November 10, 2018

アドラー心理学の未来

 少し前に紹介した『Adlerian Psychotherapy』の終わりの方に、アドラー心理学の課題、未来のあるべき方向性を考察した章があります。著者以外にアメリカの主なアドレリアンが答えていて、いろいろな意見があるのが興味深いです。

 例えば、著者は次のように言っています。以下、意訳、要約します。

・もっとアドラー心理学についての調査や研究をしたり、奨学金によって、エビデンス・ベイストのアドラー心理学(Adlerian evidence-based psychotherapy)の輪郭を描き出すことが必要である。

・アドラーのアイデアは、スクールカウンセリングの分野でよく確立されている。ペアレンティングやコンサルテーションや子どもの発達に関するガイダンスに力を入れているからだ。

・アドラー心理学は二つの領域に特に適している。一つは多文化やコンテキストを考慮しなくてはならない領域と、ポジティブ心理学のような成長志向、ストレングス志向の領域である。

 科学的なアドラー心理学を目指す著者に対して、ドライカースの娘、エバ・ドライカース・ファーガソンは、反対のようです。

・多くのセラピストは症状とそれを楽にすることに焦点を当てすぎている。アドラー派のアプローチは、長期的な社会・認知的な変化(long-term social-cognitive changes)を目指すものだ。所属とか意味の感覚を。

・アドラーの社会変革の強調は、未来の心理学でも生き残っていくだろう。

 反対にロイ・カーンという学会誌の編集長は、

・アドラー派のライターや研究者は、もっと他の認められたジャーナルで発表するべきだ。

・アドラー心理学を教える専門家、学部が必要である。

・アドラー心理学は大学をベースにしないと、その理論は心理学のテキストの中のただの脚注に過ぎなくなってしまうだろう。

 とまで言っています。

 このようにいろいろな意見があり、アドラー心理学の未来に対してある種の危機感を抱いている人もいるようです。面白いので、次回以降もメモしようと思います。

| | TrackBack (0)

November 05, 2018

『臨床アドラー心理学のすすめ』重版!

 前記事でアメリカのアドラー心理学のテキストを紹介しましたが、日本にもあるのですよ。

 何を隠そう、私も書いてます。

 その一つ、 『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)の第2刷りが出ることになりました。初版は1,000部だったということで、専門書にしては上出来だと思います。3000部出ればベストセラーといいいますからね。

 アドラー自身の本は岸見先生訳で、アドラー心理学の自己啓発、子育て系は岩井先生関係の著者たちで充実していますが、臨床本は類書があまりないので(そのほとんどに私が絡んでますが)、当分日本のその分野では本書が基本テキストになり続けるでしょう。

 特に遠見書房さんは心理系の学会によく出店しているので、これからもより専門家の方に見ていただけるかもしれません。ロングセラーになる予感です。

 カウンセリング関係の方、是非お読みください。

 アマゾンにない場合は、書店か直接遠見書房にご注文ください。

| | TrackBack (0)

November 01, 2018

『Adlerian Psychotherapy』

 先週末はヒューマン・ギルド岩井俊憲先生が山梨に来県し、「アドラー心理学ベーシックコース」を開催していました。山梨のアドラー仲間の森崎千秋さんが主催し、20人もの参加者があったようです。

 小さい県とはいえ、山梨のアドラー心理学は人材が豊富で充実しています。さらに仲間が増えてくれたようで、うれしいですね。

 私も学びをさらに進めていきたいところです。まず基礎が終わったら、次はカウンセリングを学ぶ人が多いでしょう。本格的にアドラー心理学によるカウンセリングや心理療法を学びたい人に絶好の入門書があります。

 Jon Carlson and Matt Englar-Carlson 『Adlerian Psychotherapy』

 新宿の紀伊国屋書店の洋書コーナーをぶらぶら歩いていたら見つけたのでした。なんと日本で買えるとは。

 アドラー心理学の代表者的立場として、APA(アメリカ心理学会)でも活躍したジョン・カールソン先生が著したものです。残念ながらカールソン先生は昨年だったか、亡くなってしまいました。

 本書には、アドラー心理学の歴史や理論から、具体的な方法、事例まで、しっかりと説明されています。

 英語としり込みしなくても大丈夫です。本書は他の英語のアドラー本に比べても格段にやさしく書かれています。ちょっと驚きました。高校生くらいの力があれば十分だと思います。

 読んでみましょう。

 

| | TrackBack (0)

October 29, 2018

『ウクレレきよしの歌謡医学エッセイ』

 昭和歌謡をヒントに人間心理、面接の極意を語る、とても面白い本です。

 長田清『ウクレレきよしの歌謡医学エッセイ 歌は世につれ予は歌につれ』(幻冬舎)

 著者は沖縄出身、沖縄で活動している精神科医。ブリーフセラピー関係の会報誌にとても面白いエッセイを書いていたので、何となく存じ上げてはいました。それが歌謡曲、ポップスにこんなに造詣の深い人だとは知りませんでした。「

 懐かしのメロディーにはよりよく生きるヒントが隠れている。

 昭和歌謡にまつわる自身のエピソードを織り交ぜ、精神科医のストレングス(強み)で歌詞から人間心理を読み解く。  

 中条きよしの『うそ』に直観力を感じ、SMAPの『世界に一つだけの花』に解決志向アプローチ、『 Let It Go~ありのままで~』にマインドフルネスの概念をみる。

 沖縄在住・精神科医の捧腹絶倒エッセイ    (帯より)

 今年の日本ブリーフセラピー学会の懇親会で、この長田先生が舞台でウクレレを抱えて気持ちよさそうに歌っていたのを見て、翌日出店していた書店で早速買い求めて、サインをいただきました。本の通りに気さくで、腰が軽くて、面白い先生でした。

 面接や仕事で疲れた合間にどうぞ。

 

| | TrackBack (0)

October 26, 2018

『アンゴルモア』

 白川伯王家については面白いことがいっぱいあるのですが、追々お話ししていきます。

 それにしても私は、武術にしてもアドラーにしても、普通の人が目をつけないところ、しかも一見異端だけど実は保守本流といったものに縁があるものだと、つくづく思います。日本思想の根幹に触れている毎日です。

 さて、日本国と関係あるといえばある楽しい本のご紹介、珍しくコミックです。

 『アンゴルモア 元寇合戦紀 第10巻』(たかぎ七彦作、角川書店)

 鎌倉時代の元寇(文永の役、1274年)を描いた珍しい作品で、実はずっと読んでたのです。

 蒙古の大軍に襲われる対馬の人たちの絶望的な戦いを描いたものですが、「義経流(ぎけいりゅう)」の使い手の主人公の侍(元御家人)の活躍が痛快です。

 鎌倉幕府に対抗した勢力にいたことから対馬に流された主人公や一癖も二癖もある流人たちと対馬を守る宗氏の人々、元軍を構成するモンゴル人と朝鮮の高麗人との確執なども織り込まれ、重層的で読みごたえがあります。

 アンゴルモアは、かのノストラダムスの「アンゴルモアの大王」から取ったのでしょうか。ヨーロッパを震撼させた蒙古軍の酷薄な雰囲気もいいですね。

 史実は相当悲惨だったはずなので、中途半端なハッピーエンドにしなかったことは評価したいと思います。まあ、子どもは読まないほうがよいでしょう。

 この夏にはアニメ化もされていたそうですが、私は不覚にも知らなくて最近ちょこっとだけ見ました。

 10巻で第1部が終わったそうで、次はいよいよ九州が舞台らしいです。

 新シリーズも楽しみです。

| | TrackBack (0)

October 09, 2018

『進化教育学入門』

 実は私、けっこう動物好きで、小さい頃から動物園や動物番組が大好きでした。ペットも犬、猫、カブトムシやクワガタはもちろん、ウサギ、ニワトリ、蟻、鈴虫、コウロギ、金魚などいろいろ飼いました。

 動物番組といっても人と動物の交流を面白くしたバラエティではなく、アフリカや海などを長時間本格的にロケしたドキュメンタリーです。ここはNHK嫌いの私も、同局のスペシャル番組を大きく評価するところです。

 だから昔から動物行動学も好きで、最近は、進化心理学というのに注目しています。。

 動物としての人は、学習をするにも恋をするにも、どんな行動にも動物で働いている原理が当然働いているはずで、そこを外してはいけないと思うわけです。

 前記事の七沢研究所のスタッフと心の進化についての勉強中に勧められたのが、

 小林朋道著『進化教育学入門 動物行動学から見た学習』(春秋社)

 動物行動の原理から考えられる効率的な学習法が説かれているのですが、単なる勉強法というより、なぜ科学的知識を身につけるのが難しいのか、動物としての人の思考の在り方との齟齬を指摘しているところが面白かったです。

「動物行動学で学習の理論を統一する」のが本書の目論見です。

 著者は高校の先生から大学の先生になった人のようで、理科で工夫を凝らした授業をした様子が描かれていて、こんな先生だったら生物学が好きになっただろうな、と思いました。

 すごく説得力があり、勉強になりました。

 次回以降少しメモします(時間があれば)。

| | TrackBack (0)

September 28, 2018

『やさしいトランス療法』

 昨日27日(木)は講師ダブルヘッダー、お昼ごろは、山梨市立南中学校で「薬物乱用防止教室」、夕方は甲府刑務所で受刑者ではなく、職員の方々に「働く人のメンタルヘルス」の講義。まったく毛色の違う聞き手で、テーマも違いましたが、その違いも面白く感じられました。

 中学では生徒代表からお礼の言葉を言われ、刑務所ではピシッと規律正しい挨拶をいただきました。

 さて、最近読んだ本です。

 中島央『やさしいトランス療法』(遠見書房)

 著者の中島先生はブリーフサイコセラピー学会などでお見かけする精神科医の先生ですが、エリクソン催眠の達人として関係者の間ではつとに知られています。その先生の臨床の様子、催眠療法の自然な在り方が説かれています。

 ただ「入門」というのが的確かは、何とも言えませんね。催眠を多少でもかじった人なら「なるほどね~」と思えると思いますが、普通のカウンセリングしか知らない人には訳が分からないかもしれません。

 通読して、「催眠にかける/かけられる」というのではなく、クライエントだけでなくこちらもトランスに入り、観察と連想を繰り返してつなげていくことで、二人の周囲にトランスを漂わせるかのようになることを実践されているのかと思いました。

 私も最近、明確に言語化、意識化するというより、クライエントの語りをトランスという視点から見るようになり、自分の意識状態も感じながら発言するようにしています。中島先生のやり方より、ずっと中途半端だと思いますが、なんか、面接がよりスムーズになっているような気がします。

 それともトランスというより、ただ私がボケっとしているだけなのか。

 エリクソン催眠はやっぱりすごい。トライしてみる価値はありそうです。

| | TrackBack (0)

September 21, 2018

『催眠トランス空間論と心理療法』

 9月は割と研修講師が多くて、13日(金)は山梨県南アルプス市にあるケアプランいなみで、ケアマネジャーなど約15人にメンタルヘルスの話をしました。

 さて、最近読了した本です。催眠に関心のある方は必読です。

 松木繁『催眠トランス空間論と心理療法 セラピストの職人技を学ぶ』(遠見書房)

 といっても臨床心理士やカウンセラーにどれくらい催眠に興味を持つ人がいるかわかりませんし、そう軽々と学び、身につけられるものではありませんが、実力をつけるには、催眠をやるやらないは別として、知っておくべきだと私は思っています。

 年末には公認心理師が世に大量に生まれます。心理の基礎資格として、多くの人が持つことになります。これからは心理職サバイバルの時代になると思います。そうなれば、逆に専門性が問われ、どれだけの付加価値をその人が持っているかが問われるようになるかもしれません。

 その時、変にスピリチュアルではない「正当な催眠がわかる、できる」というのは、いいかもしれませんよ。

「催眠は心理療法の打ち出の小槌」と言われています。いろいろな心理療法との組み合わせも可能です。催眠精神分析、催眠認知行動療法というのも既にあるらしいです。

 そこで本書ですが、日本で催眠療法の第一人者である著者が、催眠の本質を独自の「トランス空間論」として説明しています。では、それは何かというと、難解というわけではないのですが、ここでの要約が大変なので本書を見てください。

 実は「催眠とは何か?」というのはいまだに解けない難問で、「状態論」とか「非状態論」とか、世界中で議論が戦わされてきました。著者はそこに一定の視点を与えようと挑んでいると思います。

 本書でさらに面白いのは、後半にやはり一流の催眠療法家や心理療法家が次々と出てきて、自らの方法論と「松木理論」との対話を寄稿しているところです。私も存じ上げている先生が何人もいます。

 その中に、アドラー仲間で共に活動している八巻秀先生(やまき心理臨床オフィス、駒澤大学教授)もいます。だからアドラーも出てきますよ。

 なんか名人たちの面接室の楽屋裏(?)を覗いているみたいで、そこも大変面白かったです。

 玄人向けですが、是非どうぞ。

 

 

| | TrackBack (0)

September 17, 2018

『J‐マインドフルネス入門』

 マインドフルネスブームの中に一石を投じながらも、臨床的にも面白い本です。

 山田秀世著『J‐マインドフルネス入門』(星和書店)

 マインドフルネスといっても本書は、仏教瞑想をベースにしたマインドフルネス瞑想ではなく、そのエッセンスは既に森田療法にあったことを主張しています。

 既にマインドフルネス瞑想と森田療法の共通性は専門家の間で認識されていて、何年か前に関係団体間でシンポジウムなどは開かれたこともありました。

 著者の山田先生は、

 でも、その本質的な側面(マインドフルネスのこと=ブログ主注)、つまり「今ここの体験を重視して、それを評価することなく、そのあるがままに受容していく」という方法や態度は、実は日本固有の治療法である森田療法の核心をなす部分にほかなりません。

 森田療法は、不安や症状と闘ったり排除しようとする姿勢をよしとせずに、それらを“あるがまま”にうっちゃっておくことを特徴としています。 p1

 と説明しています。

 マインドフルネスは本質的にはある心的態度であり、瞑想はそのための一つの手段に過ぎないわけですから、確かに十分に考えられることです。

 本書は森田療法のエッセンスと、ストレスマネジメントに役立つ簡単なテクニックの解説が、森田療法の達人で、日本笑い学会員でもある山田先生ならではの軽妙な筆致で説かれています。臨床家にも、一般の方にも役立つと思います。

 私は先月参加した日本ブリーフサイコセラピー学会京都大会の書籍コーナーで本書を見つけて早速購入し、参加していた山田先生にお会いしてサインをいただきました。

 しかも前々記事で書いたように、私はヒューマン・ギルドで山田先生の森田療法のワークショップに出たことがあったので、先日受けた公認心理試験になんと森田療法が出題されたのを見て、(そこだけは)「やった!」と思いましたね。 国試受験

 けっこう恩を受けています。

 そうそう、森田正馬とアルフレッド・アドラーはほとんど同時代人です。山田先生もこの二人の思想に出会って精神科医を志したと、紹介欄に書いています。マインドフルネスだけでなく、森田療法とアドラー心理学も共通性の高さが認められます。

 この二つはこれからも要注目ですよ。

 

| | TrackBack (0)

September 12, 2018

『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ』

 ブリーフセラピーやエリクソン催眠の視点からトラウマを扱うときの格好の参考書です。

 ビル・オハンロン著、前田泰宏監訳・内田由香里訳『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ 新しい4つのアプローチ』(金剛出版)

 私はオハンロンさんが好きで、ワークショップにも出たことがありますし、これまで何冊もここで紹介をしてきました。本書はトラウマ治療に焦点を当てていて、いつものやさしいオハンロン調を感じられて、とても気持ちよく読めました。

 トラウマを解消するためには、そのトラウマになった過去と向き合い、何度も追体験することが必要だとされてきた。その追体験の過酷さから、トラウマを克服するのは困難だとされてきたのだ。

 本書は、オハンロンが「解決志向」「未来志向」「可能性療法」「インクルーシブ」「スピリチュアリティ―」「エリクソニアン催眠」「ストレングス」「ポジティブ・サイコロジー」といった枠組みや概念を通じて提示してきた臨床に関する豊かなアイデアや手法をトラウマ解消のために生かした、臨床家向けの実践書である。(表紙裏解説より)

 特に未来志向のところは、アドラー心理学のセラピストも十分に活用できると思います。オハンロンさんはフランクル(この人もアドラーの弟子だった)のエピソードを引いた後、いいます。

 セラピーでは大抵(時間と因果関係に関するほとんどの西洋の概念では)、私たちは過去が現在を作っているという考えを持っています。私は、未来(あるいは少なくとも、私たちの想像上の未来)は、現在に対してかなり大きな影響を及ぼしていると提言します。 p60

 アドラー心理学の目的論と重なるのは明らかです。トラウマ治療をする前に、本書をちょっと開いて目に入ったとこを読むだけで、セラピストは勇気づけられると思いますよ。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧