April 24, 2018

『上手な登校刺激の与え方』

 ここのところの記事のように、アドラー心理学の海外講師招聘の大仕事が終わって、やや虚脱状態でした。平常に戻ってきていますが、暇になるわけではなく、これから公認心理師の現認者講習会が待っています。
 
 それ以上に、これから取り組むのはアドラー心理学に基づく不登校の支援者向けの本の企画。実は少しずつ進んできていましたが、ようやく本格的に取りかかれます。
 アドラー心理学の数ある本の中で、不登校を真正面から扱ったものはなかったと思うので、その意味では意義のあるものになると思います。
 
 そのために、アドラー心理学に限らず、不登校に関する心理臨床本をいろいろ当たっているところです。
 
 
 今でこそ違うと思いますが、昔は不登校児に対して「登校刺激を与えない」「受容する」一辺倒の主張が通っている時期がありました。現場では必ずしもそうではなかったのですが、カウンセリングの主流がロジャーズ・ベースの非支持的なものだったので、表に出た言説はそうなりがちだったのでしょう。
 
 しかし、登校する、しないにかかわらず、学校関係者は適切なタイミングと方法で子どもや家庭と学校をつなげる働きかけをするべきです。
 
 本書はその実践方法を学ぶ好著だと思いました。
 
 子どもの気持ちを理解するだけでは学校復帰は難しいのです。不登校の子どもへの援助には、まず不登校についての基本的な知識(不登校の一局面だけではなく全体的な状態像を把握しておくとともに、不登校状態から学校復帰までの道筋を理解すること)が必要です。
  p3
 
 具体的な事例が豊富で、学校教員向けですが、スクールカウンセラーにも大変役立つ内容だと思います。
 
 

| | TrackBack (0)

April 17, 2018

早期回想を極めんとする2日間

 本ブログでも何度かお知らせしてきた、アメリカの代表的アドレリアンを招聘したワークショップ「アドラー心理学の基礎と実践-早期回想の理解と治療的アプローチ」が、14日(土)15日(日)と駒澤大学深沢キャンパス(くしくも苗字と同じですが、縁もゆかりもないです)で開かれました。
 
 すでに岩井先生がブログで詳しく報告してくれていますし(私への謝辞まで入れてくれて)、何人もの参加者がFBで感想を述べてくれているので、ここでは詳しくは述べません。是非、ご確認ください。
 
 主催者側の一人の私としては、週末は雨風が激しいという予報もあったので、とにかく無事開催できてほっとしています。
 
Dsc_0514
 
 マリーナ・ブルヴシュタイン先生は、昨年、一昨年とミネソタでお会いしましたが、ゆったりとした穏やかな雰囲気ながらも、アドレリアンとしての芯の通った佇まいの方でした。参加者はみんな魅了されたと思います。
 
 懇親会では、特に女性参加者に囲まれていましたね。
 
Dsc_0520
 
 
 対するアーサー・クラーク先生は高身長で一見迫力ある米国人という感じですが、実は大変ユーモアのあるチャーミングな人でした。しかし参加者からのボランティアから聞いた早期回想を扱う様子は、予想通り圧巻でした。私にとって、とても素晴らしいモデルになりました。
 
 そして以前ここで紹介したご著書『Early Recollections』にサインをしていただきました。家宝にします。
 
 この二人が交互に、時に掛け合いしながら講義は進みました。一人のカリスマ講師のパフォーマンスで聴衆を巻き込むようなスタイルとは全然違いました。
 
 面白いと思ったのは同じアドラー派でも、お二人が見解の違いがあればそれを堂々と述べて、認め合っているところ。
「早期回想のここは私はこう思うが、マリーナは違うようだ」と言いながら、お互いに尊重し合っているところを見せてくれました。その雰囲気がいい。「その人にとって役に立っていればそれがよいアイデアだ」という考え方が伝わってきました。
 目の前で対話的な姿を見せてくれるのが実にアドラー的だし、最近の心理臨床界のトレンドでもあるし、とてもよいあり方だと思いました。
 
 参加者に配られた研修証明書は、英文でマリーナ先生がいるアドラーユニバーシティーのサポートが明記されていて、和紙にプリントされたとても素敵なものになりました。これは山梨の仲間の佐藤丈さんが丁寧に作ってくれたものです。
 
 たくさんの、さまざまな立場の人の協力によって実現したワークショップです。皆さんに心から感謝を申し上げます。
 
Ws_2
 
 
 
 
 
 

| | TrackBack (0)

April 13, 2018

『太極拳全』再版!

 我が師による太極拳の基本テキストが長らく絶版中でしたが、この度再版されました。
 
 
 私は20歳のころからかれこれ30年以上、正宗太極拳99勢という長い太極拳を学んできましたが、全然飽きないでいます。1920年代、南京中央国術館において、当時の太極拳の有名流派を統合してできた太極拳で、いわゆる伝統拳のエッセンスが詰まった素晴らしい型です。健康によいのはもちろん、護身術としても完成度が大変高いといえます。
 
 私が始めたのは若い頃だったので、別に健康志向ではなく、ひたすら強くなりたい一心でいた時に出会いました。特別熱心な生徒ではありませんでしたが、太極拳をすることで得られる気持ちよさと武術的効果が気に入って、今に至っています。
 
 50を超えた最近はさすがに強くなるのはどっちでもよくなって、健康志向寄りになっていますが、このまま死ぬまでこの太極拳を練っていくことになるのでしょう。
 
 一生できるのが太極拳のよいところですね。
 
 本書はその基本テキストです。
 
 売り切れ中の時期は、Amazonのマーケットプレイスでなんと2万円にもなっていましたが、ようやく適正価格で買えるようになりました。
 
 本書だけで太極拳をマスターすることはできませんが正宗太極拳の連続写真や、その歴史、技の解説と内容が豊富で(その分厚いですが)、前記事の王樹金老師のお写真もたくさんあり、資料的価値の高い本です。
 
 「本物」に関心のある方、是非ご覧になってください。
 
 

| | TrackBack (0)

April 09, 2018

達人は達人を知る

 フルコンタクト空手の元祖、老舗といえばいわずと知れた極真空手ですが、その中でも現在の極真空手道連盟極真会館館長・盧山初雄氏は最も知られた人でしょう。
 
 若き日は必殺のローキックであまたの試合に勝ち抜き、栄光を得ながら、極真空手以外にも積極的に学び、強烈な剛の空手で知る人ぞ知る中村日出夫氏(甲府に道場を構えていたそうです)や太気拳の沢井健一氏に師事しました。70歳になる今でもひたすら武道修行に邁進しているすごい人です。
 
 その盧山先生が、私の太極拳の師の師、王樹金老師を絶賛しているのが『月刊 秘伝』(2018年4月号、BABジャパン)に載っていたので、記念にメモします。盧山先生の半生をたどる特集記事の一部です。
 
 一般に剛の空手家は、あまりにも柔の太極拳は認めないか理解しないものですが、良いものは素直に認める度量を持ち、そこからもどん欲に学び取ろうする蘆山先生は、意外に狭量な人が多い武道界で稀有な存在です。
 
盧山 私は王樹金先生から直接、太極拳の型や五行拳を習っていたんですよ。あれほど型ができる人はいまだに見たことがないですね。手から発する気が納豆みたく糸を引くようで、身体も上下左右に自在に動く。今ではもう会いたくても会えない名人の方々との縁に恵まれ、私は武道家としてめったにないチャンスをいただいたと思います。  P26
 
 澤井先生のように質問したり、実際に手を交えさせていただいたということはありませんでしたが、王樹金先生は型を通じて、“やっぱり、この人は凄いな”と思いました。そこに居ない敵が空間に見える、三次元的な方(演武)なんですね。あの手の感じは今でも忘れないです。
 p35
 
 王樹金老師の貴重な動画です。
 
 
 

| | TrackBack (0)

March 29, 2018

『サビカス キャリア・カウンセリング理論』

 最近のアドラー心理学の動きは、『嫌われる勇気』に始まる爆発的な大衆化がまずありますが、その他に実はカウンセリングの世界でも静かに浸透しています。
 
 その代表的なものがキャリア・カウンセリングの分野。
 
 近年第一人者として注目されているのがマーク・サビカスという研究者、実践家です。アドラー心理学をベースにしたキャリア・カウンセリングの方法を開発したことで知られています。日本でも何冊も翻訳されています。
 
 
 アドラー心理学のライフスタイル・アセスメントをやや簡略にしながらも、クライアントが自分の仕事のタスクにどう取り組んで、仕事人生(キャリア)を作っていくかを援助するものです。
 注目すべきは、「早期回想」という子ども時代の思い出を使って、クライアントが自分のことをどうイメージしており、何を目指しているかを明らかにする技法を取り入れているところです。
 
 アドラー心理学のカウンセリングを学んだ人には、おなじみの技法です。ただ、学んでいない人には、ややわかりにくいところかもしれません。
 
 拙編著『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)でも紹介させていただきましたが、サビカスの方法は、仕事のタスクを考える際に大変有効だと思います。
 
 ただ本書の不満は、サビカス自身はアドラーにきちんと言及しているにもかかわらず、監訳者たちは「ナラティブ」「社会構成主義」といった最先端めいた流行の概念については言及しても、アドラー心理学については一言も触れず、訳語もテキトー(「幼少期の思い出」など)であることです。
 
 理論に対して学術的であろうとするなら、ちゃんと跡付けてほしいものです。
 
 それ以外は、実践家向けです。キャリアの問題にかかわるカウンセラーは、ぜひ参照して、できれば実際に学んでほしいと思います。
 

| | TrackBack (0)

March 25, 2018

『3か月でクライアントが途切れないカウンセラーになる方法』

 カウンセリングの開業をして5年が経ち、6年目に入ります。
 
 人口の少ない地方では、これだけで食っていくのは正直大変ですが、それなりに地域に根付き、知られるようになってきたようで、自分としては善戦していると思います。
 
 そもそもカウンセリングをビジネスとして成立させるとはどういうことか、どうすればいいのかについて、よい参考書はなかなかありませんでした。けっこうみんな試行錯誤のようです。
 
 その中で、北林絵美里著『3か月でクライアントが途切れないカウンセラーになる方法』(同文館出版)は、とても参考になりました。けっこう売れているらしく、私にも役に立っています。
 著者はカウンセラーではなくて、カウンセラー専門のコンサルタントをしているという珍しい方らしいです。その分、やさしくも客観的にカウンセリングビジネスをとらえています。
 
 基本、ビジネスとか金儲けが苦手な人が多そうなカウンセラーさんに、「売れるカウンセラーとはどういう人か」を丁寧にきちんと説明し、しかもクライエントの立場からもこういうカウンセラーが望ましいし、ビジネス的にも両立する重要な考え方と方法を説明してくれています。
  • あなたが売ろうとしているカウンセリングテーマは、お金を払ってでも解決したい内容か?
  • 売れやすいカウンセリングテーマとは?
  • クライアントがリピートしたくなるには?(これはクライアントがカウンセラーに依存するのとは違います)
  • 売上アップするためのホームページの在り方は?
 このような具体的な内容がいっぱいです。
 
 商売敵には見せたくないな。
 
 本書に書いてある内容をすべて実践してはいませんが、私も著者のコンサル受けてみたいな、と思いました。
 
 
 

| | TrackBack (0)

March 17, 2018

『アルメニアを巡る25の物語』

 今日はいつもと毛色の変わった本の紹介です。
 
 トルコの隣、中央アジアの小さな国、アルメニアを紹介したコンパクトな本です。
 
 
 出版社の代表の方と以前から懇意にしていたので、先日いただきました。
 著者は長く国際基督教大学(ICU)の教授をして、駐日アルメニア特命全権大使も務める親日家だそうです。
 
 アルメニアの風土、景色、文化、そして人々がきれいな写真入りで紹介されています。
 
 私もアルメニアの名は知っていても、どこにあるか、何があるかは全然知らなかったので大変興味深く読みました。
 
 印象的だったのは、
 
 何よりアルメニアは3000年とも5000年ともいわれるかなり古い起源、歴史を持つ国、民族であること。
 
 そして、旧約聖書のノアの箱舟が漂着したといわれるアララト山を擁します。アララト山はアルメニア人にとっては、日本人にとっての富士山と同じく、魂の山だそうです。ただ、残念なことにアララト山は現在トルコ領だそうです。アルメニア人は残念がっているでしょう。
 
 教育にも熱心で、チェスが盛んで数多くの達人を輩出してきました。
 
 そのためかアルメニアは以前からIT立国で、昔は「ソ連のシリコンバレー」とも呼ばれ、今でも世界的企業が拠点を置いているらしいです。日本の保守派や体制側はアメリカべったりだからなかなか認めませんが、現在のあらゆる分野におけるロシアの強さは、ここに淵源があるのかもしれません。
 
 お酒はブランデーが素晴らしいですね。かのイギリス首相チャーチルも大好きだったらしく、なんとスターリンに毎年送ってくれと頼んだとか。スターリンも毎年400本のブランデー「アララト」を送ったそうです。
 
 意外にも日本とのかかわりは古く、どうやら日本最古のブドウはアルメニアがルーツであることがDNA解析で判明しています。いわゆる甲州種です。これは何年か前、日本でもニュースになり、私も見た記憶があります。そこから甲州種によるワイン作りが一層盛んになりました。いまや甲州ワインは、世界的ブランドになりつつあります。
 
 そしてアララト山を望むアルメニアの光景は、富士山を望む甲府盆地ととてもよく似ています。以前、本書の出版社の方から見せていただいた写真で、あまりにもそっくりでびっくりしたことがあります。
 
 アルメニアと日本、山梨は、アジアの東と西の端っこ同士、深いつながりがあるようです。
 
 いつか旅してみたいですね。
 

| | TrackBack (0)

March 13, 2018

『興奮しやすい子には愛着とトラウマの問題があるのかも』

 虐待やトラウマの問題について、カウンセリングのみならず、研修や講演を話をする時に絶好の本です。
 
 
 著者たちは児童相談所や情緒障害児短期治療施設などで心理職として働いてきたバリバリの臨床家みたいです。
 
 一般の方、教育・保育関係者に、「扱いにくい子」の背景に虐待やトラウマの問題があるかもしれないこと、そういう子どもにどう考えて関わったらよいかをわかりやすく説明してくれています。
 
 私も最近、この手の研修をする時にとても役に立っています。
 
 トラウマというとアドラー心理学と関係ないと思われるかもしれませんが、アドラー心理学的に見ても本書のアプローチは共通するところが多く見られます。
 
 アドラー心理学の子育てのモットーに「やさしく、毅然と Kind & Firm」というのがあります。
 本書では「職員は威力よりも魅力」という表現でそれが表されています。
    • 援助関係は支配関係の対極にあるべきで、恐怖感や威圧感によるコントロールは不適切
    • しかし、指示や制止が効果を発揮する際に、子どもの中に「コワイから言うことを聞こう」という考えが介在することも事実
    • ここでの「コワイ」とは、戦慄する恐怖ではなく、信頼する大切な大人が見せる真剣みへの驚き
    • 「この人との関係は大切だ」子どもに思われるような魅力的な職員でありたい  p31
 
 愛着障害については、
 
 「愛着障害」と言われると、とても大変で複雑な問題を抱えていて、何か特別なことをしないといけないような気がしてしまうのですが、「体験不足」と考えると話は単純になり、大人が何をすればいいのかわかりやすくなると思います。彼らは赤ちゃんの頃から、普通はもらえるであろう優しい関わりや楽しい思い出をもらい損ねてきたので、遅まきながら、今それを欲しがっているのではないでしょうか。  p37
 
 として、トラウマを持った子どもを勇気づけて自立するための関わり方について教えてくれています。
 子どもの臨床や教育にかかわる方はご参照ください。
 

| | TrackBack (0)

March 09, 2018

『月刊 生徒指導』に掲載!

 先週末から珍しいことに研修、講演の講師が続いています。
 
 3月1日(木)は朝日カルチャーセンター湘南教室で「アドラー心理学入門」、2日(金)は山梨市役所で市の職員約60人に「メンタルヘルス入門」、そして昨日8日(木)は千葉県君津市の心理治療施設・望みの門木下記念学園で、職員の方たちに「子どもの行動の理解と対応」というテーマで研修をしました。同施設には昨年度も呼んでいただき、2回目です。以前から知人である君津児童相談所の所長さんの紹介によるものです。ありがたいことです。
 
 さらに来週の12日(月)は、山梨県北杜市で「自殺対策ゲートキーパー養成研修」をします。
 
 前記事の通り、4日に日本臨床・教育アドラー心理学研究会第8回大会もあったので、出かけてばかりで確定申告の準備ができずに困っています。
 
 さて、現在発売中の『月刊 生徒指導 2018年3月号』(学事出版)に寄稿しました。
 
「教師と生徒のメンタルヘルス支援」というタイトルです。同誌には、1年間「アドラー心理学で生徒指導」というリレー連載があり、私がそのトリを務めさせていただいたのです。
 スクールカウンセリングと開業臨床という場面で、アドラー心理学をどのように使っているかを簡潔に述べています。
 
 学校関係者の方々、是非、ご覧ください。
 

| | TrackBack (0)

February 16, 2018

『オープンダイアローグを実践する』

 最近、アドラー仲間の八巻先生やブリーフセラピーの白木先生に感化されて、オープンダイアローグの本を読んだりしています。
 
 
 本書は日本にオープンダイアローグを紹介し普及に努めている先生たちと、フィンランドのオープンダイアローグの開発者とのシンポジウムを書籍化したもののようです。
 
 オープンダイアローグの要点や、日本の精神医療に果たしてどのくらい導入できるのか、率直に話し合っています。薄い本なので、私のような初学者でも、オープンダイアローグを巡る今の状況がうかがい知ることができます。
 よかったら読んでみてください。
 
 印象的なところを二つだけ引きます。
(引用開始)
 つまり我々人間は誰もが主観的にならざるを得ない生き物なのです。客観的にはなれないのが人間というものなのです。「私たち専門家は主観的であるべきだ。私たちは主観的に考え、さらに考え、そして結局のところ自分たちが主観的であることに気がつくのだから」。これはヤーコではなく、別の私の同僚が語ったことですが、この気づきがダイアローグの最初の扉なのだと思います。  p19
 
 では、未来語りのダイアローグのよいところはどこかというと、これはトムが言っていることですが、「人間とは、未来を語ることで楽観的になりうる存在だ」ということです。「楽観的になりなさい」ではなく、未来を語ることで「楽観的になれる」構造を持っているということです。  p85
(引用終わり)
 
 つまり、アドラー心理学でいう、認知論と目的論そのままの姿勢ですね。
 
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧