February 20, 2018

メダルの陰にゆる体操と古武術か

 平昌オリンピックでの日本勢の活躍は素晴らしいですが、ちょっと小耳にはさんだ情報を。
 
 あの羽生結弦君が、ゆる体操の「ゆるゆる棒」を使っていたのが、「めざましテレビ」で映っていたそうです。知人のゆる体操の指導者が教えてくれました。
 
 ゆるゆる棒とは、二本の棒を十字にかませて、その上に両足を乗っけてゆる体操をすることで、全身のゆるみを促進し、センター(正中線)を形成させるものです。私も1セット持っています。全身の脱力と身体の中心部分の適度な緊張感を同時に作ることができる体感があるので、けっこう重宝しています。
 といっても最近、やっていなかったので、羽生君を見習ってゆるゆる棒トレーニングを復活させたいと思いました。
 
 確かに羽生君の演技中のゆるみっぷりは半端ないものね。
 
 羽生君がゆる体操を習ったかわかりませんが、何かやそれ的なものをやりこんでいたのかもしれません。
 
 そしてスピードスケート金メダリストの小平奈緒さんは、なんと古武術を学んでいるそうです。これはニュースになりました。
 ゆる体操も武術由来だし、武術をやっている者としてやはり、うれしいですね。
 
(転載貼り付け)
 平昌五輪スピードスケート女子1000メートルで銀メダルに輝いた小平奈緒。強さのベースには、古武術がある。びわこ成蹊スポーツ大の高橋佳三教授(43)が約10年にわたって教える。「小平奈緒という選手を形づくるピースとして役に立てたとしたらうれしい」と活躍を見守る。
 小平は氷に乗る前、歯が1本しかないげたを履き、スケートを滑るように尻を落とす姿勢を保つ。体の感覚を確かめるため、古武術にヒントを得て取り入れた独自の調整法だ。
 古武術は明治維新前の日本の武術の総称で、高橋教授はスポーツへの応用を研究している。小平との出会いは2007年。筑波大大学院の先輩で小平を指導する結城匡啓コーチに頼まれ、信州大氷上競技部で講習したことがきっかけだった。その後は数年に一度、古武術に基づく体の感覚を伝えている。一本歯のげたもその一つ。「げたの上でも地面と同じ感覚で立つ感覚を紹介した」
 昨年6月には、肘と尻を意識しながら一定の姿勢を維持するポーズを教えた。厳しい負荷がかかるが、小平は男子よりも軽々とこなした。オランダ留学中も古武術の講習のネット動画を見ていたという。
 あるとき、「相手がいても、いなくても一緒」という中国武術の言葉を紹介した。500メートルで5位だったソチ五輪を「メダルがちらついた」と振り返っていたことを知り、「相手やゴール、タイムを目標にすると、その目標の手前で止まってしまう」と伝えた。
 小平は14日の1000メートルで銀メダルを獲得した後、「しっかりと諦めずに、ゴールラインの先まで、実力を出し切れたかなと思う」と語った。その言葉を聞いた高橋教授は「伝えたことが彼女の言葉として出たのを聞くと役に立てたと思う。500メートルも力を出し切れば、結果はついてくる」と期待する。

| | TrackBack (0)

February 13, 2018

連休中の研修

 連休初日の2月10日(土)は研修を主催する立場。山梨県学校臨床心理士委員会主催で、スクールカウンセラーと教員向けの研修会を山梨英和大学で行いました。
 
 同大学の飯田敏晴先生を講師にお願いし、「学校臨床における『性の多様性』を踏まえた心理的支援  LGBT、、、そしてSOGIへ」と題して、昨今の臨床界の話題の一つ、性的マイノリティをテーマに取り上げました。
 電通ダイバーシティの調査では、人口の7.6%がLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)だそうなので、思春期以降の学校臨床では当然踏まえておくべきことですが、なかなか学びにくく、学ぶ機会の少ないテーマだと思います。
 
 マイノリティ体験をする面白いトランプゲームから始まって、セクシュアリティについて、日本における性的マイノリティを巡る教育制度や偏見の歴史から、臨床的な配慮について、様々な角度から学びました。
 最近はセクシャルオリエンテーション(SO)とジェンダーアイデンティティ(性的同一性:GI)を合わせてSOGI(ソギ、ソジ、エスオージーアイ)と呼ぶそうです。
 私もわかっているようで、わからない、実感の伴わないことが多いので良い機会になりました。
 
 ところで研修会後の懇親会で、講師の飯田先生はアドラー仲間のM先生やA先生とお知り合いであることが発覚。しかも10年近く前に先生がA先生のアドラー心理学の勉強会に参加したときに、同じくそこにいた私を見たことがあるとおっしゃってました。驚くとともに、世間の狭さを感じましたね。
 
 12日(月)は日本屈指のブドウとワインの里、甲州市勝沼にある社会福祉法人ぶどうの里で、職員の方々に研修をしました。授産施設や放課後等デイサービスなど多くの施設を抱える、県内でも老舗の福祉団体です。
 
 私からは、「行動の理解と勇気づけ」と題して、目的論に基づくアセスメントと勇気づけについてお話しさせていただきました。
 対人援助職の人は、広い意味で同業者なので話が通じやすく楽しく進めることができました。
 
 同法人の研修会は来週あと一回あります。
 
 寒風吹きすさぶ甲府盆地を巡り歩いています。

| | TrackBack (0)

February 05, 2018

最先端のエンジニアに研修

 2月1日(木)は甲府盆地西部にあるファスフォードテクノロジ株式会社で中堅職員の人たちにメンタルヘルスとコミュニケーションの研修をしました。
 
 ファスフォードテクノロジ株式会社は、スマートフォンの半導体の製造でシェアは世界トップクラス、フラッシュメモリーの部分は、2人に1人のスマートフォンに使われているそうです。私たちは日々大変お世話になっているのです、知らなかったけど。
 
 今回の研修は同社の産業医で、アドラー仲間でもある坂本玲子先生(山梨県立大学教授)の紹介で実現しました。
 技術者さんたちならではの真面目な雰囲気の中、少しずつ話を進めていき、自らと普段のコミュニケーションを振り返るワークをしていただきました。コミュニケーションは苦手だけど基本、穏やかな人たちが多いという感じなので、次第に打ち解けた雰囲気になっていき、楽しんでいただけたようです。
 
 最近私はこういう研修では、従来からの認知行動療法のストレスマネジメントとアドラー心理学の勇気づけのほかに、産業メンタルヘルス分野のキーワードなどを入れることが多くなっています。ワークエンゲイジメントとかワーカホリック、バーンアウト、職務満足感などの概念を紹介しています。
 特に今回のような高学歴で能力の高い人たちには、届きやすいようです。
 
 アドラー心理学に関心のあるようなおばちゃん集団 セレブな奥様方のグループには、話し合いのワークを多めに入れるといいでしょうね。
 
 だから基本、三部構成的にしています。
 
 私は研修講師は本業ではないし、すごく上手ではないですけど、なんか自分のスタイルはできつつあると感じています。

| | TrackBack (0)

February 02, 2018

ジロリアンとアドレリアン

 ジロリアンとは「ラーメン二郎」の熱烈なファン、崇拝者のことをいうそうです。ラーメン二郎とジロリアンの関係は、アドラー心理学の在り方と共通点が多く、参考になるように感じたので、メモします。
 
 

(引用開始)

 東京都港区三田に本店を構える「ラーメン二郎」。近隣の慶應の学生たちの応援が店を支えたというエピソードも残っている。とにかく量が半端なく、「小」を頼んでも他店の大盛りを遥かに凌駕するラーメンがドカンと出てくる。食べた直後は必ず後悔するが、しばらくすると無性に食べたくなる、いわゆる病みつき系のこってり味であり、二郎に何度も通う人たちを「ジロリアン」と呼ぶなど、カルト的なファンが存在することでも有名だ。

 一杯平らげるにはそれなりの気合と体力が必要なため、二郎での食事体験を「修行」と捉える人も多い。「もはやラーメンではない」「二郎という別の食べ物だ」と言い放つ人さえもいる。独自の味とスタイルを築いた創業者・山田拓美代表を慕った、インスパイア系と呼ばれる類似店舗も増加している。

(引用終わり)

 私もラーメン二郎にトライしたことはありましたが、残念ながらジロリアンにはなりませんでした。こってり系はちょっと苦手です。
 
 私と違って、ジロリアンさんたちは「ラーメン二郎」に通うこと、食べきることを「修行」と称しているそうです。すごく熱いです。
 熱心なファン、崇拝者に支えられていること、「もはやラーメンではない」と言われるところなど、熱心な支持者がいながら「もはや心理学ではない」と悪口を言われがちなアドラー心理学に似ていそうですね。「心理学とは違うものだ」とまで言う専門家もいるようです。「修行(実践)」を強調するところも似ています。
 
 ただ、崇拝型ビジネスは、そのカリスマがいなくなるともろいものです。いろいろな分野でよく見られる現象です。
 
 大事なのは、「自分だけが正しい」と思い込むのではなく、崇拝者、追随者の存在を受け入れ、許すことです。ここでいうパクリとは、悪い意味ではなく、そのようなインスパイアされたお店、人たちを指します。
 
「追随する者を育てる」勇気によって、大きな広がりを持つ「仲間」ができます。そして核になる「正統派」も成長します。
 
(引用開始)
 追随者をライバルとみなして蹴落とすのではなく、同志として受け入れたり、弟子として育てていったりすることで、自らを核とする一つの市場領域が形成される。一緒に一つの業界をつくるという意識だ。これにより、本家本元のブランドとしての価値がより高まっていくのはいうまでもない。また本家としても、後進として追い上げる者たちとの間で繰り広げられる切磋琢磨によって、さらなる高みを目指していく熱い気持ちが維持されるかもしれない。先駆者であり破壊者である一面、育成者としても振る舞うことで、崇拝型のビジネスはより強固な存在になっていく。
 引用終わり)

 

 確かにアドラー心理学は、他の心理学と違って、崇拝型ビジネスに近いところがあると感じます。岩井派にせよ、野田派にせよ、岸見ファンにせよ。

 

 ただ、それぞれが違うのはインスパイアされた人たちへの態度でしょう。どこがどうとは、ここでは言わないけど(わかる人にはわかるね)

 

 私はカリスマ性も人望もなく、基本冷たいので、残念ながらこのビジネスモデルは使えそうもありません。

 

(最近、なぜかフォントの大きさが不安定です。こちらは同じ「標準」の大きさで打っていますので、字の大きさによる強調はありませんのでご承知おきを)

 

| | TrackBack (0)

January 26, 2018

私の強み

 メチャクチャ寒い今週は、授業が1つ、講演が2つありました。
 
 23日(火)はスクールカウンセラーとして勤務している中学校の3年生に授業をしました。受験を迎えて、本番で上がらずに平常心になるにはどうすればいいかというテーマです。毎年この時期に学校に頼まれてやっています。
「本番に強い心をつくる」と題して、緊張との付き合い方、リラックスの仕方について話をしました。
 後半は私のガイドのもと、10秒呼吸法とゆる体操をしました。クラス全員と先生方が一斉に体をゆらゆらゆする光景はなかなかないものです。
 リラクセーション法は瞑想や呼吸法など静かなものが多くなりそうですが、アクティブなゆる体操を教えることができるのが私の強みです。
 
 24日(水)は私の古巣でもある山梨県立北病院のデイケアに呼んでいただき、患者さんとご家族50名ほどの方々に、メンタルヘルスの講演をしました。勇気づけとリフレイミングのところが特に受けたみたいです。
 精神科で当事者への講演という場だと、認知行動療法やSSTやオープンダイアローグなど流行りの方法をわかりやすく説明するのはなかなか難しい気がしますが(上手な人もいるでしょうけど)、アドラー心理学は一般の方や患者さんにも届きやすいと改めて実感しました。臨床心理士なのに(?)、アドラー心理学を知っているのが私の強みです。
 
 25日(木)は甲府盆地東部の笛吹市で、自殺予防対策の事業である「ゲートキーパー養成研修」で、民生委員さん約50人に話をしました。地域福祉の担い手である民生委員さんは、まさにゲートキーパーとしての役割が大いに期待されます。
 自殺問題のある人をどう勇気づけるかを、お話ししました。テーマがテーマだけにやけに重くなってしまいそうですが、それでは学びの効率が悪いと私は思い、ワークやユーモアを交えて、意外にも笑い声の多い研修になりました。
 お陰様で、ちょっと変わった自殺対策研修ができるとして、他の市町村からもお声がかかっています。
 普通の人が相談に使える勇気づけをお話しできるのが、私の強みです。
 
 と、今回は自慢話みたいになってしまいましたが、講師にもいろいろなタイプがいます。特にアドラー心理学関係は、本当に多士済々です。私もいろいろなアドレリアンの話を聞いてみたいです。
 
 私の場合は、感動で涙あふれる研修は絶対できませんが(基本冷めているし)、大抵の人には受け入れられる、そこそこ面白い内容にはなるようです。

| | TrackBack (0)

January 22, 2018

ダイアローグの精神を学ぶ

 1月20、21日(土日)、「対話文化の醸成を目指す人々のための、リトリートワークショップ」というものに参加してきました。
 
 フィンランド発のオープンダイアローグは、現在臨床心理学、精神医学界の大物が続々と注目しているところですが、今回その対話(ダイアローグ)の本質を学ぼうという意欲的なワークショップです。
 
「リトリート」と銘打っているだけに会場は、甲府盆地北東部の高原にある保健農園ホテルフフ山梨という、これまた非常に注目すべき施設でした。
 東京の医療法人が経営する滞在型施設で、ヨガや座禅(マインドフルネス瞑想)、森林浴、自然食などで心身の養生を図っていくプログラムが多くあります。コストは高級ホテル並みですが、都会を離れた癒しを求める方、合宿型の研修を考える人は利用を考えるといいでしょう。
 今回も私たちのグループのほか、ヨガ教室の団体が利用していました。
 
Photo_2
 
 正面から見たフフ山梨です。
 
Photo_4
 
 フフ山梨から見た富士山。冬晴れの日はもっとくっきりするはずですが、この日は少しかすんでました。雪の予報もあり、低気圧が近づいているせいかもしれません。
 
 ワークショップの講師は白木孝二先生(Nagoya Connect & Share)、日本にブリーフセラピーを導入した立役者の一人であり、最近は熱心にオープンダイアローグを本場から伝えてくれています。
 私はもう20年ほど前に、山梨の児童相談所に初めてブリーフセラピーを伝える時に、講師として来県をお願いしてからのお付き合いです。
 
 今回はオープンダイアローグと同様、患者、家族、関係者との対話を促進させようとする「アンティシペーション・ダイアローグ」、そのアプローチの一つ、「アーリー・ダイアローグ」というのを実習しました。
 
 私はまだこの辺は詳しくありませんが、オープンダイアローグが統合失調症の人への直接的介入を目指すとすれば、これは医療のみならず福祉領域や企業組織などで使えるより広いダイアローグの方法です。
 
 相手を変えるのではなく、自分の困りごとを相手に伝え、その解決のための協力を依頼する、そのための詳細な対話の方法が開発されています。虐待でもDVでも、相手を変えようとアプローチして、かえって反発、膠着を招いてしまうことはよくあります。それでは対話になりません。
 
「変わるべきはまず自分」「自分の課題を明確にして、相手に伝え、協力を依頼する」、まさにアドラー心理学の「課題の分離」そのものです。
 
 アドラー心理学とダイアローグの精神はぴったり重なることを、今回も強く実感しました。

| | TrackBack (0)

January 02, 2018

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
 
 今年もよろしくお願いいたします。
 
 お正月は実家で普通に寝正月、テレビの「芸能人格付けチェック」などを見て、アホな芸能人を笑って、かりそめの優越コンプレックスを味わうという反アドラー的生活に耽っております。
 
 今年は私自身も、私の周辺も、イベントや新機軸というか、新しい方向性というか、なんかいろいろありそうです。随時発表させていただきます。
 
 まずは皆様のご健康とご多幸、そしてなにより、日本国の無事を祈っていますよ。
 
 副島隆彦先生によると、春ごろ米中による北朝鮮への攻撃があるのではないかという予想もありますからね。
 
 まあ、何があっても、それに便乗した政府などの悪だくみに巻き込まれないように気をつけながら、自分のことをやりましょう。
 
 写真は私のオフィスから撮った富士山です。
 
H2411

| | TrackBack (0)

December 30, 2017

2017年の終わりに

 昨日29日は東京からアドラー仲間の橋口さんが、拙オフィスを訪問してくれました。毎年年末の恒例行事となっております。
 そうか、オフィス開設年から続いていて、もう6回目になるのか。
 
 今年は山梨からは私を含めて6人の仲間が駆けつけて、お昼前から6時間以上の飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ(歌はなかったか)。
 
 
 私は近所のぶどう畑で収穫された甲州種からできた白ワイン、Tさんはご自身の農園で獲れたブドウ(ベリーAという品種)からできた赤ワイン、Fさんは濁り酒、Sさんは自家製の燻製のお肉などなど、美味やおつまみを持ち寄って、この一年のあれこれをおしゃべりしました。
 
 橋口さんは先ごろ、「1項目版共同体感覚尺度の作成」という論文が日本応用心理学会で採択されました。なんとたった1項目、1問で共同体感覚を測ってしまおうという驚くべき尺度です。統計学的には問題はないようです。面白いですね。是非、使ってみましょう。
 
 その流れで、私自身の今年を簡単に振り返ります。
 
 まずアドラー心理学関連から。
 
 2017年の初めは、フジテレビのドラマ「嫌われる勇気」への日本アドラー心理学会の訳のわからない抗議に対して、はっきりと疑問と批判を表明し、多くの人の「陰からの賛同」を得ました。そしたらマスコミやネットジャーナルに注目されるという、思わぬ展開がありました。
 次の記事にまとめています。ドラマ「嫌われる勇気」修了
 
 3月には、日本臨床・教育アドラー心理学研究会の大会で諸富祥彦先生をお呼びして成功し、初夏の7月には国際アドラー心理学会に初参加、二年連続でアメリカ、ミネソタを訪れました。世界のアドレリアンの動向を知ることができました。いつか発表できるようになりたいと心に誓いましたね。
 来年もアメリカの学会に行こうかな。観光メインだけど。
 
 夏には『臨床アドラー心理学のすすめ』(遠見書房)を鈴木先生、八巻先生と刊行。遠見書房は心理系の学会に影響力のある出版社であり、心理臨床界に本格的にアドラー心理学がデビューする嚆矢となったと思います。けっこう評判いいようですよ。
 
 
 秋には、日本のアドラー心理学の未来を占うシンポジウム「アドラー心理学の過去・現在・未来」に参加しました。私は「アドラーリーグ」というアイデアを提唱しました。
 
 そして11月末に、『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)を編著者として出しました。先の『すすめ』が理論編としたら、本書は実践編という感じです。訪ねてきてくれた橋口さんにも分担執筆していただきました。
 
 
 さて武術の方はどうかというと、本部道場に行ける時間が若干増えて、特に太極拳の剣と八卦掌の稽古を中心にしました。太極剣の動画  八卦掌の動画
 
 その結果クンフー(武術の実力)はどの程度高まったかはわかりませんが、心身は健康を維持することができました。
 
 さらにマインドフルネス瞑想を始め、以前からやっていた我が流派伝統の気功法を継続し、そしてここでは全く表明していませんでしたがある種の瞑想法に最近取り組み始めたら、心身がすっきりして、丹田の感覚が強化され、それにつれてより脱力が進んだ体感が増しました。すると技が利きやすくなりました。
 この年になっても上達できるのは、武術ならではと思います。
 
 来年になってもこの調子だと思いますが、さらに進化していきたいと思います。
 
 果たしてどのくらいいらっしゃるのかわかりませんが、わざわざこんなブログに訪ねてきてくださった方々には、本当にありがとうございました。
 
 来年もよろしくお願いいたします。
 
 

| | TrackBack (0)

December 04, 2017

さて、次の企画は

『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(アルテ)の出足は良いようです。ベストセラーになることはないでしょうけど、必要としている人に届いてくれるといいと思います。
 
 内田樹先生だったか、「自分が読んでみたい本を書く」といった文を見た記憶があります。「こんな本があったらいいな」と思えるものを創るのです。あまりに売らんかなと、向こう受けするようなものを求めるではなく、自分のニーズに応えることを優先するといい本ができるというのです。もちろん、独りよがりになってはいけませんが。
 
 カウンセラー、臨床家として私が長年待ち望んでいたのは、アドラー心理学の臨床本、カウンセリング本でした。海外にはけっこうあるのに、日本にはありませんでした。精神分析、ユング勢に比べると、圧倒的に後れを取っていました。
 
 しかもなおこの30年、岩井先生の入門書や少数の翻訳書を除いて、全くそのような本が姿を現すことはありませんでした。
 
 ほんとだったら、私が出した本程度のものは、とっくに出ていなければならなかったと思います。 どうしたことなのか。
 
 待てど暮らせど出ないと思っていたら、なんと自分が4冊も出すことになってしまった。
 もっと優秀は人は明らかにいるのにね。何やってたんだといいたい。
 
 まあ、はっきりいうとこれまでは、アドラー心理「学」ではなく、アドラー心理「運動」だったからでしょう。
 
 月日が巡ってなぜか私がその役回りになり、せっかくだから、このいただいた流れを活かしていきたいと思います。
 
 次は何をテーマにしましょうか。
 
 アドラー心理学と
 
 
・不登校・ひきこもり
・発達障害
・トラウマ
・嗜癖・依存症
・高齢者支援
・産業臨床、職場のメンタルヘルス
・武道
・スピリチュアリティ
 
 などが浮かびます。
 
 または海外文献の翻訳もいいですね。
 
 何かいい企画があったら教えてください。
 
 一緒に書きたい人がいたらお申し出ください。
 すべてにお応えできるかはわかりませんが。
 
 この分野でやたら私が目立っている気もしますが、もちろん私がすべてをやる必要はないし、その気もありません。
 これからは、有為の人材にお任せしたいです。
 
 出版社さんからのご提案も、お待ちしていますよ。
 
 

| | TrackBack (0)

November 21, 2017

心理臨床学会に参加、講習会は不参加

 先週末18、19、20日とパシフィコ横浜に行き、日本心理臨床学会第36回大会に参加してました。
 
2017_3
 
 公認心理師に揺れる(?)学会、臨床心理士界隈の動向を感じるため、というか、まあちょっとした秋休みです。昨年は自主シンポジウムに出たけど、今年は何もなかったので、気楽なものです。
 
 18日は自主シンポジウムの日、私は「心理臨床と仏教」と「心理職はネット依存問題にどう関わるか」というのに入りました。
 
 前者はマインドフルネス瞑想で有名な井上ウィマラ先生(高野山大学)が出ていて、なかなかの人物でしたね。山梨のご出身と聞いています。
 実は井上先生がマインドフルネス界でメジャーになる前、タイだったかビルマだったか、修行から帰ってきた後に山梨の増穂という町で、瞑想会をやったことがあって、好奇心旺盛だった私は参加したことがありました。もう25年ほど前です。ずいぶんおとなしい静かな青年というイメージだったけど、ずっと貫禄が出て、何よりよくおしゃべりするようになった感じです。
 あの時私が参加したのは一回きりだったけど、こんなに有名になるなら瞑想の弟子になって仲良くなっておけばよかったかな。
 
 このシンポジウムを企画したのは黒木賢一先生(大阪経済大学)、トランスパーソナル心理学や「気の心理臨床」を研究している方で、2010年の学会で「武術と心理臨床シンポジウム」を企画され、私を呼んでくださった方です。7年ぶりの再会で、先生も私を覚えてくれていて、握手を交わしました。懐かしかったです。
 シンポジウムでは天台宗の僧侶で臨床心理士の人も出ていて、改めて仏教の勉強になりました。
 
 翌日は公認心理師のシンポジウムに出て、これまでの経過や現状、試験について情報の確認ができました。自分が受けられるルートも明確になりました。
 
 と思って学会から帰ってきたら、心理研修センターから現任者講習会のお返事が届いていました。開けると、なんと私が出した最後の候補の日程で参加可能ですって!
 第1希望以下、全部だめだったことになります。
 
 しかもこれ、他にないから無理無理に出した候補で、申請書提出後にやはり重要な仕事が入ってしまったので、受けられないことになりました。なんてこった。
 
 仕方ないので、これから厚労省に認可される他団体の講習会があればそれに参加するか、第1回はあきらめて、再来年の第2回の受験になりそうです。
 とにかく現任者講習会の発表が急すぎて、とても日程を合わせられず困っている人がたくさん出ていることでしょう。心理研修センターや関連機関は是非、受講機会を増やしてくれることを希望します。
 
 私の周囲の先生も、慌てず今回は見合わせる人も多いので、まあ、それもいいかという心境でいます。
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧