November 15, 2017

『老子と太極拳』

 太極拳は老子や荘子の老荘思想、道教と深いかかわりがあることは、太極拳を多少なりとも学ぶ人なら知っていることでしょう。
 
 ではその中身は、というと相手が中国古典であることもあって、なかなか詳しく学ぶ機会はありません。いざ挑戦しても中国語も漢文はもちろんわかりませんし、現代訳もわかりやすいわけではないので、歯が立たないことが多いでしょう。研究者も普通武術の専門家ではありませんから、武術のような身体文化から老子を見るという発想はありません。
 
 また、『よくわかる老子入門』『ビジネスに役立つ老子』みたいな一般向きの、どちらかというと自己啓発的な本を見ても、実際に太極拳や武術とどう絡むのかわかるものではありません。あくまでも雰囲気を味わうにとどまります。
 
 私も『老子』は持っていますが、昔ざっと読んだだけに過ぎず、とても消化できていません。
 
 つまり、老子の思想と太極拳を高度に学んだ人による解説が必要なわけです。
 
 清水豊著『老子と太極拳』(ビイング・ネット・プレス)は、まさに太極拳などの伝統武術(日本の合気道なども含む)と老子の両方の思想を味わうにはうってつけです。
 
 著者は10代より楊家太極拳、合気道、新陰流などを修め、國學院大學大学院や国立台湾師範大学などで神道や中国思想の研究を行ってきた人です。
 『老子』に記されていることは、まさに太極拳の考え方そのものである。…(略)…
 
 目先の闘争ではなく、おおいなる道(タオ)との合一を視野に入れた武術のことを、とくに「道芸」ということがある。太極拳や八卦拳、形意拳それに合気道も、みな「道芸」に属するものなのである。そうであるから、どれも、『老子』の内容と共通性を有するわけである。いうならば『老子』は、道芸の奥義書といってもよいのである。  p4
 
 
 含蓄のある文章で、太極拳がいかに老子の思想を具現化し、身体化したものかが非常によくわかりました。太極拳の先人たちは、ただの雰囲気で老子を取り入れているわけではないのです。
 私にはとても勉強になりました。
 
 本書を読むと、きっと太極拳や武術の理解が深くなり、日頃の稽古が一層愉しくなるでしょう。
 
 ここでも時折、大事と思ったところは引用、メモさせていただこうと思います。
 

| | TrackBack (0)

November 09, 2017

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』

 ここのところ勝手なことをいろいろ書いてきましたが、ようやく@niftyでAmazonとのリンクができるようになったので、たまっていた本を随時紹介していきます。
 
 小倉広さんの『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』(ダイヤモンド社)は、改めてアドラーの言葉を集めた本で、アドラー自身の言葉を受け取るのに最良です。
 
 この秋に出て、小倉さんに献本いただきました。小倉さん、ありがとうございました。
 
 本書の前作『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』も、最初にアドラー心理学を知るのに最適な良書でした。21万部も売れたそうだから、あれでアドラー心理学に入った人も多かったと思います。
 
 今回は、さらに突っ込んだ感じでアドラー心理学の内容が説明され、でも初めて触れる人にもわかりやすい開かれた内容になっています。
 
 やはりアドラー自身の言葉と、自分の性格(ライフスタイル)を変えるにはどうすればいいかという点に絞ったのがいいですね。
 
 しかも今回は出典が明記してあるのがいい。そこからさらに学びたい人が、さかのぼって原典にいけます。
 
 それにしてもアドラーの生の言葉だけを読むと、やはりけっこう厳しいことを言っていますね。あからさまというか、あまりロマンチックでも文学的でもありません。
 ここが魅力であり、反発も生じるところかもしれません。
 人は迷いの解決、解放の前のところでウロウロするのが好きですから。そのウロウロを美しく、文学的に、哲学的に、ドラマチックに描くほうが喜ぶ人が多いでしょうね。
 
 ただ、やはり人生の真実を突いているな、と改めて実感しました。
 
 最後にドキッとする一言を。
 
 アルコールが人の本性を変えるのではない。
 飲んでいないときに上手に隠していた本性が、
 気の緩みとともに、表に出てきただけである。  p70
 

| | TrackBack (0)

September 16, 2017

トラウマと瞑想

 マインドフルネス瞑想を使ったトラウマ治療を解説した大谷彰『マインドフルネス実践講義』(金剛出版)の最後の方に、トラウマ治療の今後について示唆的なことがサラっとあります。
 
 マインドフルネス瞑想を治療に使う臨床マインドフルネスは、トラウマの苦痛を和らげ克服し、ポストトラウマ成長(Posttraumatic Growth : PTG)を目指すのに対して、本来のマインドフルネス瞑想を継承してきた仏教側(本書ではピュアマインドフルネス)の見解が引用されています。
 
(引用開始)
 
 ピュアマインドフルネスのパラダイムでは仏教の教える無常(amica)と無我(anatta)の観点からトラウマ体験を捉えます。これは大パリニッタパーナ経仏典にある次の偈に明示されています(中村,1980)。
 
 つくられたものは実に無常であり、生じて滅びるきまりのものである。
 生じては滅びる。これら(つくられたもの)のやすらいが安楽である。
                          (中村元=訳,pp160-161)
 
 トラウマ体験とそこから生じるPTSD症状も「つくられたもの」であり、「生じては滅びるきまり」に従います。この原理を理解し、トラウマからの苦痛ををありのままに捉え、それから自由になることが「安楽」となるのです。これはけしてトラウマを否定したり、PTSD症状を忍従することではありません。むしろマインドフルネスによって・・・
                                         p145
(引用終わり)
 
 やさしい大谷先生は臨床家らしく最後の方に、「これはけしてトラウマを否定したり…することではありません」と注釈を入れていてその通りなのですが、でも、ある意味で否定と言ってもいいことにもなり得ると思います。別にそれは悪い意味ではありません。
 
 瞑想の果てに「すべてはつくられたものである」「すべては空である」と世界の空性を自覚することが「悟り」であるなら、当然その境地からすればトラウマだって「空」のはずです。
 
 トラウマには本当は根拠はない、と悟ったときに真の解放が来るのは、論理的に必然のように思われます。
 
 その道には慈悲、コンパッションというのもありますが、別に瞑想も仏教もヒューマニズムではないと私は思います。生命の実相を悟る道に過ぎません。ただそれで食っている坊さんたち始め、その業界人は、いろいろ継ぎ足して言うでしょうけど。
 
 だからトラウマに苦しむ人は、瞑想や何らかのスキルで症状や辛さを処理できるようになったら、次はここを目指せばいいのです。
 
 今のトラウマ学の最先端はトラウマの脳を含む身体への影響らしいですが、その緩和のために瞑想を使うのは、ボディーワークの一つとして扱っているということになるでしょう。別にそれが悪いわけではなく、今の臨床マインドフルネスの在り方であり、限界ということです。私もそのために使っています。しかし、身体に縛られていては空には至れません。
 
 これは私の妄想ですが、マインドフルネス瞑想を始め効果的なトラウマ治療が出尽くした後に臨床家が至るのは、あるいは気づくのはこの境地かもしれません。
 
 ということは、その昔、アドラーがいみじくも言った、「トラウマは存在しない。ショックがあるだけだ」という考え方に近づくことになりそうです。またもアドラーさん、先走っている。
 
 ただ、それは簡単な道ではないでしょう。だって坊さんたちが何年も山で修行して悟るようなことだから。
 
 しかし、これも未来は意外に簡単に至れるようになるかもしれません。実はその方法の青写真は私にはあるのですが、あまりにも現代臨床心理学のパラダイムの外なので、いつか確信を得たら発表したいと思います。いや、ないかなあ。
 
 

| | TrackBack (0)

September 12, 2017

『マインドフルネス実践講義 マインドフルネス段階的トラウマセラピー』

 マインドフルネス瞑想を臨床でさらに実践的、効果的に使うための必読書です。
 
 
 以前大谷先生のWS体験(マインドフルネスの基礎と実践)や著書をアップしましたが(マインドフルネス入門講義)、本書は前作の続編であり、さらに詳細に心理療法でいかにマインドフルネス瞑想を使うかを説いています。
 
 マインドフルネス瞑想の全体像と科学的エビデンスをできるだけ網羅しながら、トラウマ治療にどうやってこれを用いるかを説明しています。
 それをマインドフルネス段階的トラウマセラピー(Mindfulness-Based Phase-Oriented Trauma Therapy : MB-POTT)と呼びます。
 
 私には、以前からこのやり方でいけるのではないかと思っていたこととほぼ同じ内容が書かれてあって、権威からお墨付きをいただいたみたいで、勇気づけられました。
 
 瞑想を使ってセラピーをやるには、けっこうセンシティブな感覚と、瞑想や変性意識に関する詳しい知識や経験が必要だと思います。やはり相応の瞑想体験はあった方がいいのはいうまでもありません。
 ただ、別に悟りを目指すわけではないのだから、ある程度経験のある人には、意外に難しいことではないと思います。
 
 本書を読むことは、マインフルネス臨床のエッセンスを受け取る契機になるかもしれません。
 

| | TrackBack (0)

September 02, 2017

『ニーチェに学ぶ「奴隷をやめて反逆せよ!」』

 8月30日は山梨県の南部にある身延町に行き、「峡南地域教育フォーラム」で講演会をしました。「学校・家庭・地域の連携」というメインテーマで、私は思春期の子どもへの勇気づけについてお話をしました。
 地域の教育関係者、一般の方、約80人が参加してくれたようです。はじめは固い表情の参加者が講演会の終わりころには柔らかい表情になってくれたのがよかったです。
 
 さて、前記事はトランプ大統領のことでしたが、昨年、そのトランプ当選を大統領選中の早くから予言・断言し、本にまで著した人が副島隆彦先生でした。言論人であそこまで言い切ったのは、先生だけでした。その慧眼を、知的に誠実な人は認めるべきだと私は思ってきました。
 その後、さすが五木寛之氏や佐藤優氏がそれを認めるべき発言をどこかでしていたそうですが、大抵の器の小さい文化人、マスコミ人は、それを認めないのか、黙殺しているようです。
 
 そのようにいつも孤独な副島先生が、やはり孤独な大哲学者、ニーチェに深く共感し、入れ込んで書き上げた本が最近出ています。
 
 
 私も若い頃からニーチェの本は解説も含めて何冊か読んできましたが、面白さを感じつつも、いまひとつわかり切れていない感じがありました。
 大学生時代、『ツァラトゥストラはかく語りき』はほんとに面白い読み物で、強烈なエナジードリンクでしたが、結局はそれだけでした。
 でも現代の哲学者や思想家によるニーチェの解説はさっぱり面白くないし、わからない。
 
 自分の頭の悪さのせいと思いもしましたが、やはりそれは、ニーチェ死後150年間の解説者の「ニーチェ無理解」がいけなかったと、副島先生は断言します。
 
 本書で副島先生は、ニーチェ思想の本質と、ニーチェの人生、人間関係を、いつもの明晰で激しいけれど、どことなくユーモラスな文体で描きつくそうとしています。読んでいて、つい引き込まれてしましました。
 ニーチェの思想の核心とは何か。
 それは、ローマ教会キリスト教に向かって、お前たちこそが人類の悪そのものなのだ、とえぐり出したことだ。ローマ教会キリスト教こそが、人類に奴隷の思想を圧し付け、いろいろな巨大なウソを人間に吹き込んだ諸悪の根源だ。人間は本当はひとりひとりが自由に楽しんで生きていいはずなのに ― ニーチェは人類のこの巨大な真実を暴いた人だ。  (帯より)
 哲学に関心があるけど、とっつきにくいとか読んでもわからなかったという人は、是非お試しください。
 ニーチェが何と戦っていたのか、ニーチェの人生の流れと西洋の思想史ともに身に入ってきます。
 
 それにしてもニーチェと作曲家ヴァーグナーが同性愛の関係だったとは知らなかった。
 

| | TrackBack (0)

August 26, 2017

『ディスコースとしての心理療法』

 長く日本の家族療法、ブリーフセラピー、ナラティブ・セラピーをけん引してきた児島達美先生(長崎純心大学教授)の論文、記事をまとめた本で、これらの分野に関心のある私には大変面白く、参考になる内容でした。
 
 
 ディスコースは「言説」とセラピーや現代思想界隈で訳されることが多いと思います。ただの言葉や文章というより、言葉によって出来上がる思考の枠組み、意味づけ、現実のあり方なども含まれている思います。いわゆる社会構成主義といわれる立場でよく使われます。
 
「心理療法は内面の何かを明らかにしたり、行動をあつかうものではなく、つまるところ、ディスコースである」という筆者の立場がそのまま書名になっています。
 
 なんか難しそうに聞こえるかもしれませんが、臨床やカウンセリングをやっている人ならとても実践的な内容であることが本書を読むとわかっていただけると思います。
 
 本書では入門書にありがちな、家族療法やブリーフセラピーなどをわかりやすく解説するというより、それらを筆者がどう思っているか、どう付き合ってきたか、自身の臨床歴と共に語られています。ナラティブ・セラピーに至っては、いまだ「輪郭を明瞭につかめないでいる」とまで告白しています。
 その上で、それらの最新のセラピーの魅力について十分に語ってくれています。
 
 確かにナラティブ・セラピーの本は、文字がやたら多くてページに詰まっているものが多く、読んでもすっきりした感じがしないので、わかりにくいと感じてしまうことは私にもよくあります。解決志向アプローチに比べて、つい敬遠してしまう。
 
 私は本書で、ナラティブ・セラピーの見取り図ができました。
 
 本書の後半は、筆者と筆者の友人の和田憲明先生(故人)がスーパーヴィジョン(SV)をしている章がけっこうあり、とても興味深いものばかりでした。うつ病、統合失調症、小学生の子どもの3つのケースですが、逐語録と共に、かなり丁寧に参加者が語り合っています。
 その中でSVを受けた人がまとめたところが面白かったのでメモします。
①面接を構造化しなくてはならない。 → 必ずしもそれが役に立つとは限らない。
②患者の言動・行動には心理的な意味がある。 → 聞いてみないとわからない。
③妄想を症状として捉える。 → 妄想には文化がある。
④面接の解釈。 → 患者とのやりとりから見出す。
⑤行き詰った面接 → 楽しく・気持ち良く・おもしろおかしく。  p195
 
 ほんとにその通りですね。
 中級者向けの本かもしれませんが、自分のセラピーを見直すのに役立つと思います。
 

| | TrackBack (0)

August 13, 2017

『人生を変える幸せの腰痛学校』

 このお盆、夏休みの読書に最適でしょう。子どもの読書感想文にはまだ早いかもしれないけれど。
 
 
 多くの人が悩んでいる腰痛、椎間板ヘルニアとか脊柱管狭窄症とか診断されて、手術を受けたり、整形外科、整骨、整体などなどを巡り歩いている人はたくさんいるでしょう。
 
 でもそれで本当に治ったか?
 本当に今の治療法(西洋、東洋問わず)は正しいのか?
 
 どこかおかしいと思っているあなた、本書を読めば目からうろこ、新しい世界が開けますよ。
 
 腰痛には心(正確には心理・社会的因子)、痛みを感じる脳の働きが絶対的に大きな役割を果たしていることが科学的にわかってきています。
「思い」や「考え」が腰痛を作っているなんて、ほとんどの腰痛には身体的治療は必要ないなんて、にわかには信じられないかもしれません。しかし、どうやら確かなようです。
 
 したがって治療の幹になるのは、認知行動療法と運動です。
 (内容紹介)
 
ようこそ、世界最先端の腰痛治療「認知行動療法プログラム」の世界へ──
世界初! 読んで治す、腰痛改善のための物語

ある小さなクリニックの休診日に行われる「慢性腰痛改善プログラム」。そこにたまたま集った、年齢、職業、家庭環境、痛みの内容が異なる6人の“腰痛難民"たち。講師は元大学病院整形外科勤務の不思議な先生だった──
「腰痛を治したければ、腰痛を治そうとしたらアカンのですわ」
「ほとんどの椎間板ヘルニアは痛みと無関係」
「腰痛は風邪と同じ、自己限定性疾患です。自分で治せます」
「どの専門家からどんな説明を受けるかでその後の人生が大きく変わってしまうんです」
「人間てね、自分が思てるよりずっとずっとすごいんですよ」
「プラシーボ効果は、すでに力が備わっているという証拠です」
「いい気分は、自信や行動力を取り戻してくれる」………
8週間にわたる授業によって、腰痛に対する6人の「思い込み」と「誤解」が少しずつ解き放たれていく……。
物語を読み進めていくうちにあなたの脳に刻まれている間違った常識が覆される、世界で初めて【腰痛の改善】を目的に書かれた真実のストーリー。
 そう、小説仕立てで、とても面白い。登場人物たち、腰痛難民の苦しみ、悲しみ、そして希望とともに回復に至るストーリーが巧みで共感を呼びます。
 
 作者の伊藤さんは、実はアドラー仲間で、この初夏、日本支援助言士協会のアドラー心理学合宿でお会いした時に本書をいただきました。伊藤さん、画期的で素敵な本をありがとうございます。お話しさせていただくと伊藤さんは、なんと以前から本ブログに来てくれていたそうです。ありがたいことです。
 
 だから本書には認知行動療法だけでなく、アドラー心理学もきちんと言及されています。またゆる体操などに通じる体をゆるめることの大切さも、説かれています。
 
 かといって本書は悪い意味で科学的な雰囲気ではなく、身体への敬意、身体の未知の力への信頼がベースになっていて、嫌みがないのがまたいいですね。
 
 私としては当たり前のことが、こうやって表に出てきてくれてうれしいです。
 カウンセリングの副読本にしよう。
 

| | TrackBack (0)

August 09, 2017

『アドラー臨床心理学入門~カウンセリング編』

 私たちの本『臨床アドラー心理学のすすめ』に先駆けて、もう一冊、本格的なアドラー心理学による臨床の本が出ています。
 
 
 アドラー仲間の臨床心理士、山口さんが同じ精神科クリニックで働くアドラー派のカウンセラー4人と創り上げた本です。みんな、よく存じ上げている方たちです。
 
 本書の前半は山口さんがアドラー派のカウンセリングの基礎を、語学が堪能な山口さんらしく、丁寧に文献からまとめあげて説明してくれています。これがとてもしっかりした内容で、すごく参考になります。
 
 後半は、カウンセリング場面での具体的な適用の仕方について、各分担執筆者が書いています。
 
 これを見れば、アドラー心理学は精神科臨床でも立派に使えることがわかるでしょう。
 
 本書は、2年前に出した私の共著『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)の実践編、姉妹版として出されています。
 表紙も同じデザインで、色違い。ほとんどおそろい、ペアルックみたいですね。
 
 このシリーズはこれからテーマを変えて、どんどん発展していくかもしれません。
 

| | TrackBack (0)

August 04, 2017

アドラー心理臨床座談会

 今回出した『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)は、自分で言うのもナンですが、なかなか面白いです。やや、玄人向けではありますが、セラピストの基本的な姿勢や考え方から、セラピーの各段階に沿ったアドラー心理学の使い方が詳述されています。
 
 単に教科書的な記述ではなく、それぞれの執筆者のスタイルや個性も明確に出ています。
 
 さらに各章末に他の執筆者によるコメントがついているのがユニークです。
 これは昨今話題のオープンダイアローグなどのリフレクティブ・トークから発案されたものです。
 
 そして、最も面白いと思ってもらえるかもしれないのが、最終章の座談会。
 
 3人の執筆者と箕口雅博先生(立教大学名誉教授)とが、アドラー心理学について自由に語り合っています。
 箕口先生はコミュニティー心理学の大家として、心理臨床の世界では有名な方です。実は先生、長年アドラー心理学も研究、実践されてきたのです。
 今回、光栄にも箕口先生に対談に参加していただけて、より専門的で、幅の広いものになったと思います。
 
 その座談会、実は本書で収録しきれないくらいのボリュームで、収録したのはその後半部分でした。
 前半部分がもったいないなと思っていたら、本の宣伝もかねて、サイトにアップすることになりました。
 
 
 日本のアドラー心理学の黎明期、アドラー心理学とコミュニティー心理学、心理臨床の世界にどうやってアドラー心理学を浸透させていくかなどを、自由に、好き勝手に語り合っています。
 
 是非、お楽しみください。
 

| | TrackBack (0)

August 02, 2017

『臨床アドラー心理学のすすめ』出ました!

 昨日から『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)が発売になりました。
 
 もう書店には出ているでしょうか。
 地方はこれからかもしれません。
 
 Amazonでは今日の時点で在庫切れです。
 ご迷惑をおかけします。
 こら、Amazon、売れないとでも思っていたか。
 
 アドラー心理学によるカウンセリング、心理療法について他書にはない、一歩踏み込んだ内容になっています。勉強したことがある人にも、一般の臨床家にも参考になる内容だと思います。
 
 是非、お買い求めください。
 
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧