクソンと弟子たちが振り返るという面白い構成になっています。「江夏の24球」みたいな感じですね。

「二月の男」とは、クライエントである19歳の女性が、自らのトラウマ体験に直面するためにトランスに入った時に登場するエリクソンの「名前」です。深いトランス状態に入ったクライアントの心の中に、エリクソンではなく、「私は二月の男ですよ」(その場面が2月だったから)と称して登場するのです。

 そんなことできるんだあ、と驚きです。

 一読して、エリクソニアンでも専門の催眠療法家でもない私には正直、わかりにくいところもありましたが、実際の会話の様子がたくさん出ているので、一人ロールプレイみたいに朗読して、その場の感じや催眠の語り方を感じ取ろうと努めました。

 本書でエリクソンは、クライアントを全体として見ることを言っていたり、クライアントが困難を克服するために盛んに勇気づけていたり、「エリクソンってアドラーっぽいな」と以前から感じていたことを再確認しました。その方法として、意識的なコントロールが弱まる催眠を利用しているところが、エリクソン独自のところなのでしょう。

 臨床がうまくなりたい人は、読んでみて損はないと思います。

 

 

|

September 25, 2019

『身体はトラウマを記録する』

 トラウマケアの世界的権威の本、各方面で絶賛されているベッセル・ヴァン・デア・コーク著『身体はトラウマを記録する 脳・心・体のつながりと回復のための手法』(紀伊国屋書店)は、いわゆるトラウマの諸症状とその悪影響、脳科学的知見、そして効果的なセラピーの方針と方法まで網羅されています。分厚いですが、カウンセラーは是非読んでみるといいと思います。

 その中で私が注目したのは、トラウマケアに通常の心理療法や環境療法だけでなく、身体にアプローチすることを強調していることです。

 深刻なトラウマ治療のために著者は、マインドフルネス瞑想はもちろん、ヨガや気功、太極拳、日本の武道や護身術などもどんどん取り入れています。演劇もあります。

 私が以前から感じていた、「太極拳や気功はトラウマの治療に良いんじゃね?」という思いを見事に裏打ちしてくれていて、うれしかったですね。これまでは、権威もなく研究者でもない私が言い始めれば、「また深沢が変なことをやっている」と指弾されかねませんでしたが、これからは堂々と論陣を張れますね。

 というか、私がやらなくても、真似っこ好きな日本の学者や臨床家は、これからは本書で紹介している新旧の身体的アプローチどんどん取り入れていくことでしょう。それでエビデンスらしきものがたまってくれば、余計に田舎セラピストの私も使いやすいので、それはそれでありがたいです。

 関連個所を引用、メモします。みんな、気功や太極拳をやろうぜ。

(貼り付け始め)

 私たちはまた、呼吸法(プラーナヤーマ)や詠唱(チャント)から、気功のような鍛錬法や武道、ドラム演奏や合唱、ダンスまで、西洋医学の外で長年行われてきた、他の古い、日薬理学的な取り組みの価値も、受け容れやすくなった。これらの取り組みはみな、人と人の間のリズムや、内臓感覚の自覚、声や表情による意思疎通に依存している。それらは、人が闘争/逃走状態をを脱し、危険の近くを立て直し、人間関係を管理する能力を増進するのを助ける。  p143-144

 これまで多くの患者が、合唱や合気道、タンゴのダンス、キックボクシングにどれだけ助けられたかを語ってくれた。  p350

ヨーガグループの参加者は、PTSDにおける覚醒の問題が有意に改善され、自分の体との関係が劇的によくなった(「今は自分の体をいたわっている」「自分の体が必要としているものに耳を傾けている」)  p445

 ヨーガを20週間実習すると、基本的な自己システムである島と内側前頭前皮質の活動が増すことを、初めて示す結果が出た。  p452

 通常、人は前頭前皮質の実行能力のおかげで、何が起こっているかを観察し、ある行動をとれば何が起こるかを予想し、意識的な選択ができる。思考や感情や情動を冷静かつ客観的に観察し(この能力のことを、私は本書を通じて「マインドフルネス」と呼ぶ)、それからじっくり反応できれば、実行脳は、情動脳にあらかじめプログラムされていて行動様式を固定する自動的な反応を、抑制したり、まとめたり、調節したりすることが可能になる。 p105

マインドフルネスを実践すると、交感神経系が落ち着くので、闘争/逃走反応を起こしにくくなる。  p341

 マインドフルネスを練習すると、脳の煙探知機である扁桃体の活性化が抑えられ、トリガーになりそうなものに対して反応しにくくなりさえすることが立証された。  p348

(貼り付け終わり)

 

 

 

|

より以前の記事一覧