September 24, 2017

秋の研修講師

 8月末から9月は夏の暑さの疲れか不順な天候のためか、今一つパッとしない気分でしたが、なぜか今月は研修の講師が多かったです。備忘録としてメモします。
 
 8月30日(木)は山梨県の南部の身延町で「峡南地域教育フォーラム」で約90人の教育関係者を前に講演。会場には山梨日日新聞の記者も来ていて、翌31日には小さな記事ですが私の写真入りで、講演会の様子が出ていました。顔出しNGにしておけばよかった(笑)。
 
 9月3日(土)は、横浜の日本支援助言士協会「家族心理学」の講義。毎回呼んでいただいています。来月は7日に「発達心理学」をやります。
 
 9月9日(土)は山梨県看護協会に呼ばれ「自殺防止対策研修」で講義。 「心の危機に対応する勇気づけ」というテーマで、約40人の看護師、保健師さんに話をしました。
 
 9月14日(木)は夜でしたが、甲府市西部にある池田地区の地域住民の方たちへの「健康づくり研修会」で講師。 「健やかな人生を送るために~元気な心で元気な毎日を~」という、なんかタレントさんか作家の講演会みたいなタイトルをいただき、柄にもないと恐縮でしたが、こういう時にアドラー心理学を知っていると強いですね。私に元気がなくても、人々を元気づける話ができます。
 私への依頼はいつもは何らかの専門職からが多く、一般住民を相手に話すのは久しぶりなので内心緊張気味でしたが、講演後のアンケートは好評だったそうでよかったです。
 
 9月21日(木)は、山梨県北部の保健所管内の看護師、保健師さんの集まり、「施設看護管理者代表者会議」で「他者と良い関係を築き、仕事を進めるヒント」というテーマをいただき、職場での勇気づけについて話をしたり、講演後の全体討議でコメンテーターを務めました。
 
 9月24日(日)は、山梨県臨床検査技師会に呼ばれ「検査説明・相談ができる臨床検査技師育成講習会」で「患者心理と接遇」の講義をしました。臨床検査技師も最近は直接患者さんに対する機会が増えたので、基本的な面接法を学ぶ必要があるそうです。
 
 とまあ、いろいろな地域に出向いています。私としては心理臨床オフィス・ルーエの宣伝、営業になり、講演をきっかけにカウンセリングに来ていただくことも増えてきました。地方の福祉、医療系の団体にとっては東京の講師や学者を呼ぶほどの資金力がないので、地元にいる私は使いやすいようです。
 
 おかげさまで最近私は、地元密着心理系講師として、山梨県内なら少しは知られるようになってきたみたいです。
 
 

| | TrackBack (0)

September 19, 2017

オーラが見えるんですか?

 先頃、スクールカウンセラーとして勤務先の学校の先生から、
「先生、オーラが見えるってほんとですか?」
 と唐突に聞かれました。
「なんで?」
 と聞き返すと、
「なんか、ある別の学校の先生がそう言ったんです。『深沢先生、オーラが見えるらしいよ』って」
 その先生は興味津々な目で私を見ています。
 もちろん私は、
「そんなわけないじゃん」
 と否定しましたが、どうも県下の学校(の一部か)にはそういう噂が広まっているらしい。
 
 教員向けの研修会は今まで何度もやってきてますが、もちろんそんなことは言っていません。ただ、太極拳と気功法を教えているとはいつも自己紹介の中で話しているので、もしかしたらそこから尾ひれがついたのかもしれません。気功をしている → 気を操る → 気=オーラが見える となったのでしょうか。
 
 確かに日本一妖しい臨床心理士を目指しているとはいえ、勝手に噂になっていると「うーん、どうしようかな」と思ってしまいます。でも、
 
「まあいいか、向こうが勝手に神秘化してくれれば、まさに字義通りのハロー効果だし。これで来てくれれば、治らんものも治るかもしれんし」
 と思い直しました。
 
 今度聞かれたら、オーラ視でも霊視でも何でもしますよ、と言ってあげようかな。女子中高生の人気者になれそうだし。これまで保健室の先生が女子生徒に一生懸命カウンセリングを薦めてくれても、
「なんであんなおっさんに話しなきゃいけないのっ」
 と拒否られていたおっさんスクールカウンセラーの悲哀から抜け出せるかもしれません。
 
 そんな私が共著で書いた本、 『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)は、8月に出て以来、割と堅調なようですが、Amazon書評欄に5つ星がついていました。書いていただいた中には、早稲田大学の向後先生と名古屋市でご活躍の名カウンセラー、竹内先生がいらっしゃいました。両先生、ありがとうございました。
 
 私は似非霊能者でも、書評は一流心理学者と一流カウンセラーが書いてくれていますから、中身はお墨付きです。安心してください。ちゃんとしてますよ。
 
 カウンセリングの勉強のために是非、お買い求めください。
 
 

| | TrackBack (0)

September 13, 2017

お別れの会

 今日、午後6時、甲府市のセレモニーホールで「お別れの会」に行きました。
 
 山梨のアドラー仲間、梅谷浩章さん、通称「梅さん」の葬儀に参列するためです。
 
 宗教やスピリチュアリティーに深い関心と独自の考えを持っていた彼らしく、生前から、宗教色の薄い「お別れの会」を希望されたそうです。
 
 会には山梨のアドラー仲間だけでなく、東京や神奈川から駆けつけてくれた人たちもいました。こんなところで再会するとは。
 
 献花を捧げた後、その奥の部屋に通されました。そこで用意された食事をみんなでいただきながら、故人を偲びました。
 これも生前、梅さんが希望したスタイルのようです。「あいつ、バカやってたな」と騒いでほしいとでも思ったらしく、さすがに騒ぐわけにはいきませんが、各自が梅さんとの関わりを話したりして、穏やかな空間でした。
 
 梅さん自身のことは岩井俊憲先生の方がよくご存じで、訃報にショックを受けながらも味わい深い追悼記事がアップされています。岩井先生は弟分のような気持でいたようです。
 
 元々埼玉だったか、他県にいた梅さんがヒューマン・ギルドの講座で知り合った奥様と暮らすために山梨に引っ越した後は、みんなと定期的にやっている学習会に何度も奥様とともに参加してくれました。忘年会などでも何度もご一緒しました。
 私のカウンセリング・オフィスにも、いろいろな折に訪ねてきてくれました。 
 
 アルコール依存症などからの回復という壮絶な人生を背景にしたアドレリアンとして、これから活躍の予感があっただけに、実に残念です。
 今となってみれば私としては、人生遍歴の豊富な彼とカウンセリング論などを率直に戦わせてみたかったです。
 やるべきことは、いつも後回しで後悔してしまうものです。
 
 心よりご冥福をお祈りいたします。

| | TrackBack (0)

August 23, 2017

不登校、引きこもりの家族会をします

 山梨のアドラー仲間がやっている不登校、引きこもりの子どもを持つ家族のサポート会の定例会があります。日が迫ってきましたが、お知らせします。関心のある方は是非、お問い合わせ、ご参加ください。
不登校・引きこもりの家族サポート Let`s
 
 当所のルームを活用して、不登校、引きこもりの親御さん、ご家族をサポートするための自助グループを当事者、支援者で立ち上げました。なかなか話せないお悩みの共有、情報交換、居場所作りにお気軽にご利用ください。
    

次回定例会    

 日時 2017年8月26日(土)、午後1時30分~4時    

 場 所 心理臨床オフィス・ルーエ(甲府市酒折2-2-7 ワールドプラザ306)    

 参加費 500円(資料等、お茶付き)    

 

         申し込み、お問い合わせ:心理臨床オフィス・ルーエ 055-269-7085    

                     手島(080-1013-1676)    

                     志村(090-1268-7793)、吉田(080-5659-6941)    

                     E-mail rsg78276@nifty.com (オフィス・ルーエ)    

 

| | TrackBack (0)

August 21, 2017

オープンダイアローグを学ぶ

 先週末はまた旅に出ていました。
 
 その間、ヒューマンギルドの岩井俊憲先生が、8月1日に出た拙共著『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)をご自身のブログで紹介してくれていました。ここでも紹介した山口麻美さんの『アドラー臨床心理学入門~カウンセリング編』(アルテ)と共にです。
 
 
 岩井先生、ありがとうございます。
 その影響か、Amazonの臨床心理学・精神分析部門で500位前後だったのが、昨日は42位までいったみたいです。自分で言うのもナンですが、なかなか充実した中身になっているので、ロングセラーになってくれるとうれしいです。
 
 8月18、19日(金土)はつくば国際会議場に行き、日本家族研究・家族療法学会第34回筑波大会に参加しましました。
 
 最近の心理臨床界隈で話題沸騰のオープンダイアローグを学ぶためです。
 今大会、ひきこもりで有名な精神科医・斎藤環先生(筑波大教授)が大会長で、著書も呼んだことがあるし、テレビに出たのも観たことがあるので、「あの斎藤先生を見てみよう」とミーハー気分もありましたね。
 その斎藤環先生は、もっぱら精神分析学中心の臨床家、評論家でラカンなんか盛んに引用していたのが、最近はオープンダイアローグにすっかりはまっているご様子です。今やオープンダイアローグの旗振り役になっています。
 
 なにより今回は、オープンダイアローグの開発者であるヤーコ・セイックラ先生がフィンランドから来日するというので、ご尊顔を拝むために筑波まで行った、というのもありました。
 そのセイックラ先生の基調講演を聞くと、穏やかな淡々とした印象の人で、北欧の人とはこういう感じかという勝手なイメージを持ってしまいました。とてもいい感じです。
 
 WSでは、参加者の前でオープンダイアローグのロールプレイがあり、セイックラ先生もセラピスト役で登場し、なんと斎藤環先生が患者役で、なかなか面白かったです。現場の雰囲気が感じられました。
 対話によって統合失調症を治そうという、画期的なオープンダイアローグに、今多くの臨床家、研究者が注目している理由がわかりました。臨床のエッセンスがそこに詰まっているのです。
 私も改めて、そのベースにあるナラティヴ・セラピーやリフレクティング・トークをしっかり学んでみたいと思うようになりました。
 
 8月20日(日)は昭和女子大学に行き、第22回学校臨床心理士全国研修会に参加。全国からスクールカウンセラーが集まったので、大きな講堂はいっぱい。大変な人数でした。
 
 その中でアドレリアンは私と、会場で偶然会った橋口さんだけだったでしょう。彼のブログにある通り、昼休みと帰り道に会ってよもやま話をしました。
 
 酷暑と不順な天候と目まぐるしい天候の夏で、私も出かけることが多くて少々ばて気味ですが、充実した学びの夏になりました。
 
 

| | TrackBack (0)

August 16, 2017

がんばれ!直虎

 昨年は大河「真田丸」推しで全編視聴し、本ブログでは勝手に解説などしていましたが、今年は全く「女城主 直虎」を取り上げていません。
 
 でも、実はけっこう観ています。去年ほど熱心ではないのは確かですが、割と好きです。視聴率が悪いのは気の毒に思っています。
 
 大前提の「女城主」に、井伊家の子孫から疑義が出されるなど、ドラマスタート前のっけからdisられた感がありましたが、俳優陣はなかなか頑張っていると思います。脚本も面白い。
 
 これまでの大河にない斬新な内容で、歴史好きには面白いんじゃないでしょうか。
 
 戦国武将が完全無欠のヒーローだったり、女たちが今風の平和主義者だったり、やたらイケメンの俳優を並べただけだったりした、「真田丸」以外の最近の大河にない新機軸がいくつもあります。
 
 地方の国人領主が戦国大名に囲まれて右往左往するところは「真田丸」と同じですが、真田昌幸は天才的軍略家で、リスク大好き(アドラー的にはエキサイトメント・シーカー)な変わった御仁でした。だから徳川、北条を手玉に取ったのですが、井伊家の当主と家臣ははっきりいって普通の人たち、実際はこっちの方が多かったでしょう。
 ただでさえ立場が弱いのに、戦で男子が次々亡くなってしまって、苦肉の策の連続、苦労が絶えません。
 
 特に百姓の逃散とか隠田とか人身売買とか、戦国の民衆レベルの出来事が描かれているのがいいですね。もちろんドラマですから、あまり悲惨な話にはしていません。それでも前々回の、今川から直政の首を差し出せと命令された高橋一生演じる小野但馬が、どこかの子どもを殺めて首を斬って直政の代わりの偽首を作るくだりは、なかなかでした。
 
 甲州人としては武田信玄公と山県昌景がかなり悪辣に描かれているのが残念ですが、井伊家目線では仕方ないでしょう。あんなふうに見えたでしょうね。
 
 でも信玄役の松平健さんは「雄々しく力強く、少しお茶目に演じたい」と言っていたそうですから、確かに悪だけど面白い感じの信玄になっています。
 
 興味深いのは、山県昌景率いる赤備軍団を、後年直虎が育てた井伊直政が直接引き継ぐことになるわけで、その辺の歴史の妙をこのドラマは描くのかどうか。
 井伊の赤備は実質的には武田軍だったのです。
 
 しかし、時代的に直虎が死んだ後のことだろうから、ないかなあ。

| | TrackBack (0)

August 11, 2017

八卦掌のお稽古

 自営業のカウンセラーは暇なときは暇なのですが、なかなか丸1日の時間は取れず、加えて学会やら研修会やらで旅が多く、武術の稽古が全然できていませんでした。
 
 夏休みにやっと東京・渋谷にある私の属する団体の本部道場に行きました。八卦掌のクラスに参加しました。
 
 中年期以降、残りの武道家人生で何にエネルギーを注ぐか考えたとき、最近の私は八卦掌にしようと思い定めています。
 
 八卦掌は、円周上をグルグル歩き回る稽古が特徴で、道教の修行システムと密接な関係があると言われています。
 太極拳以上にわかりにくく、華麗な踊りに見えながら、強力でえげつない技のオンパレードみたいです。歴史上まさにこれは暗殺拳だったみたいです。
 
 八卦掌の稽古をやってみるとわかりますが、実にきつく、下半身が鍛えられます。体をひねる動作が多いので、雑巾を絞るがごとく、汗が噴き出してきます。体の深いところから変わるのが実感されます。
 
 さらにグルグル回るためか、瞑想状態に入りやすく、意識が変容していくのが実感されます。これは催眠や瞑想をいろいろやってきた自分だから気づくのかもしれませんが。
 かといってただ流れるように踊りのようにやってはダメで、型は厳密です。私はたまにしか上京して稽古に参加できないので、いつも動きを直されます。
 
 昔、「八卦掌をやりたいです」と老師に話したら、「強くなりますよ」とニヤッとしながらおっしゃったのが実感されます。
 
 筋トレ的な強さではなく、なんというか、「気が鍛えられる」としか言いようのない感覚です。自分の感覚でも、また、歴史上達人を輩出してきたので、方法論的には科学的で正しいものだと思います。
 もっと早くから打ち込んでいたら、今頃かなり強くなっていたに違いありません。
 
 非常に不思議な拳法です。
 一般の武道家やカウンセラーなどはご存じない方が多いでしょうから、少しだけ公開された動画を貼り付けておきます。
 是非、やりませんか。
 

| | TrackBack (0)

August 07, 2017

酷暑の中で

 7月半ばに涼しいミネソタから帰ってきてから、愛媛に行ったり、今週末は東京に出たり、旅ばかりしながら、地元でもいろいろ仕事がありました。連日の酷暑の中、さすがに疲れてきました。オフィスにいれば、暇さえあれば昼寝ばかりしています。
 クーラーの中の昼寝はホントに気持ちいい。
 
 日記、備忘録としてメモします。
 
 7月19日(水)は山梨県立巨摩高校で生徒さんたちに「アルコール教室」の講演会をしました。もちろんお酒の飲み方を教えるわけではなく、アルコールの害を説いたわけです。精神保健福祉センターの依頼でした。
 
 7月22日(土)は、山梨県学校臨床心理士委員会として研修会を開く立場。
 山梨英和大学にて、坂本玲子先生(山梨県立大学教授)をお呼びして、学生の発達障害についてご講義いただきました。
 坂本先生は長年のアドラー仲間なので、普通の臨床心理士仲間にも先生を知っていただきたいと、私から是非にとお願いしました。
 先生は最近、大学で発達障害者の当事者会をやっていて、とても面白い実践をうかがうことができました。
 
 7月31日(月)は、山梨県総合教育センターで教員向けの研修会で講師。
「関係機関との連携について学ぶ研修会」というテーマで午前は私が基調講演、午後は私が座長で警察、医療、教育センターの先生方とのシンポジウムをやりました。
 なんで私にこのテーマのお鉢が回ってきたのかよくわからないのですが、まあ、いろんなところで働いてきたから、いろいろ知っているだろうということでしょう。
 
 実は、先日上梓した『臨床アドラー心理学のススメ』(遠見書房)にも、連携の章を担当しています。アドラー心理学によるコンサルテーションを紹介していますよ。
 
 8月3日(木)は、山梨県里親会の研修会。今、里親さんは何年かに一回、登録を更新しなくてはならず、その際研修を課せられるそうです。
 虐待を受けた難しい子どもを預かることも多い里親さんに、発達の基本的な道筋や、アドラー心理学の目的論から問題行動をどう見るかを話しました。
 帰り際、ある里親さんが寄ってきて、「とてもわかりやすかったです」という言葉をいただけました。
 児童相談所勤務時代の私の元上司や仲間にも久しぶりに会うことができて、懐かしかったです。
 
 そして、8月5、6(土日)は東京のヒューマン・ギルドへ行き、ジョセフ・ペルグリーノ博士の来日WS「アドラー派のカウンセリング/心理療法の技法」に参加しました。
 大抵の技法は知っているので私には復習になりますが、ペルグリーノ博士のカウンセリング・デモンストレーションは本当に勉強になるので、可能な限り参加するようにしています。
 デモは3回ありましたが、御年80歳を超えるにもかかわらず、相変わらず素晴らしいセッションでした。クライエントへの深い信頼、一見自然な会話だけど厳密にアドラー心理学の原理にのっとった展開、行き詰ってもあきらめずに柔軟な方法を採用する仕方など、身につけたいものばかりでした。
 
 さらにヒューマン・ギルドの人気講師、永藤かおるさんが、9月からカナダのバンクーバーにあるアドラー・ユニバーシティという、大学院に留学することが発表されました。
 懇親会で、彼女の熱意と、留学が決定するまでの苦労話を直接お聞きし、絶対応援したいと思いました。凄まじい英語の勉強ぶりだったようです。
 
 これで、日本のアドラー心理学シーンがさらに広く、深く展開していけるようになるかもしれません。
 
 楽しみだ。
 

| | TrackBack (0)

July 31, 2017

愛媛でブリーフサイコセラピー学会

 更新が滞っていました。
 先々週のアメリカに続いて、また旅に出ていたからです。
 
 7月27(木)から30日(日)まで、愛媛県松山市に行っていました。
 
 第27回日本ブリーフサイコセラピー学会に参加するためです。
 私の大好きな学会で、これまでもできるだけ参加してきましたが、今回は私にとって初めての四国で、しかも道後温泉のある松山ということで、絶対参加を決めていました。
 
 今回はワークショップでアドラー心理学があったり(八巻秀先生が講師)、エンカレッジシートという学校で使える新しいアドラー心理学ツールの発表があったり(鈴木義也先生たちが開発)、解決志向アプローチやシステムズアプローチなどの一般的なブリーフセラピーに混じって、アドラー心理学がしっかりと入っていました。
 
 書籍売り場にはまだAmazonや書店には出ていない『臨床アドラー心理学のススメ』が積まれていました。遠見書房さんの売り場があったから先行販売となりました。
 なんか、感慨深いです。
 
 また、山梨の臨床心理士仲間で、昨年心理臨床学会で「合気道と心理臨床」の自主シンポジウムを一緒にした掛井先生の大変興味深い発表があったり(Basic-phというアセスメント法)、私はいろいろな人のプレゼンを見ているだけでしたが充実感がありました。
 
 来年は京都みたいだから、是非また行こうと思います。
 
 観光で訪れたところをお伝えします。
 まずは日本最古の温泉、道後温泉本館、超有名スポットですね。
 
Photo_2
 
 当然入場してお風呂に入りましたが、平日昼のためか幸いそれほど人がいなくて、とても気持ちがよかったです。
 ただ、こちらも連日猛暑で、外に出たとたんに汗が噴き出して、 早くもドロドロ状態に。ホテルに戻って、もちろんそこも温泉なので入り直しました。
 
 この本館、「千と千尋の神隠し」のモデルの一つになったと言われるだけあって、大変雰囲気のある建物でした。
 
Photo_7
 
 夜は特にそんな感じですね。
 
Photo_4
 
 松山城。
 小高い山の上にある素晴らしいお城でした。
 ロープウェイで上りますが、そこからさらに天守閣まで歩きます。
 暑くてヘロヘロになりました。
 その後売店で飲んだオレンジジューがおいしかった。
 蛇口からジュースが出るのですよ(もちろん有料)。
 
Photo_8
 
 松山駅から電車で40分ほど、下灘駅という、最も海岸に近い駅、一度は行ってみたい駅といわれているらしいです。
 ドラマや映画などでよく使われる名所です。
 
Photo_9
 
 単線の線路と小さくてシンプルなホーム、目の前に広がる瀬戸内海と、穏やかで癒される素晴らしい風景でした。
 
 ただ、暑かった。
 夕日が素晴らしいそうなので、夕方に来るとさらに良いかもしれません。
 他にもいくつか行きましたが、愛媛はどこもなんかいいところだなと感じました。また来たいと思う場所ですね。
 

| | TrackBack (0)

July 25, 2017

ミネアポリス観光記

 国際アドラー心理学会中の空いた時間や終了後のフリーの日に、ミネアポリス市内の観光をしました。
 ありがたいことに現地で暮らしている日本人の方が、車でガイドしてくれたのでとても助かりました。梶野さんのご友人です。
 
Photo
 
 ミネアポリス美術館の建物の前。中央の小さいのが私。
 
Photo_2
 
 ここが正式の入り口。
 東西の美術の歴史が一覧できる素晴らしい美術館でした。全米でも来館者の数がトップクラスらしいです。
 短時間ではとても見切れません。古代インドや中国の美術品も多かったです。
 写真撮影もOKです。
 
Photo_3
 
 インドの仏像や、
 
Photo_10
 
 古代中国の文物。
 
Photo_4
 
 チベット仏教の砂マンダラ。通常は作ったら壊してしまいますが、チベットとの友好の証にプレゼントされ、砂が固定されて展示されているようです。
 
Photo_5
 
 日本の仏像もいくつもありました。これは名前は忘れてしまった。日本コーナーには、秋葉権現とか愛染明王の像とか、狩野派の襖絵、茶室、着物、鎧や日本刀など数多くありました。
 
 現代美術を中心に扱っているウォーカー・アート・ミュージアムも面白かったです。
 モダンダンスのカミングハムの特集をやっていました。
 その隣にあるミネアポリス彫刻庭園は、箱根の彫刻の森みたいな公園になっています。
 
Iaip
 
 これは有名なモニュメントらしいです。実は噴水にもなっています。
 
Photo_6
 
 最近できた新しい目玉作品らしいです。青い鶏ですね。
 現代芸術といってもいかめしくなく、ポップで面白い作品ばかりでした。みんな、家族、友人同士で散策に来ている感じでした。
 
Photo_7
 
 ミネアポリスで最も代表的なスポット、セントポール教会の内部です。カソリックらしい荘厳な雰囲気です。
 12使徒の像がこの祭壇を囲むように並んでいました。
 
Photo_8
 
 ミネソタ議事堂正面です。州議会が行われるところですが、大変大きいです。 内部も見学しました。
 
Photo_9
 
 食事はアメリカ人がふつう食べるものはもちろん、ラーメンやインド料理など、いろいろ試しました。まあ大体大味で、日本の方がおいしいのは間違いないけど、十分楽しめました。
 
 中でもやはりUSAに来たのだからステーキは欠かせないと二度食べました。厚い赤身がよかったです。これでも2,000円くらいか。
 この写真の肉の横にどかっとあるのはマッシュポテト。多すぎだろ、どっちがメインかわからない。
 
 他に現地でアメリカ人と結婚した日本人の人たちのホームパーティーにも呼んでいただいたり、夜もとても楽しい時間を過ごすことができました。
 
 という感じで、学会を含めて全く観光気分の旅でしたね。
 
 来年は北米アドラー心理学会が6月にカナダのトロントであるようです。
 昨年に続き今回も気をよくしたので、また行くかもしれません。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧