October 29, 2018

『ウクレレきよしの歌謡医学エッセイ』

 昭和歌謡をヒントに人間心理、面接の極意を語る、とても面白い本です。

 長田清『ウクレレきよしの歌謡医学エッセイ 歌は世につれ予は歌につれ』(幻冬舎)

 著者は沖縄出身、沖縄で活動している精神科医。ブリーフセラピー関係の会報誌にとても面白いエッセイを書いていたので、何となく存じ上げてはいました。それが歌謡曲、ポップスにこんなに造詣の深い人だとは知りませんでした。「

 懐かしのメロディーにはよりよく生きるヒントが隠れている。

 昭和歌謡にまつわる自身のエピソードを織り交ぜ、精神科医のストレングス(強み)で歌詞から人間心理を読み解く。  

 中条きよしの『うそ』に直観力を感じ、SMAPの『世界に一つだけの花』に解決志向アプローチ、『 Let It Go~ありのままで~』にマインドフルネスの概念をみる。

 沖縄在住・精神科医の捧腹絶倒エッセイ    (帯より)

 今年の日本ブリーフセラピー学会の懇親会で、この長田先生が舞台でウクレレを抱えて気持ちよさそうに歌っていたのを見て、翌日出店していた書店で早速買い求めて、サインをいただきました。本の通りに気さくで、腰が軽くて、面白い先生でした。

 面接や仕事で疲れた合間にどうぞ。

 

| | TrackBack (0)

October 12, 2018

脳のモジュール構造と自閉症

 前記事の小林朋道著『進化教育学入門』(春秋社)から。

 人の知能はいろいろな知能の種類からできているという「多重知能論」というのが今の心理学の定説となっていますが、それを進化心理学がさらに進めて、「進化的適応」という観点から、人は生きる環境に適応でき、繁殖できるためにさまざまな「課題専用モジュール」を脳に作り上げたと考えたようです。

 いわばパソコンの各種ソフトのように、ある課題に向けて動き出すソフトウェアがあらかじめ脳にビルトインされているのです。

 その方が汎用性のあるソフトを作るより、より早く適切に反応できたりして、生存に有利だったためです。

 例えば「同種専用モジュール」は、集団内の他人といかにうまくやり取りするかという課題のために、相手の感情を読み取って判断するソフト。

「物理専用モジュール」は狩猟採集の道具や住居をうまくつくるために、物理的な対象の把握や操作のためのソフト。

「生物専用モジュール」は食物になる動植物や有害な動物にいかに適切に対応するか、生物の特性の把握や操作のためのソフト。

 同種専用モジュールの下位には、「言語専用モジュール」があると想定されています。これは言葉を習得して生み出すソフトで、言語学者のチョムスキーのいう普遍文法に相当すると考えられます。

 本書では、自閉症についても言及しています。

 自閉症と判断された人の中には、物理専用モジュールがとくに発達しており、計算や図形の認知・記憶等に驚くような能力を示す人もいます。また、同種(ヒト)以外の動物について、顕著な理解・記憶能力を示す人もいます。

 突出するモジュールにはさまざまなケースが見られますが、自閉症は、「同種専用モジュールの不調」を根本に据えることによってよりよく理解できる、という点では多くの研究者が同意していると言えるでしょう。 p126

 我々が知っていることを進化心理学的に言い換えているわけで、確かにそうだろうなと思います。

| | TrackBack (0)

October 09, 2018

『進化教育学入門』

 実は私、けっこう動物好きで、小さい頃から動物園や動物番組が大好きでした。ペットも犬、猫、カブトムシやクワガタはもちろん、ウサギ、ニワトリ、蟻、鈴虫、コウロギ、金魚などいろいろ飼いました。

 動物番組といっても人と動物の交流を面白くしたバラエティではなく、アフリカや海などを長時間本格的にロケしたドキュメンタリーです。ここはNHK嫌いの私も、同局のスペシャル番組を大きく評価するところです。

 だから昔から動物行動学も好きで、最近は、進化心理学というのに注目しています。。

 動物としての人は、学習をするにも恋をするにも、どんな行動にも動物で働いている原理が当然働いているはずで、そこを外してはいけないと思うわけです。

 前記事の七沢研究所のスタッフと心の進化についての勉強中に勧められたのが、

 小林朋道著『進化教育学入門 動物行動学から見た学習』(春秋社)

 動物行動の原理から考えられる効率的な学習法が説かれているのですが、単なる勉強法というより、なぜ科学的知識を身につけるのが難しいのか、動物としての人の思考の在り方との齟齬を指摘しているところが面白かったです。

「動物行動学で学習の理論を統一する」のが本書の目論見です。

 著者は高校の先生から大学の先生になった人のようで、理科で工夫を凝らした授業をした様子が描かれていて、こんな先生だったら生物学が好きになっただろうな、と思いました。

 すごく説得力があり、勉強になりました。

 次回以降少しメモします(時間があれば)。

| | TrackBack (0)

September 21, 2018

『催眠トランス空間論と心理療法』

 9月は割と研修講師が多くて、13日(金)は山梨県南アルプス市にあるケアプランいなみで、ケアマネジャーなど約15人にメンタルヘルスの話をしました。

 さて、最近読了した本です。催眠に関心のある方は必読です。

 松木繁『催眠トランス空間論と心理療法 セラピストの職人技を学ぶ』(遠見書房)

 といっても臨床心理士やカウンセラーにどれくらい催眠に興味を持つ人がいるかわかりませんし、そう軽々と学び、身につけられるものではありませんが、実力をつけるには、催眠をやるやらないは別として、知っておくべきだと私は思っています。

 年末には公認心理師が世に大量に生まれます。心理の基礎資格として、多くの人が持つことになります。これからは心理職サバイバルの時代になると思います。そうなれば、逆に専門性が問われ、どれだけの付加価値をその人が持っているかが問われるようになるかもしれません。

 その時、変にスピリチュアルではない「正当な催眠がわかる、できる」というのは、いいかもしれませんよ。

「催眠は心理療法の打ち出の小槌」と言われています。いろいろな心理療法との組み合わせも可能です。催眠精神分析、催眠認知行動療法というのも既にあるらしいです。

 そこで本書ですが、日本で催眠療法の第一人者である著者が、催眠の本質を独自の「トランス空間論」として説明しています。では、それは何かというと、難解というわけではないのですが、ここでの要約が大変なので本書を見てください。

 実は「催眠とは何か?」というのはいまだに解けない難問で、「状態論」とか「非状態論」とか、世界中で議論が戦わされてきました。著者はそこに一定の視点を与えようと挑んでいると思います。

 本書でさらに面白いのは、後半にやはり一流の催眠療法家や心理療法家が次々と出てきて、自らの方法論と「松木理論」との対話を寄稿しているところです。私も存じ上げている先生が何人もいます。

 その中に、アドラー仲間で共に活動している八巻秀先生(やまき心理臨床オフィス、駒澤大学教授)もいます。だからアドラーも出てきますよ。

 なんか名人たちの面接室の楽屋裏(?)を覗いているみたいで、そこも大変面白かったです。

 玄人向けですが、是非どうぞ。

 

 

| | TrackBack (0)

September 17, 2018

『J‐マインドフルネス入門』

 マインドフルネスブームの中に一石を投じながらも、臨床的にも面白い本です。

 山田秀世著『J‐マインドフルネス入門』(星和書店)

 マインドフルネスといっても本書は、仏教瞑想をベースにしたマインドフルネス瞑想ではなく、そのエッセンスは既に森田療法にあったことを主張しています。

 既にマインドフルネス瞑想と森田療法の共通性は専門家の間で認識されていて、何年か前に関係団体間でシンポジウムなどは開かれたこともありました。

 著者の山田先生は、

 でも、その本質的な側面(マインドフルネスのこと=ブログ主注)、つまり「今ここの体験を重視して、それを評価することなく、そのあるがままに受容していく」という方法や態度は、実は日本固有の治療法である森田療法の核心をなす部分にほかなりません。

 森田療法は、不安や症状と闘ったり排除しようとする姿勢をよしとせずに、それらを“あるがまま”にうっちゃっておくことを特徴としています。 p1

 と説明しています。

 マインドフルネスは本質的にはある心的態度であり、瞑想はそのための一つの手段に過ぎないわけですから、確かに十分に考えられることです。

 本書は森田療法のエッセンスと、ストレスマネジメントに役立つ簡単なテクニックの解説が、森田療法の達人で、日本笑い学会員でもある山田先生ならではの軽妙な筆致で説かれています。臨床家にも、一般の方にも役立つと思います。

 私は先月参加した日本ブリーフサイコセラピー学会京都大会の書籍コーナーで本書を見つけて早速購入し、参加していた山田先生にお会いしてサインをいただきました。

 しかも前々記事で書いたように、私はヒューマン・ギルドで山田先生の森田療法のワークショップに出たことがあったので、先日受けた公認心理試験になんと森田療法が出題されたのを見て、(そこだけは)「やった!」と思いましたね。 国試受験

 けっこう恩を受けています。

 そうそう、森田正馬とアルフレッド・アドラーはほとんど同時代人です。山田先生もこの二人の思想に出会って精神科医を志したと、紹介欄に書いています。マインドフルネスだけでなく、森田療法とアドラー心理学も共通性の高さが認められます。

 この二つはこれからも要注目ですよ。

 

| | TrackBack (0)

September 12, 2018

『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ』

 ブリーフセラピーやエリクソン催眠の視点からトラウマを扱うときの格好の参考書です。

 ビル・オハンロン著、前田泰宏監訳・内田由香里訳『可能性のある未来につなげるトラウマ解消のクイック・ステップ 新しい4つのアプローチ』(金剛出版)

 私はオハンロンさんが好きで、ワークショップにも出たことがありますし、これまで何冊もここで紹介をしてきました。本書はトラウマ治療に焦点を当てていて、いつものやさしいオハンロン調を感じられて、とても気持ちよく読めました。

 トラウマを解消するためには、そのトラウマになった過去と向き合い、何度も追体験することが必要だとされてきた。その追体験の過酷さから、トラウマを克服するのは困難だとされてきたのだ。

 本書は、オハンロンが「解決志向」「未来志向」「可能性療法」「インクルーシブ」「スピリチュアリティ―」「エリクソニアン催眠」「ストレングス」「ポジティブ・サイコロジー」といった枠組みや概念を通じて提示してきた臨床に関する豊かなアイデアや手法をトラウマ解消のために生かした、臨床家向けの実践書である。(表紙裏解説より)

 特に未来志向のところは、アドラー心理学のセラピストも十分に活用できると思います。オハンロンさんはフランクル(この人もアドラーの弟子だった)のエピソードを引いた後、いいます。

 セラピーでは大抵(時間と因果関係に関するほとんどの西洋の概念では)、私たちは過去が現在を作っているという考えを持っています。私は、未来(あるいは少なくとも、私たちの想像上の未来)は、現在に対してかなり大きな影響を及ぼしていると提言します。 p60

 アドラー心理学の目的論と重なるのは明らかです。トラウマ治療をする前に、本書をちょっと開いて目に入ったとこを読むだけで、セラピストは勇気づけられると思いますよ。

| | TrackBack (0)

August 05, 2018

『催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと』

 東京のヒューマン・ギルドでは、毎年恒例のジョゼフ・ペルグリーノ博士のWSが連日行われて、大入りのようですね。

 今年は物理的理由で参加をあきらめましたが、アドラー心理学を学んでいる人たちが本物のアドレリアンに触れてくれたのはうれしいです。来年は博士にお会いしたいです。

 私は3日(金)に山梨県中央児童相談所で、「養育里親更新研修」の講師をしました。里親さんたち10人に3時間半、発達心理学の基礎と勇気づけをお伝えしました。

 さて、この夏に読んだ本を随時紹介していきます。

 ダブニー・ユーウィン著『催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと』(福井義一訳、金剛出版)は、催眠を実際に臨床に使うときのちょっとした言葉の配慮や使用上のコツを、キーワードとアフォリズム的な文章で簡潔に説明してくれています。

 文字数が少ないので、すぐに読み終えるでしょう。

 普通のコミュニケーションでもそうですが、催眠をかけるときはとりわけ言葉の選び方に慎重でなければなりません。思わぬマイナスの暗示をかけてしまうかもしれないからです。本書では、手術中に麻酔を受けている患者のそばで医師が不用意なことを言ってしまって、それが悪い暗示になってしまった例を出しています。

 私は本書で、楽しく、大事なことを教わった感じです。

 著者はアメリカの外科医で、火傷の治療や、なんと手術で催眠を使うこともあるそうです。アメリカではミルトン・エリクソンに並ぶ高名な人らしいです。

 手術で麻酔の代わりに催眠なんて、私にはこわくてとてもできない。

 本書の中でフロイトのことにも触れていて興味深いので、メモしましょう。

「夢は無意識に至る王道です」(Freud, 1990)

 私は想像力(白昼夢)が催眠への鍵だと思っているので、「催眠は無意識への王道です」と書き換えましょう。フロイトは催眠からキャリアを始めましたが、キャリアの早期に諦めました。彼は誘導がとても苦手で、直接暗示だけしか使わないときの成功率に満足できなかったのです(kline, 1958)     p66

 古典的な催眠の時代だったせいもあるかもしれませんが、フロイトはとても権威的な催眠のかけ方で下手だった(「眠れ!」みたいな)と私も聞いたことがあります。

 催眠への劣等感の補償として、精神分析学ができたのかもしれませんね。

| | TrackBack (0)

July 13, 2018

『やさしい思春期臨床』

 先日、今企画中の不登校・ひきこもり支援本の共同執筆者の先生と飲む機会があって、「不登校の本はなかなか難しいよね」ということで共感し合いました。

 不登校は一つの病名ではなく、「学校に行かない」という以外は、その様子は千差万別であり、その子供だけでなく親や教師や友人など関係者が多いことが普通で、心理臨床だけの問題ではないこともあり(貧困や虐待、精神病など)、不登校になり始めと長期化したケースでは、考えるべきポイントは違ってきたりといろいろあります。

 しかも「何を持って解決とするか」という点で、カウンセラーを含めて関係する人たちの「教育哲学」が強く影響してきます。学校に行くべきか行くべきではないか、教育とはどうあるべきか、などが絡んで思想闘争のような事態にもなりえます。

 我々はみんな何らかの教育を過去に受けており、自分の子どもへの教育にはひとかたならぬ関心を持っているので、我が身と我が子のせいぜい一事例か数事例しか体験していないはずなのに、「教育はこうあるべきだ」とめちゃくちゃ一般化しているものです。

 ということで、なんか書きにくさを感じているところです。

 そんな中、思春期臨床の立場(主にスクールカウンセラー)から、子どもと家族にどのような姿勢と理論と技法で向かっていけばいいのかを教えてくれているのが、

 黒澤幸子著『やさしい思春期臨床 子と親を生かすレッスン』(金剛出版)です。

 読んで「さすが」としか言えませんでした。

 問題を巡って家庭内で起きている悪循環をどうやって良循環に変えていくか、その様子がとてもリアルにわかりやすく書かれています。

 解決志向ブリーフセラピーの極意が詰まっています。

 子どもに接するカウンセラーには、強くお勧めします。

 ここでもメモしていこうと思います。

 今企画中の本はアドラー心理学以外には、田嶌誠一先生の不登校本と並んで、本書を足掛かりの一つにして書いていこうと思いました。

| | TrackBack (0)

June 06, 2018

『不登校の児童・思春期精神医学』

 先週5月31日(木)は富士吉田市に行き、富士吉田市教育研修所主催の「特別支援教育研修会」で講師をしてきました。小中学校の特別支援教育や気になる子への支援の先生方が参加者でした。

 臨床心理学における子どもの行動のアセスメントに関するさまざまな視点を整理して、アドラー心理学に基づく目的論的アセスメントについて説明させていただきました。

 さて、最近不登校関連の本を書き進めるにあたって、いろいろな本をあたっています。
 精神医学からみた不登校について、おそらく最も充実しているのが、

 齊藤万比古著『増補 不登校の児童・思春期精神医学』(金剛出版)

 不登校自体は精神病の疾患単位ではないものの、その背景にはさまざまなものがあり、精神医学的理解は必須です。本書は日本を代表する児童思春期精神医学者であり、増補とあるように10年ほど前に出たものが元になっています。評価が高いから、増補版になったのでしょう。

 内容は、不登校に見る攻撃性と脆弱性、心の発達、心身相関、入院治療、家庭内暴力、自殺行動など多岐にわたっています。

 私も改めて勉強になりました。

 臨床家、カウンセラーは是非参考にしてください。

| | TrackBack (0)

May 22, 2018

『生き心地の良い町』

 ここのところ、アドレリアンはうつになるかならないかみたいな関係者以外はどうでもいい話をしましたが、うつに深い関連のある自殺について、自殺率が明らかに低い地域があるのを知っていますか。
 
 自殺予防研究、コミュニティ心理学の世界では知られた話で、その報告をした本です。
 
 
 四国・徳島の海辺の小さな町が、全国的にも、近隣の市町村に比べても格段に自殺率が低いことに関心を持った研究者が、その街に乗り込んで、調査をしたルポです。著者はこの研究を博士論文にして、学会の賞を受賞したり、その分野で一躍有名になりました。
 
 ただ、本書は全然固くないです。
 
 その町に乗り込んだ著者から見た町の風景、投げかける質問に対する町民たちの意外な反応に対する戸惑い、彼らとのやり取りが丁寧に描かれています。
 結果、著者がその町を好きになるプロセスを私たちは共有できて、「きっといい感じの町なんだな」と思えてきます。
 
 著者の苦労話から、こういう分野の研究の進め方がわかるのも面白いです。
 
 コミュニティにおいて自殺を予防する因子は何か、本書には研究結果として、5つが抽出されていますので、是非本書をあたっていただきたいのですが、それは一見当たり前のようでいて、とてもユニークです。
 
 よくメンタルヘルスや教育分野で使われる言葉に「絆」があります。皆さん、ご承知の通り、震災以降の現在、あっちこっちで「絆」が「横行」しています。でも、本書で私は、絆はけしてその字義通り、ただ単に人と人がつながればよいのでないということに気づかされました。
 
 例えば、その町では赤い羽根募金がなかなか集まらなくて、町の担当者は苦労するそうです。
「だいたいが赤い羽根て、どこへ行って何に使われとんじぇ」と問い詰められて、担当者はたじたじとするそうです。
 普通の農漁村と違って、老人クラブの加入も拒む人もいて、「他人と足並みをそろえることにまったく重きを置いていない」人たちだといいます。
 
 では都会のような人々との接触が希薄で冷たい人たちかというと、そうではなく、よそ者にも多大な関心を寄せてきます。基本、穏やかで優しい人たちで、困ったことがあればすぐに専門家に相談し、行政にもどんどん要求します。精神科の受診率は実は高いそうです。これは早めに受診する傾向があるかららしいです。普通、田舎も都会も、精神科は二の足を踏む人が多いはずですが、ここはなぜか違うらしい。
 
 その町には「病は市に出せ」という言葉が古くから伝えられているそうです。病、病気やつらさや苦しみは、どんどん人々に明かしてしまえ、というようなことです。とてもいい言葉ですね。人々や共同体を信じていなければ、できないことでしょう。
 
 どうしてそんな町ができたのかは、本書を読めばわかります。なんと、戦国末期にさかのぼるそうですよ。
 
 本書のプロセスも結論もすべて省いて、著者が主張していることをアドラー心理学に引きつけていえば、その町の人々は、共同体感覚を持ちながらも、課題の分離(そして協力)が徹底的に実践されて、両者がうまい具合のバランスになっているといえそうだと思いました。
 アドラー心理学も勉強してないのにねえ。
 
 私も自分の地域で自殺予防の研修会を依頼されることがあるので、大いに参考にさせていただこうと思いました。
 
 

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧