February 09, 2017

『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の概略をつかむ

 分厚い本や長編小説を読むと、終わりが近づいてくるとなんだか寂しい気持ちがするものです。早く読み終わりたいような、少しペースを落としてじっくりと味わいたいような気持で揺れることがあります。
 若い頃はエンターテイメントを含めてけっこう長編を読んだものですが、最近は短くてわかりやすいものやお手軽な本を手にすることが増えました。ご時勢も年齢も影響しているのでしょう。
 
 増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)は、まさにそれ自体で「自立」するほど分厚い本でしたが、そういう読書体験でした。古今無双、明治、大正から現在まで含めても最強といわれる柔道家にして、力動山戦で謎の屈辱の敗北を味わった木村政彦の生涯を通して、昭和という時代を味わった感がありました。
 
 でも面白いからと知り合いに進めても、やはり厚い、長いで敬遠されることが多いことがわかりました。
 
 そこで書評サイトで本書をよくまとめたところがありましたので、リンクします。それでも少々分量あるけど。
 
 
 興味を持ったら、読んでみてください。
 

| | TrackBack (0)

January 19, 2017

『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』

 2011年に出版され、武道、格闘技関係者のみならず戦前・戦後文化に関心のある人たちに衝撃と興奮を与えた増田俊也著『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)をようやく読みました(大宅壮一ノンフィクション賞受賞作品)。
 
 700頁にも及ぶ大作なので、ここ数年の多忙の中であえて手を出さなかったのですが(読みふけってしまいそうだから)、この年末年始の休みにやっと読むことができました。
 
 やはり、素晴らしかった。
 
 もちろん、不世出、無敵の柔道家・木村政彦の個性的で、凄まじく起伏のある生涯を追いかけているのですが、木村以外の有名、無名、歴史に埋もれてしまった武道家たちにも光が当てられ、戦前と現代の武道界がいかに断絶、変質してしまったか歴史的経緯も丁寧に説かれています。私も漠然と知っていたことが明確になったり、初めて知るエピソードもたくさんありました。
 
 熊本の貧乏の家に生まれた木村政彦はどういう人物で、どう育ち、どうやって強くなったのか。彼を創り上げた戦前の柔道界、武道界はどういう人物がいて、どのような状況だったのか。
 そして昭和29年(1954年)12月22日の、あの「昭和の巌流島」といわれた力道山との一戦の真相は何だったのか…
 
 普通の人は柔道は今の講道館だけであり、しかも明治時代に古い柔術に嘉納治五郎率いる講道館が勝ったから取って代わったと思っているかもしれませんが、史実は全く違います。戦前は講道館以外にも有力、強力な団体はあり、むしろ講道館より実力、勢力があったのです。木村政彦はそのすべての柔道界の中で頂点でした。
 その彼がなぜあんな無様な負け方をしてしまったのか。
 
 いろいろ紹介したいエピソードはありますが、まとまりがなくなりそうなのでやめておきます。
 常識や物事への思い込みを相対化してくれる本はいい本です。
 
 しかも構想から完成まで18年を要し、学術論文並みに徹底的に調べ上げながらも、柔道家でもあった著者の木村政彦や無数の武道家、柔道界への熱い思いもしみ込んでいて、読者の気持ちも熱くなる名著です。
 
 遅れて読んだ私が言うのもなんですが、是非一人でも多くの人に読んでもらいたい。特に武道関係者には。
Amazonより)

内容紹介

昭和29年12月22日----。プロ柔道からプロレスに転じた木村政彦が、当時、人気絶頂の力道山と「実力日本一を争う」という名目で開催された「昭和の巌流島決戦」。試合は「引き分けにする」ことが事前に決められていたものの、木村が一方的に叩き潰され、KOされてしまう。まだ2局しかなかったとはいえ、共に生放送していたテレビの視聴率は100%。まさに、全国民注視の中で、無残な姿を晒してしまった木村、時に37歳。75歳まで生きた彼の、人生の折り返し点で起きた屈辱の出来事だった。柔道の現役時代、木村は柔道を殺し合いのための武道ととらえ、試合の前夜には必ず短刀の切っ先を腹部にあて、切腹の練習をして試合に臨んだ。負ければ腹を切る、その覚悟こそが木村を常勝たらしめたのである。約束を破った力道山を許すことができなかった木村は、かつて切腹の練習の際に使っていた短刀を手に、力道山を殺そうと付けねらう。しかし、現実にはそうはならなかった......その深層は? 戦後スポーツ史上、最大の謎とされる「巌流島決戦」を軸に、希代の最強柔道家・木村政彦の人生を詳細に描く、大河巨編!!    

出版社からのコメント

『ゴング格闘技』誌上において、2008年から2011年まで、約4年間にわたって大反響を呼んだ長期大型連載が、待望の単行本化です。戦前、史上最年少で「全日本選士権」を制し、1949年に優勝するまで一度も負けず、15年間、不敗のまま引退。木村政彦は間違いなく日本柔道史上、最強の柔道家です。また、力道山戦の3年前、ブラジルに遠征し、ホイス・グレイシーの父、エリオの腕を骨折させて圧勝、その技が「キムラロック」として、世界に定着しており、総合格闘技の父ともいえる存在です。「鬼の柔道」を継承した師匠・牛島辰熊、そして自身が育て上げた岩釣兼生、三代続く師弟関係を中心に、戦前から戦後の柔道正史、思想家でもあった牛島による東條英機暗殺未遂事件の真相、プロレスの旗揚げなど昭和裏面史の要素もふんだんに織り込んだ、長編ノンフィクションです。著者の増田氏は、この作品を書くために、18年もの歳月を費やし、資料収集と取材にあたってきました。ボリュームある装丁ですが、増田氏の丁寧で真摯な取材と文章が、最後まで読む人の心を掴んで離しません。ぜひ、多くの皆様に読んでもらいたいです。

 

| | TrackBack (0)

January 08, 2017

『オープンダイアローグとは何か』

 
 北欧フィンランドで「対話の力」によって、統合失調症の治療に素晴らしい成績を上げているとして、精神医学、臨床心理学の世界に衝撃を与えているオープンダイアローグの入門書です。
 著者はひきこもりや若者文化の分析、精神分析家ラカンについての著書で知られています。正月のNHKEテレ「100分de名著」の手塚治虫特集にも出ていましたね。
 
 心理臨床の世界にも流行り廃りがあり、100年前は精神分析学、戦後はロジャーズのクライエント中心療法、ここ数年は認知行動療法であり、最近はマインドフルネス瞑想でした。その前は解決志向ブリーフセラピーだったり、家族療法だった時代もありました。アドラー心理学はこれまでもこれからもないでしょうね(笑)。
 
 知人の臨床家は、「これから(心理臨床界で)来るのはオープンダイアローグだ」と断言していました。
 本書の斎藤環氏も、「ラカンは実は治療が下手だ」と曝露までして、オープンダイアローグにかなり入れあげている感じです。
 家族療法、ベイトソンの思想がベースにあると言われるオープンダイアローグは、一読して私には親近感がありました。
 徹底的な対話によって、深刻な精神症状が変わっていくのは、カウンセラーや臨床家の理想とするところです。その実態はどうなのか。本書でオープンダイアローグのアウトラインがつかめます。
 
 私は昨年はマインドフルネス瞑想に関心を持って学び、臨床で使ってきて手応えを感じたので一段落し、今年は「対話の力」を高めたいと思います。オープンダイアローグ、ナラティブにエネルギーを向けようかな。内から外、内面志向からコミュニケーション志向へとシフトチェンジします。
 
 これでまた一つ、達人に近づいた・・・。
 

| | TrackBack (0)

December 22, 2016

『不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー』

 不登校やひきもりに関するカウンセリングをしているカウンセラーは多いと思いますが、ブリーフセラピーの立場から、実践的な報告をしてくれています。
 
 
 総勢12人の先生が書いていますが、みんな日本ブリーフサイコセラピー学会の会員で、いつも学会や研修会でお目にかかっている先生ばかりです。個人的には、「あの先生、こういう感じで実践しているんだ」と推測できて興味深かったです。
 
 不登校・ひきこもりの問題(本人、家族、関係者を含む)にどうアプローチするか、その発想のポイントと実践例が出ています。
 現場も精神科やスクールカウンセリングといったよくある臨床現場だけではなく、受験予備校、高校、スクールソーシャルワーカー、開業といろいろあります。
 具体的な方法も、解決志向アプローチみたいなブリーフセラピーの代表格だけでなく、認知行動療法や対人関係療法も出ています。
 実践領域もアプローチも幅広くて柔軟なブリーフセラピーらしい本です。
 
 文体も肩ひじ張らないエッセイのような感じが多く、自由で気楽な雰囲気のブリーフセラピストらしさが良く出ています。
 
 臨床を楽しくしたいカウンセラーさんは是非。
 
 

| | TrackBack (0)

December 14, 2016

『なぜ空手は太極拳で強くなるのか』

 タイトルに惹かれて買いました。
 
 実際カミングアウトするかはともかく、空手の修行者、高段者で本格的な太極拳を学ぶ人は少なくありません。私の流派にも著名な先生が熱心に通われていたりします。
 これは太極拳が空手より優れていると安易にいいたいわけではありません。ただ、空手に不足しているもの、あるいは言語化、意識化が十分にできていないところが太極拳にあることを、真面目な学習者ほど感じ、知っているからだと思います。
 
 そうなら自らの武術の進化、深化のために剛の拳法に柔の極致である太極拳を取り入れるのは理にかなっています。
 
 池田秀幸著『なぜ空手は太極拳で強くなるのか』(フルコム編、東邦出版)は、そんな真摯な一武道家が体得したものを伝えようとした書と思いました。
 
 著者は数々の空手、特に沖縄空手を学びながら、陳式太極拳も学んで独自の鍛錬を重ねてきた人のようです。空手の先生が「空手には技を説明する言葉が少ないが、太極拳をはじめとする中国の武術には、技を説明する言葉と理論が豊富である」と言ったのが、本書の発想のもとになったそうです。
「太極拳の理を、なんとか三戦やナイハンチなどの拳理の説明に役立てられないか、という大胆な発想にたどりつきました」
 と語っています。
 ともすればそれぞれの体系の中に閉じこもりがちな各武術ですが、とても越境的な人です。市井の比較武術学者とでもいえそうです。
 
 著者は元々養護学校の先生をしていたのが、稽古のために辞めて多摩湖の側に移り住んだり、実戦の場を求めて米軍基地で太極拳教室を開いたり、渡米したりとなかなか行動的です。
 それらのエピソードも面白いのですが、やはり分解写真などによる身体操作の解説が参考になりました。
 ただ、著者の理論の根幹である「四呼間の動き」の説明が不足気味で、イメージしにくいと感じました。関節、筋肉を緩めたまま動かすためのコツのようなもので、パッパと2拍子ではなく、4ステップ位に分けて動かすということのようですが、直接学ばないとわからないのかもしれません。
 
 著者の動画もいくつか出ていますが、単なる筋トレではなく、呼吸法や気功法で鍛えぬいた体であることがわかります。御年65歳だそうですが普通じゃありませんね。
 
 
 
 著者のところとは違いますが、山梨で本格的に太極拳を学びたい空手マンは、是非私の稽古会にご参加ください(注:陳式太極拳ではありません)。
 
 
 

| | TrackBack (0)

December 09, 2016

『マインドフルネス入門講義』

 今や心理療法界も武道界も大注目のマインドフルネス瞑想ですが、最も良質で専門的な本があります。
 
 
 臨床催眠、マインドフルネスの世界的権威で、長くアメリカで活躍していた大谷先生が、日本人臨床家向けに懇切丁寧に説明しています。
 大谷先生は前記事にある通り、先日のトラウマ治療のシンポジウムに登壇していました。専門性の高さと同時に自らも熱心に仏教瞑想を修行している先生に私最近、隠れ追っかけファンです。
 
 本書で、仏教とマインドフルネスがアメリカに受容される歴史から、ニューロサイエンスによる瞑想中の脳の知見、第三世代の認知行動療法と言われる潮流の中にいかにマインドフルネス瞑想が入っているかなどが詳しくわかります。
 
 私的にはアメリカの仏教受容の過程のところで、その昔トランスパーソナル心理学の吉福伸逸さんから教わったことが思い出されて、懐かしかったです。
 本書にも出てくるチベット仏教をアメリカに伝えたチョギャム・トゥルンパ師のところへ、私の先輩が渡米してその寺に入っていました。今も修行をしているみたいです。うらやましかったですね。自称瞑想ジャンキーの私もちょっと選択が違って帰郷しなかったら、今頃西海岸辺りに渡って、禅センターかエサレン(有名なセラピーセンター)にでも入り浸っていたかもしれません。
 ちなみにオートポイエーシス(自己組織化)で有名な認知科学者フランシスコ・ヴァレラもトゥルンパ師の弟子らしいです。
 
 それはともかく本書では、マインドフルネスを本来の「ピュア・マインドフルネス」と「臨床マインドフルネス」に分けています。
 最近はマインドフルネスがあまりに社会に浸透した結果ビジネス的になったと、ピュアマインドフルネスの人たちから苦言を呈されることもあるようです。わかる気もしますが、それだけ少なからぬアメリカ人が熱心に学び、有効な方法と認めたということでしょう。
 
 臨床マインドフルネスとしては、情動調整、ストレス対処、うつ、不安、疼痛、薬物依存、パーソナリティー障害などへの適用について論じられています。
 
 マインドフルネス瞑想を臨床やカウンセリングで使うセラピストには、必須の基本文献です。
 

| | TrackBack (0)

December 01, 2016

『ライフデザイン・カウンセリング・マニュアル』

 キャリア・カウンセリングのテキストで今最も注目されているらしいキャリア構成理論のマニュアルです。
 
 
 いわゆる職業相談、進路相談のような現場で今まで使われてきたのは、「職業ガイダンス」と「キャリア教育」という発想でした。
 
 職業ガイダンスは、心理学的な検査などで客観化されたパーソナリティーと職業とのマッチングを探るものです。キャリア教育とは、「発達課題という予測される軌跡を拠り所にして、成熟した態度や能力を個々人の中に育て、階層組織の内側でキャリアを展開していく準備をさせる p80」ことを目指すものでした。ハローワークや職業訓練校、学校などでよく行われてきたアプローチだと思います。
 
 しかし著者のサビカス氏は現代社会、ポストモダンの時代にはそれだけでは十分ではないと考えて、「ライフデザイン」という考えを提唱しています。
 
 それは、クライエントが自伝的ストーリーを語りながら、自分の人生の意味と目的を探っていき、自分の職業人生をデザインすることをカウンセラーが援助するものです。
 根底にあるのは社会構成主義、ナラティブ・アプローチです。本書ではそれだけを言っているのですが、実は著者のサビカス氏はれっきとしたアドレリアン、アドラー派の心理学者です。アメリカには氏が分担執筆しているアドラー心理学の基本テキストもあります。
 
 何より本書で展開しているアプローチがアドラー心理学のライフスタイル診断のエッセンスであることは明らかです。
 その証拠に自伝的ストーリーを抽出するために、早期回想(early recollections)の方法がしっかり使われています。本書では「子どもの頃の思い出」と訳されていますが、訳者は著者とアドラー派のかかわりを知らないのだろうか。
 
 私は本書などでサビカス氏のキャリア構成理論を知るずっと前から、甲府のハローワークで心理相談を月1回担当しているのですが、そこは病院臨床やスクールカウンセリングとはまた違った主訴やクライエントさんに出会います。症状や問題の改善、解決だけではなく、自分の人生を改めて考え直すアドラー心理学のライフスタイル診断の技法がとても役に立つことに気づいて、よく使っています。
 その点で本書は、私が実践していたことを裏打ちしてくれており、自信を持つことができました。
 
 ちなみに早期回想の方法については、拙共著『アドラー臨床心理学入門』(アルテ)で、私が解説しているので、関心を持った方は当たってください。
 
 キャリア構成理論は、「21世紀のキャリア・カウンセリングの語るうえで。最重要のテーマ」だそうで、『嫌われる勇気』に始まる日本のアドラー・ブームだけでなく、支援現場でもアドラー心理学が重要になってきたことを示しているのかもしれません。
 
 そして、山梨でサビカス流のキャリア・カウンセリングの講座を企画しています。詳細が決まりましたらここでもお知らせしますね。
 
 

| | TrackBack (0)

November 05, 2016

『Consultation』

 前記事でアドラー心理学に基づくスクールカウンセラーのコンサルテーションのテキストを紹介しましたが、実はもっと本格的な本があります。
 
 
 残念ながら英語です。
 でも割とクリアに書いているので、それほど難しくないと思います。
 著者はアメリカのアドラー派の大物です。
 
 学校現場におけるアドラー心理学を用いたコンサルテーションの様子が、とても丁寧に説明されています。今ある本の原稿を書いているのですが、大いに参考にさせていただいています。
 
 本書は初版がなんと1975年みたいで、これまで何度も改訂されてきており今回第4版目で、今年出たばかりです。それだけ多くの人に評価され、コンサルテーションの重要文献とされていることがうかがわれます。
 
 私としてはアメリカのスクールカウンセリングの様子が描かれていて、同業者として興味深かったですね。
 
 しかも本書には付録として、出版社のHPから登録すると(本書末にURLがあります)、著者たちの実際のコンサルテーションを動画で観ることができます。スタジオでの収録ですが、教師や保護者グループ、親子が登場していました。
 私の英語力では少々厳しいですが、「こんな風に言っているんだ」とわかって面白かったです。早速著者のカールソン氏の真似をしています。心なしか、面接が上手になったような。
 
 アドラー心理学のカウンセリングやコンサルテーションを学びたい方は、できたら当たってみてください。
 
 良い本だから、どこかで翻訳して出してくれないかなあ、と切に願います。
 

| | TrackBack (0)

November 01, 2016

『学校コンサルテーション入門』

 カウンセラーという職種の中で、今や最も多いのはおそらくスクールカウンセラーではないでしょうか。病院や公務員の心理士、臨床心理学者を軽く凌駕しているような気がします(兼務している人も多いですが)。
 
 スクールカウンセリング制度が21年前に導入されてから、それまで日本において主流だった精神分析学やロジャーズ派はどうも学校現場ではフィットしにくいと感じる人が多く、近年は解決志向ブリーフセラピーや家族療法、認知行動療法を取り入れる人が増えてきているようです。
 
 その中で私としては、アドラー心理学は、非常にスクールカウンセリングにフィットするという思いがありました。ただ学者も臨床心理士の誰もそんなことは言っていなかったし、日本のアドレリアンを称する人たちもスクールカウンセリングについて公に発言してこなかったので、「では、仕方ない。自分がやるしかないか」と腹を決め、僭越ながら仲間と出版させていただいたのが『アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門』(アルテ)でした。
 幸いこの類の本の割にしては売れたようで、現在2版が出ています。
 
 同書にもありますが、アドラー心理学は個別のカウンセリングでももちろん使えますが、実はコンサルテーションでとても使えるのです。
 
 だからコンサルテーションをするスクールカウンセラーには是非知っていただきたいのですが、実は主にアドラー心理学に基づく学校コンサルテーションの本が出ていました。
 
 
 著者の何人かはアメリカのアドラー派の人だと思いました。
 本書には随所にアドラー心理学の考え方、技法が紹介されています。
(貼り付け始め)
 
 コンサルテーションに応用できるアドラー派の理論の鍵となる原理は、以下のことを含む。すなわち、
 
・コンサルタントとコンサルティの対等性
・勇気づけ(p23参照)
・尊敬
・誤った行動の目的(p24参照)
・論理的結末(p25参照)
・家族の雰囲気(p25参照)
・クライエント(子ども)とコンサルティ(保護者、教師、管理職)の信頼
 
 アドラー派の理論は、教育を提供すること、保護者や教師を訓練すること、情報と認識を共有することを強調する。アドラー派の理論で訓練を受けた教師は、民主的な学級をめざして努力する。彼らは、子どもの誤った行動の目的を見つけ出すことができる。彼らは賞讃よりも勇気づけを用い、罰の代わりに論理的結末を用いる。 …(中略)… アドラー派の文献は、教室や家庭の状況をどのように解決すればよいか教えてくれる。  p13-14
 
(貼り付け終わり)
 
 アドラー心理学のほかに、「認知行動派、行動派、現実療法、解決志向アプローチ」を学校コンサルテーションに有効な理論的アプローチとして紹介しています。
 
 スクールカウンセラーや教育相談に携わる方は、是非参考にしてください。
 

| | TrackBack (0)

October 21, 2016

『上達の法則』

 私はアドラー心理学に限らずカウンセリング・心理療法の上達と武術の上達を切に願い続けてきたわけですが、それがどのくらい達成できたかというとまだまだなのが実感です。
 だから、ものごとの「上達」にはとりわけ関心があります。
 
 岡本浩一著『上達の法則 効率のよい努力を科学する』(PHP新書)はそんな人向け、特に中級者から上級者レベルを目指したい人向けの本です。
 
 でも誰にでもわかるように簡単に解きほぐした自己啓発系ではなく、新書にもかかわらずかなり本格的な心理学書です。このくらいは理解しないと上級にはいけないのかも。
 
 著者は、この8月に私が参加した日本ブリーフサイコセラピー学会で招待講演をされた先生で、企業や組織の問題に心理学を駆使して解決させてきたエピソードをたくさんうかがいました。専門のリスク心理学で一流の実績のある学者であるだけでなく、茶道を極め、将棋も4段、禅もけっこう修めているらしく、何事にも優秀な人で、「こんな人がいるんだな」とうらやましく思いました。きっと物事の上達に並々ならぬ関心がある人なのでしょう。著者実践のお墨付きだから、説得力はある。
 
 本書はなぜかヒューマンギルドの書籍コーナーにあったのを発見して、「あの先生の本だ!」と即買いしたのでした。
 
 例に出されているのは、将棋や囲碁、語学、カメラ、テニスなどのスポーツ、楽器などなど多岐にわたります。多分、この先生はいろんな分野に手を出して、「検証」していたのだろうと感じましたね。心理学の日常生活の応用の好例だと思います。
 
 本書は「上達の方法論」「スランプの構造と対策」「上級者になる特訓法」などが詳しく説かれ、読むだけで上達しそう。少なくともそんな気分になれます。私は「精密に学ぶ」ために理論書の重要性が強調されているのが印象的でした。
 
 何かの分野で上達したい人は、参考にしてください。
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧